「AMD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AMD」に関する情報が集まったページです。

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「AMDの組み込み」は今度こそ変わるか
組み込みシステムに古くから携わっていると、「AMDの組み込み」に微妙な感情を持ってしまう。しかし、今のAMDは組み込みに本気であるように見える。歴史を振り返りつつ、AMDの「本気度」を探ってみたい。(2018/6/12)

Computer Weekly日本語版
IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げる理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/6/10)

第2世代「Ryzen Threadripper」は最大32コア・64スレッド 2018年第3四半期に投入
AMDは最大32コア・64スレッドを実現した第2世代「Ryzen Threadripper」を2018年第3四半期(7月〜9月)に投入する。(2018/6/6)

AMD、最大32コアの第2世代Threadripper CPUを7〜9月にリリースへ
AMDが、第2世代のRyzen Threadripperを第3四半期にリリースすると発表した。12ナノプロセスで製造し、最大32コア/64スレッドになる。(2018/6/6)

Apple、MacとSafari、Windows向けiCloudのセキュリティアップデート公開
「macOS High Sierra 10.13.5」では、AMDやIntelグラフィックスドライバなどプロセッサ関連の脆弱性も修正された。(2018/6/4)

AMD、Vegaグラフィックス機能を内蔵したビジネスPC向けの新「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、ビジネス向けAPU「Ryzen PRO」新モデルの発表を行った。(2018/5/15)

レノボ、手のひら大のミニPC「ThinkCentre Tiny」にAPU搭載エントリーモデルを追加
レノボ・ジャパンは、小型デスクトップPC「ThinkCentre Tiny」シリーズにAMD製APU採用エントリーモデルを追加した。(2018/5/15)

ESEC2018&IoT/M2M展:
組み込み機器向け「Ryzen」の演算性能は最大3.6TFLOPS、AIも動かせる
日本AMDは、「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC2018)」において、組み込み機器向けのプロセッサ製品「AMD Ryzen Embedded V1000ファミリー」を展示した。(2018/5/11)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(外観編)
AMDの「Ryzen Mobile APU(CPU+GPU)」を搭載するノートPCが登場し始めた。今回は、その低消費電力性を生かしたレノボ・ジャパンのノートPC「ideapad 720S(AMDモデル)」の外観をレビューする。(2018/5/9)

NECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンの社長が交代 新社長は元AMDのデビット・ベネット氏
NECパーソナルコンピュータおよびレノボ・ジャパンが社長交代を発表、元AMDのデビット・ベネット氏が5月16日に就任する。(2018/5/7)

TeslaのAIチップ責任者で元AMDのジム・ケラー氏がIntel入り
AMD、Apple、AMDからTeslaに移り、自動運転車用AIプロセッサ開発に従事しているジム・ケラー氏が、今度はIntel入りし、SoCの設計・開発を担当する。(2018/4/27)

重要度が増した組み込み市場
IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げるのはなぜか
EPYCでサーバ市場にAMDが返り咲き、Intelとの競合が再び注目されるようになった。両社の戦いはデータセンター市場だけでなく、組み込み市場に拡大している。両社がこの市場を重視する理由とは?(2018/4/24)

AMD、最大15%の性能向上を実現したデスクトップ向け第2世代Ryzenプロセッサを発表
米AMDは、12nmプロセスを採用するデスクトップ向け第2世代Ryzenプロセッサの発表を行った。(2018/4/20)

サイコム、デスクトップPC計8シリーズのBTOオプションに第2世代Ryzenを追加
サイコムは、AMD製CPU対応デスクトップPC計8シリーズで第2世代Ryzenを選択可能とした。(2018/4/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzenが4月19日22時に販売スタート
AMDの新型Ryzenの発売が告知され、一部のショップは深夜販売イベントの実施予定も明らかにした。一方のIntelからは、新しい「Optane SSD 800P」が売り出されて話題になっている。(2018/4/16)

AMDが第2世代「Ryzen」発表 早速中身をチェックするぞ!
デスクトップ向けの第2世代Ryzen、「Ryzen 5/7 2000」シリーズ。(2018/4/14)

デル、Ryzen搭載のスタンダード15.6型ノート「New Inspiron 15 5000(AMD)」など2製品
デルは、プロセッサとしてRyzen Mobileを採用したスタンダード15.6型ノートPC「New Inspiron 15 5000(AMD)」など2製品を発表した。【画像差し替え】(2018/4/6)

ASUS、APU+Radeon搭載で税別約8万円の15.6型スタンダードノートPC
ASUS JAPANは、AMD製APUを標準装備した15.6型スタンダードノートPC「ASUS VivoBook 15 X542BP」を発売する。(2018/4/4)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(23):
AMDは2016、Intelは2014……。最新CPUチップの刻印が意味するもの
今回は、脆弱性問題で揺れるAMDやIntelの最新プロセッサのチップに刻まれた刻印を観察する。チップに刻まれた文字からも、両社の違いが透けて見えてくる。(2018/4/2)

