「AMD」最新記事一覧

関連キーワード

「Raven Ridge」の実力は? Core i5と徹底比較
AMDのRyzenがデスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」は、Ryzenによって従来から大幅に引き上げられたCPU性能と、Radeon VEGA世代のGPU性能によって、IntelのメインストリームCPUに対抗していく製品だ。(2018/2/16)

アーク、ゲーミングPC「CROYDON」など2シリーズにRyzen 3 2200G搭載モデルを追加
タワーヒルは、AMD製最新APUのRyzen 3 2200Gを採用したデスクトップPC計2製品を発売した。(2018/2/16)

インバースネット、Raven Ridge搭載デスクトップPCの販売を開始
インバースネットは、AMD製最新APUを搭載したBTOデスクトップPCの販売を開始した。(2018/2/14)

サイコム、「Raven Ridge」採用のスタンダードデスクトップPC計2機種 
サイコムは、AMD製最新APUを搭載したスタンダードデスクトップPC計2製品の販売を開始する。(2018/2/13)

DesignCon 2018で専門家が議論:
微細化の減速、補うには新アーキテクチャに期待
「DesignCon 2018」で、IntelやArm、AMDの幹部らが、半導体プロセスの微細化などをテーマにパネルディスカッションを行った。微細化のスピードの減速を補うには、新しいコンピュータ/メモリアーキテクチャに期待したいと述べる。(2018/2/13)

ASUS、「Raven Ridge」APUに対応する新BIOSを公開
ASUS JAPANは、AMD製最新APU「Raven Ridge」に対応したBIOSの公開を行った。(2018/2/13)

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー
っていうか箱でけーよ!(2018/2/8)

特選ブックレットガイド:
組み込みプロセッサも内包する「Spectre」「Meltdown」の脆弱性、その正体と本質的な問題
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、Intel や AMD だけではなく、Arm 製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。(2018/2/6)

デル、スタンダード15型ノート「Inspiron 15」に4万円台のAPU搭載モデルを追加
デルは、AMD製APUを標準搭載したスタンダード15型ノートPC「New Inspiron 15 (AMD)」の販売を開始した。(2018/2/2)

現代的なCPUの脆弱性:
組み込みプロセッサにも影響大「Spectre」「Meltdown」の背景を探る
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、IntelやAMDだけではなく、Arm製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、A75は影響を受けるがA72は受けにくく、A73は影響しないなど、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。(2018/1/23)

Microsoft、AMDマシン向けの更新プログラム配信を再開
不具合が発覚して一時的に停止していた、一部AMDマシン向けのWindows更新プログラム配信を再開した。(2018/1/22)

12nm CPUや7nm GPU含め:
AMD、GPU/CPUの新ロードマップを発表
AMDは「CES 2018」のプレスカンファレンスにおいて、CPUとGPUのロードマップを発表。12nmプロセスCPUと7nmプロセスGPUの計画の詳細を明らかにした。(2018/1/12)

AMD、RyzenとEPYCのSpectre対策を今週中に提供へ GPUには影響なし
AMDがプロセッサ脆弱性「Spectre」の対策状況を説明した。「Ryzen」と「EPYC」は今週中に、古いプロセッサについては向う数週間中に更新を提供する計画。「Meltdown」の影響はないとしている。(2018/1/12)

更新プログラムの配信を一時停止:
Windowsパッチで一部AMDマシンに不具合、Microsoftが対応説明
AMDマシンで「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に対処するWindows向けのパッチをインストールしたところ、起動できなくなったという報告が相次ぎ、Microsoftがパッチの配信を停止した。(2018/1/10)

CES 2018:
AMDが第2世代Ryzenを4月に投入 長期ロードマップも公開
CES 2018にあわせてAMDが「AMD Tech Day」を開催。2018年第1四半期に投入する製品群の概要を公開した。(2018/1/8)

CES 2018:
Intel CPU×AMD GPU――Radeon内蔵Coreプロセッサ登場 新型「Intel NUC」も登場
呉越同舟――AMDのGPUを搭載したIntel製プロセッサがいよいよ登場する。同プロセッサを搭載する「Intel NUC」も合わせて投入する。【訂正】(2018/1/8)

IoTセキュリティ:
IoTデバイスも対象、“現代的な”CPUの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」
投機的実行機能を持つ現代的な(Modern)CPUの脆弱性が見つかった。インテル、AMD、アームのCPUが対象になっており「Meltdown」「Spectre」と呼ばれている。IoTデバイスに広く用いられている「Cortex-Aシリーズ」も含まれており、OSやアプリケーションのアップデートによる対策が必要だ。(2018/1/5)

Intel、プロセッサ脆弱性はAMDやArmにもあり、対策で協力中と説明
Intelが、複数のセキュリティ研究者が発表したプロセッサの重大な脆弱性は同社製品固有のものではなく、「AMDやArmなどと対策について協力している」と説明した。(2018/1/4)

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編)
2017年は自作マシンの根幹であるCPUやチップセットのシェアバランスの変化も見逃せない。「10年に1度の逸材」と言われるだけあり、AMD「Ryzen」が自作市場に与えた影響はやはり大きかった。(2017/12/31)

