CPU に関する記事 CPU に関する質問

「CPU」最新記事一覧

Central Processing Unit:中央処理装置

質問!CPU・メモリ・マザーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCPU・メモリ・マザーボード関連の質問をチェック

アスク、ThermaltakeのCPUクーラー「MeOrb2」の取り扱い開始
日本向けモデル限定でAMD AM1対応リンテンションキットが付属する。(2014/7/25)

TECHNO-FRONTIER 2014:
「Zynq」などのFPGAに最適なプログラマブル電源IC
スパンションは2014年7月23日、FPGAをはじめCPU、ASICなどのデバイスへの電源供給に適したI2Cインタフェース搭載プログラマブル電源IC「S6AP412A」「S6AP413A」を発表し、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で公開した。(2014/7/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月30日〜7月6日):
20周年記念CPU「Pentium G3258」(3.2GHz)が圏内に急上昇(2014年7月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/23)

モバイル向けでも最大4GHz:
Intel、「Core i7-4980HQ」などCPU新モデルを価格表に追加
7月20日公開の価格表にCPU新モデルを追加。モバイル向けのCore i7-4980HQの動作クロックは最大で4GHzに達する。(2014/7/22)

Cooler Master、メンテフリー仕様の水冷CPUクーラー「Nepton」
Cooler Master Technologyは、一体型水冷CPUクーラー「Nepton」シリーズ2製品を発表した。(2014/7/22)

週末アキバ特価リポート:
3TバイトHDDが7990円!? 週末特価で最安値を更新
BUY MORE秋葉原本店が複数ジャンルにわたって超ド級の目玉商品を投入している。HDDとSSD、グラフィックスカードとCPUを2ページぶち抜きで見ていこう。(2014/7/19)

メモリ4Gバイトは非常にうれしい:
ThinkPad 8、CPUとメモリを強化した構成を追加
Atomは従来モデルから動作クロックを上げ、システムメモリは4Gバイトになり、OSでは、64ビット版と“with Bing”を追加した(2014/7/18)

巨大PCケースの時代が再来するのか?:
大解説! 次期CPUに対応する新世代“冷却”事情
“Devil's Canyon”“Broadwell”では、従来の冷却機構が対応できないという。次期CPUに向けたクーラーユニット、PCケース、電源ユニットの動きを解説する。(2014/7/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月23日〜6月29日):
“Devil's Canyon”世代のインテルCPU「Core i7-4790K」(4.0GHz)がトップ(2014年6月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/15)

サイコム、デュアル水冷仕様の新生FF14推奨モデル「G-Master Hydro-GK3-FFXIV」
サイコムはCPUとGPUに水冷システムを採用した「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」推奨モデルを発売した。(2014/7/11)

アーク、キューブ型ゲーミングPC「GOUGER PRODIGY-M/PHENOM-M」をリニューアル――“Devil's Canyon”標準搭載
パソコンショップアークは、同社製キューブ型ゲーミングPC「GOUGER PRODIGY-M」「同 PHENOM-M」のリニューアルを発表。ともにCPUをCore i7-4790Kに改定している。(2014/7/9)

100台限定:
5万円台のオーバークロックモデル「Radiant E3258AE」がお手軽すぎる
サイコムの「Radiant E3258AE」は、Pentium 20周年記念CPU「Pentium G3258」と、これに最適化されたASRockのZ97マザーを組み合わせた特別限定モデルだ。手ごろな価格でOCを楽しめる!!(2014/7/8)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月16日〜6月22日):
“Haswell Refresh”世代のインテルCPU「Core-i7-4790」(3.6GHz)が5週連続トップ(2014年6月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/8)

デル、「3D描画にも対応する」液晶一体型シンクライアント デュアルコアCPU・独自OS搭載
デルが独自OSを搭載する液晶一体型シンクライアント「Dell Wyse AIO 5212」を発売。デュアルコアCPUを備え、3D描画のようなハイパフォーマンスな処理にも対応するという。(2014/7/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
Pentium 20周年記念CPUが「気軽に捨て身になれる」と好評
Core i7-4790Kに続いて、7月頭に話題をさらったのは、Pentium 20周年記念モデル「Pentium G3258」だ。8000円前後で買えるアンロックモデルということで、好調に売れている。(2014/7/7)

安全システム:
ZMPが「Core i7」搭載の自動運転用コントローラを開発、2015年7月に発売
ベンチャー企業のZMPはインテルの高性能CPU「Core i7」を搭載した自動運転技術開発用のコントローラボックス「IZAC」を開発する。今後、設計試作とテストマーケティングを行い、2015年7月に発売する予定である。(2014/7/3)