AMD EPYC Ryzen:
AMD「EPYC」「Ryzen」に組み込み向け
AMDは、組み込み型プロセッサ「AMD EPYC Embedded 3000」「AMD Ryzen Embedded V1000」を発表した。前者はネットワーキングなどさまざまな市場で「Zen」の性能を提供。後者は医療画像、産業システム、デジタルゲーミングなど向けの製品だ。(2018/3/28)

デル、APU搭載エントリー15.6型ノート「New Inspiron 15 3000(AMD)」を税別1万9980円で販売
デルは、同社製エントリー15.6型ノートPC「New Inspiron 15 3000(AMD)」の台数限定セールを開催する。(2018/3/23)

AMD、プロセッサの脆弱性に関する検証結果を公表 修正パッチで対応へ
いずれの脆弱性も、悪用するためには攻撃者が管理者特権を獲得する必要がある。修正のためのファームウェアパッチは数週間以内にリリース予定。(2018/3/22)

株価操作が目的?:
AMDプロセッサの“重大な脆弱性”情報、業界から疑問の声
CTS-Labsが行った発表は、セキュリティ企業による誇大宣伝だったのではないかという声が相次いでいる。AMD株の取引にかかわる組織が価格操作を狙ったという説も浮上した。(2018/3/19)

組み込み開発ニュース:
AMDが「EPYC」と「Ryzen」の組み込みプロセッサを発表
AMDは、組み込み型プロセッサ「AMD EPYC Embedded 3000」「AMD Ryzen Embedded V1000」を発表した。前者はネットワーキングなどさまざまな市場で「Zen」の性能を提供。後者は医療画像、産業システム、デジタルゲーミングなど向けの製品だ。(2018/3/19)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:LinuxでもPowerShell
特集は、PowerShellがLinuxユーザーにとっても無視できない理由を解説。他にAMDのEPYCプロセッサを技術的に解説。また、サーバレスコンピューティングを使ってはいけないケースやクラウド市場のトレンド解説などをお届けする。(2018/3/16)

AMDのプロセッサ「Ryzen」と「EPYC」に重大な脆弱性、セキュリティ企業が公開
イスラエルのセキュリティ企業CTS-Labsによると、AMDのプロセッサ「Ryzen」と「EPYC」に13件の重大な脆弱性が存在する。ただし、脆弱性を突く攻撃には管理者権限が必要との見方が出ている。(3/14 12:00追記)(2018/3/14)

デル、3万円台から買えるAMD製APU搭載11.6型ノート「New Inspiron 11 3000」など3製品
デルは、AMD製APUを採用したエントリーノートPC「New Inspiron 11 3000」、2in1ノートPC「 New Inspiron 11 3000 シリーズ 2-in-1」など計3製品を発売した。(2018/3/9)

ASRock、AMD X399チップセット採用microATXマザー「X399M Taichi」
マスタードシードは、台湾ASRock製のAMD X399チップセット採用microATXマザーボード「X399M Taichi」の取り扱いを開始する。(2018/3/2)

画像・動画編集にも:
メーカー製ならではの丁寧な作り! レノボのゲーミングPC「Legion Y720 Tower」(Ryzen×RADEONモデル)を試す
レノボ・ジャパンの「Legion Y720 Tower」シリーズは、最新CPUと最新GPUを組み合わせたWeb直販限定のタワー型ゲーミングPCだ。この記事では、RyzenとRADEONを搭載する「AMDモデル」の最上位構成をレビューする。(2018/2/23)

「Raven Ridge」の実力は? Core i5と徹底比較
AMDのRyzenがデスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」は、Ryzenによって従来から大幅に引き上げられたCPU性能と、Radeon VEGA世代のGPU性能によって、IntelのメインストリームCPUに対抗していく製品だ。(2018/2/16)

アーク、ゲーミングPC「CROYDON」など2シリーズにRyzen 3 2200G搭載モデルを追加
タワーヒルは、AMD製最新APUのRyzen 3 2200Gを採用したデスクトップPC計2製品を発売した。(2018/2/16)

インバースネット、Raven Ridge搭載デスクトップPCの販売を開始
インバースネットは、AMD製最新APUを搭載したBTOデスクトップPCの販売を開始した。(2018/2/14)

サイコム、「Raven Ridge」採用のスタンダードデスクトップPC計2機種 
サイコムは、AMD製最新APUを搭載したスタンダードデスクトップPC計2製品の販売を開始する。(2018/2/13)

DesignCon 2018で専門家が議論:
微細化の減速、補うには新アーキテクチャに期待
「DesignCon 2018」で、IntelやArm、AMDの幹部らが、半導体プロセスの微細化などをテーマにパネルディスカッションを行った。微細化のスピードの減速を補うには、新しいコンピュータ/メモリアーキテクチャに期待したいと述べる。(2018/2/13)

ASUS、「Raven Ridge」APUに対応する新BIOSを公開
ASUS JAPANは、AMD製最新APU「Raven Ridge」に対応したBIOSの公開を行った。(2018/2/13)

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー
っていうか箱でけーよ!(2018/2/8)

特選ブックレットガイド:
組み込みプロセッサも内包する「Spectre」「Meltdown」の脆弱性、その正体と本質的な問題
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、Intel や AMD だけではなく、Arm 製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。(2018/2/6)

デル、スタンダード15型ノート「Inspiron 15」に4万円台のAPU搭載モデルを追加
デルは、AMD製APUを標準搭載したスタンダード15型ノートPC「New Inspiron 15 (AMD)」の販売を開始した。(2018/2/2)

現代的なCPUの脆弱性:
組み込みプロセッサにも影響大「Spectre」「Meltdown」の背景を探る
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、IntelやAMDだけではなく、Arm製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、A75は影響を受けるがA72は受けにくく、A73は影響しないなど、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。(2018/1/23)

Microsoft、AMDマシン向けの更新プログラム配信を再開
不具合が発覚して一時的に停止していた、一部AMDマシン向けのWindows更新プログラム配信を再開した。(2018/1/22)

12nm CPUや7nm GPU含め:
AMD、GPU/CPUの新ロードマップを発表
AMDは「CES 2018」のプレスカンファレンスにおいて、CPUとGPUのロードマップを発表。12nmプロセスCPUと7nmプロセスGPUの計画の詳細を明らかにした。(2018/1/12)

AMD、RyzenとEPYCのSpectre対策を今週中に提供へ GPUには影響なし
AMDがプロセッサ脆弱性「Spectre」の対策状況を説明した。「Ryzen」と「EPYC」は今週中に、古いプロセッサについては向う数週間中に更新を提供する計画。「Meltdown」の影響はないとしている。(2018/1/12)

更新プログラムの配信を一時停止:
Windowsパッチで一部AMDマシンに不具合、Microsoftが対応説明
AMDマシンで「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に対処するWindows向けのパッチをインストールしたところ、起動できなくなったという報告が相次ぎ、Microsoftがパッチの配信を停止した。(2018/1/10)

CES 2018:
AMDが第2世代Ryzenを4月に投入 長期ロードマップも公開
CES 2018にあわせてAMDが「AMD Tech Day」を開催。2018年第1四半期に投入する製品群の概要を公開した。(2018/1/8)

CES 2018:
Intel CPU×AMD GPU――Radeon内蔵Coreプロセッサ登場 新型「Intel NUC」も登場
呉越同舟――AMDのGPUを搭載したIntel製プロセッサがいよいよ登場する。同プロセッサを搭載する「Intel NUC」も合わせて投入する。【訂正】(2018/1/8)

IoTセキュリティ:
IoTデバイスも対象、“現代的な”CPUの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」
投機的実行機能を持つ現代的な(Modern)CPUの脆弱性が見つかった。インテル、AMD、アームのCPUが対象になっており「Meltdown」「Spectre」と呼ばれている。IoTデバイスに広く用いられている「Cortex-Aシリーズ」も含まれており、OSやアプリケーションのアップデートによる対策が必要だ。(2018/1/5)

Intel、プロセッサ脆弱性はAMDやArmにもあり、対策で協力中と説明
Intelが、複数のセキュリティ研究者が発表したプロセッサの重大な脆弱性は同社製品固有のものではなく、「AMDやArmなどと対策について協力している」と説明した。(2018/1/4)

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編)
2017年は自作マシンの根幹であるCPUやチップセットのシェアバランスの変化も見逃せない。「10年に1度の逸材」と言われるだけあり、AMD「Ryzen」が自作市場に与えた影響はやはり大きかった。(2017/12/31)

福田昭のデバイス通信(126) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(2):
ISSCC技術講演の初日午後ハイライト(その1)、プロセッサとアナログの最先端技術
「ISSCC 2018」技術講演の初日(2018年2月12日)。午後のハイライトは、最先端のプロセッサおよびアナログ技術の論文発表だ。プロセッサでは、IntelやIBM、AMDが、アナログ技術ではQualcommやMediaTekが、それぞれの研究成果を披露する。(2017/12/19)

PR:PC市場の未来を作る若きリーダーたち AMD×Lenovo日本担当者トップ対談
国内PC市場のトップシェアを占めるレノボ・ジャパンの留目社長と、AMDでアジア地域を統括するデビッド氏の対談が実現。(2017/12/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。