真打ちNAS、連載開始!:
NASを使ってみたい? それなら「ASUSTOR」で1歩先を行くデジタルライフを始めよう
新興NASメーカー「ASUSTOR」は、エントリーモデルにもインテルCPUを採用し、同価格帯の製品では抜群のコスパを誇る。まさにこれからNASを導入したいと考えている人にうってつけなのだ。(2014/7/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月9日〜6月15日):
TOP10の半数が“Haswell Refresh”世代のインテルCPUに(2014年6月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
本命CPU「Core i7-4790K」登場、アキバでの評判は?
6月26日にインテルの新CPU「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」が発売された。当初の予定よりも多めに入荷できたという話を複数のショップで聞くが、さて、その評価はいかに。(2014/6/30)

FAニュース:
横河電機、組み込みコントローラ用「CANインタフェースモジュール」を発売
CAN通信プロトコルに対応し、プロトコル変換器を介さずに、CANインタフェースを持つ機器とコントローラを直接接続できる。また、これを組み込みコントローラ「e-RT3」のCPUモジュールとPCIバスで接続し、データ転送速度を高めた。(2014/6/30)

サイコム、Pentium G3258搭載で5万円台のミニタワーPC「Radiant E3258AE」
サイコムは、CPUとしてPentium G3258を標準搭載したコストパフォーマンス重視のミニタワー型デスクトップPC「Radiant E3258AE」を発表した。(2014/6/27)

G-Tune、Core i7-4790K採用のミドルタワーゲーミングPC「NEXTGEAR i640」
マウスコンピューターは、G-Tune製ゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズの新モデル「NEXTGEAR i640」を発表。最新上位CPUのCore i7-4790Kを採用したモデルだ。(2014/6/26)

マウスコンピューター、BTOデスクトップ「LUV MACHINES」など3モデルにCore i7-4790K搭載モデルを追加
マウスコンピューターは、最新上位CPUとなるCore i7-4790Kを標準搭載したミニタワー/ミドルタワーPCの販売を開始する。(2014/6/26)

3画面出力も可能:
すごく小さい“お仕事マシン”――「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」
日本HPの「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」は、容積わずか1.05リットルのコンパクトボディにハイパフォーマンスなCPUを搭載できるのが魅力。映像出力を3系統備え、ビジネスマシンにぴったり!!(2014/6/24)

Thermaltake、3連ファンの大型ラジエータを備えた水冷CPUクーラー「Water 3.0 Ultimate」
アスクは、Thermaltake製となるCPU用の一体型水冷キット「Water 3.0 Ultimate」の取り扱いを開始する。(2014/6/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月2日〜6月8日):
マザーボードの売れ筋はASUS “9シリーズ”が好調(2014年6月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/24)

私の価格は65万円です:
まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――「NEXTGEAR-NOTE i1110PA1-SP3」がすごすぎる
最高のCPUを搭載し、最高のGPUを2基内蔵。そして1TバイトSSDを4発積んで超高速なRAID 0システムを構築――そしてお値段65万円。マウスコンピューターさん何考えてるの……。(2014/6/21)

アーク、CPUとASUS製マザーの同時購入で最大1500円値引きするキャンペーン――6月30日まで
タワーヒルは、CPUとASUS製マザーボードの同時購入者を対象とした値引きキャンペーンを開始した。(2014/6/20)

アーク、BTOゲーミングPC「CROYDON」「GOUGER」に“Devil's Canyon”搭載モデルを追加
タワーヒルは、最新CPUとなるCore i5-4690K/同 i7-4790K搭載のゲーミングPCを発表した。(2014/6/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年5月26日〜6月1日):
Intel H97搭載マザーボードが売れ筋 ASUSとGIGABYTEの4モデル(2014年5月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年5月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/17)

2014年PC/タブレット夏モデル:
東芝、Web直販モデルに7機種を追加――Core i7+SSDの高性能モバイル、2in1、タブレットなど
東芝ダイレクトのWebオリジナルモデルに7機種が追加された。Officeの有無が選べるほか、機種によっては店頭モデルより高速なCPUやSSDなどが搭載できる点に注目だ。(2014/6/16)

2014年PC夏モデル:
2560×1440ピクセル対応の13.3型プレミアムノートがCPUを強化――「dynabook KIRA V83/V63」
超高解像度パネルを採用する東芝の13.3型プレミアムノートPC「dynabook KIRA」はCPU性能を強化した。(2014/6/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Core i7-4790K」に80PLUS TITANIUM電源――夢の広がる販売予約が目白押し!!
CPUや電源ユニット、液晶ディスプレイなど、様々なジャンルで大物の販売予約が見られるようになった。初回入荷が少数と予想されるものも多いので、狙いを定めたらなるはやで動きたい。(2014/6/16)

2014年PC夏モデル:
薄くて頑丈ボディがそのままでCPUと解像度を強化──「dynabook R73/N51」
スリムコンパクトとネットノートの最新モデルは、従来モデルの仕様を継承しつつ、CPUなどの基本性能を強化した。(2014/6/16)

PC USER 週間ベスト10:
アップル新店舗とレトロPC即売会が人気を二分(2014年6月9日〜6月15日)
今回のアクセスランキングは、アップル新店舗のオープン、レトロPCの展示即売会、高コスパのSSD新モデル、EIZOの新ディスプレイ、インテルの新CPUなどがトップ10入り。(2014/6/16)

MSI、Intel 8シリーズマザーの“Haswell Refresh/-K”対応状況を掲載
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製のIntel 8シリーズチップセット搭載マザーボードの最新CPUへの対応状況を発表した。(2014/6/13)

プロセッサ/マイコン:
「世界最速」のCPU間通信向け56Gビット/秒受信回路――富士通研
富士通研究所は2014年6月、CPUなどのチップ間で56Gビット/秒のデータ通信速度で受信できる回路を開発したと発表した。富士通研では「世界最高速のCPU間通信向け受信回路」としている。(2014/6/13)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
64ビット化を加速、クアルコムが「Snapdragon」の最新動向を発表
クアルコム(Qualcomm)は「COMPUTEX TAIPEI 2014」で、SoC「Snapdragon」シリーズなどの最新動向を説明した。同社の注力ポイントの1つが64ビット対応だ。Appleが64ビットCPUを搭載した「iPhone 5s」を発売して以来、64ビット化の流れが予想以上に加速しているからだという。(2014/6/11)

セイコーインスツル S-1910xシリーズ:
電圧監視の信頼性を向上、SENSE端子付きボルテージディテクタ
セイコーインスツル(SII)の「S-1910xシリーズ」は、SENSE端子付きボルテージディテクタである。自動車向けIC品質規格「AEC-Q100」に対応予定で、カーナビゲーションやカーオーディオなどに実装されたICに供給される電圧監視やCPUリセットなどの用途に向ける。(2014/6/10)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年5月19日〜5月25日):
世代交代の予感 ASUSの“9シリーズ”マザーボード2モデルが圏内に(2014年5月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年5月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/10)

AMD、5GHz駆動対応8コアCPU「FX-9590」のリテール販売を開始
日本AMDは、“Piledriver”世代の上位CPUとなる「AMD FX-9590」のリテール販売を開始した。(2014/6/6)

FAニュース:
アバールデータ、COM Express Type6対応でMini-ITX準拠の組み込み用製品を発売
Intel最新世代(Haswell)CPUモジュールを搭載。USB3.0やLANだけでなく、Camera Link、Opt-C:Link、GPIO、フォトアイソレーションDIOなど、多彩なI/Oもある。製品ラインアップは4種類で、参考価格は26万円(税別)から。(2014/6/6)

プロセッサ/マイコン:
従来製品に比べ性能を最大53%向上、AMDのx86コア搭載SoC/CPUファミリ
AMDは、組み込み機器向けにx86コア搭載のSoC/CPUファミリ「AMD Embedded Gシリーズ」を発表した。通信/ネットワークインフラ装置、産業用制御機器、シンクライアント、デジタルサイネージなどの用途に向ける。(2014/6/5)

サードウェーブデジノス、ゲーミングPC「GALLERIA」にCore i7-4790K搭載モデルを追加
サードウェーブデジノスは、最新上位CPUのCore i7-4790Kを採用したゲーミングデスクトップPC「GALLERIA ZG 780Ti」を発売する。(2014/6/4)

サードウェーブデジノス、Pentium G3258採用のエントリーデスクトップ
サードウェーブデジノスは、“Haswell Refresh”世代CPUとなるPentium G3258を採用したミニタワー/ミドルタワー型デスクトップPC計2製品を発表した。(2014/6/4)

FAニュース:
アルゴシステム、用途ごとに最適なシステムを構築可能な産業用機器群を発表
Intel Atom Bay Trailプロセッサ搭載で、Celeronプロセッサ搭載の従来製品よりCPUパフォーマンスは約2倍、グラフィック性能は約2.5倍に。一方、省エネ設計により消費電力は約半分となった。(2014/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
インテル、“Devil's Canyon”“Pentium Anniversary”を6月14日に出荷開始
オーバークロックでグリングリン遊べるCPUがやってくる。おなじみ“K SKU”に加えて、Pentiumの記念モデルも登場する。(2014/6/3)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年5月12日〜5月18日):
“Haswell Refresh”世代のインテルCPUがランクイン(2014年5月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年5月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/3)

「ノートPCの全てを置き換えられるタブレット」 「Surface Pro 3」、7月発売
Windowsタブレットの最新機種「Surface Pro 3」が7月に国内発売される。高性能CPUと12インチディスプレイを備え、ノートPCの代替となるデバイスとうたう。(2014/6/2)

PC USER 週間ベスト10:
オリンピックイヤーに潜む「Windows 2020年問題」とは?(2014年5月26日〜6月1日)
今回のアクセスランキングは、Windowsの2020年問題、ITマンガ連載、アキバのPCパーツ情報、4KノートPC、Intel最新CPU動向などが上位となりました。(2014/6/2)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。