福田昭のデバイス通信(126) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(2):
ISSCC技術講演の初日午後ハイライト(その1)、プロセッサとアナログの最先端技術
「ISSCC 2018」技術講演の初日(2018年2月12日)。午後のハイライトは、最先端のプロセッサおよびアナログ技術の論文発表だ。プロセッサでは、IntelやIBM、AMDが、アナログ技術ではQualcommやMediaTekが、それぞれの研究成果を披露する。(2017/12/19)

PR:PC市場の未来を作る若きリーダーたち AMD×Lenovo日本担当者トップ対談
国内PC市場のトップシェアを占めるレノボ・ジャパンの留目社長と、AMDでアジア地域を統括するデビッド氏の対談が実現。(2017/12/11)

スマホ連携機能も追加されたRadeon用新GPUドライバ「Radeon Software Adrenalin Edition」
AMDは、Radeonグラフィックスカード用GPUドライバ「Radeon Software」の新バージョンを発表した。(2017/12/13)

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

頭脳放談:
第210回 IntelがAMDのGPUを採用した理由はNVIDIA?
IntelがAMDのGPUを搭載したモジュールを発表した。IntelとAMDはご存じの通り、x86プロセッサではライバルだ。そのライバル同士が手を結んだ理由は? 背景を探る。(2017/11/22)

AMDの勢いは止まらない! 「AMD FAN DAY FESTIVAL」は大盛況
AMDファンに向けたユーザーイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が秋葉原UDXで行われ、会場は“元気なAMD”を歓迎するファンの熱気に包まれた。(2017/11/18)

週末アキバ特価リポート:
AMD FAN DAY FESTIVAL連動でRyzenの狙い目度がアップ
土曜日開催のAMDイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」の連動もあり、今週末はRyzen関連で狙い目の特価セールが目立っている。ストレージ特価とともに注目したい。(2017/11/18)

AMD GPU搭載のCoreプロセッサで:
“打倒NVIDIA”に向け動き出したIntelとAMD
長年のライバルが、“歴史的な協業”を果たした。Intelのモバイル向け第8世代「Core」プロセッサに、AMDのGPUが内蔵されるのである。“NVIDIA対策”とも取れる今回の協業について、専門家たちの意見を聞いた。(2017/11/10)

Intel、AMDのGPU責任者、ラジャ・コドゥリ氏を新設グラフィックス部門長に
AMDとの提携によるGPU搭載プロセッサを発表したばかりのIntelが、AMDのRadeon部門トップだったラジャ・コドゥリ氏を新設グラフィックス部門のトップに迎えたと発表した。(2017/11/9)

IntelとAMD、ハイエンドノート向けRadeon載せCoreでNVIDIA対抗
Intelが、AMDのGPU「Radeon」搭載の薄型高性能ノートPC向け新プロセッサを2018年第1四半期に提供すると発表した。NVIDIAが強いゲーマーやコンテンツクリエイター向け市場を狙う。(2017/11/7)

CPU性能が200%アップ!? 「AMD Ryzen Mobile」特徴まとめ
Ryzenが薄型ノートにやってくる!!(2017/10/31)

AMD、薄型ノートPC向けの新Ryzenモバイルプロセッサを発表
米AMDは、“Raven Ridge”と呼称していた超薄型ノートPC向けの最新モバイルプロセッサ「Ryzen 5 2500U」「Ryzen 7 2700U」を発表した。(2017/10/27)

レノボ、ビジネス向けAPUを採用した12.5型モバイルノート「ThinkPad A275」 クーポン適用で6万円台から
レノボ・ジャパンは、AMD PROシリーズAPUを搭載する12.5型モバイルノートPC「ThinkPad A275」の販売を開始した。(2017/10/23)

AMD、X399チップセット向けの最新β版ドライバを公開 NVMe RAIDを利用可能に
米AMDは、同社提供のX399チップセット向け最新β版ドライバの公開を開始した。(2017/10/3)

AMDのIP活用:
テスラ、自動運転車向けAI用半導体でAMDと提携=CNBC
米電気自動車(EV)大手Tesla(テスラ)は、米AMDと共同で自動運転車向けの人工知能(AI)用半導体を開発している。(2017/9/21)

「EPYC」で復活を目指すAMD(後編)
“メモリと仮想マシンを自動で保護”するAMD EPYCのセキュリティ機能
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/9/11)

サイコム、Ryzen搭載モデルを一律1万5000円引きするキャンペーン 10月22日まで
サイコムは、Ryzenを採用した同社製BTO PCの値引きを行う「AMD Ryzen モデル一律 15,000 円引きキャンペーン」を開始した。(2017/9/8)

Ryzen Threadripper“旧価格”購入者にAMDが補填を実施 クオカードで収拾を図る
日本AMDは、同社製最新CPU「AMD Ryzen Threadripper」の初期購入者向け補填の実施を発表した。(2017/9/7)

「EPYC」で復活を目指すAMD(後編):
“メモリと仮想マシンを自動で保護”するAMD EPYCのセキュリティ機能
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/9/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
Socket AM4対応APUが登場! ……も、続くAMDの混乱劇
Socket AM4対応のAPU「A12/A10」に加え、Ryzen Threadripperの下位モデル「1900X」が登場。また、上位モデルの値下げ騒動の余波も発生しており、何かとAMDが話題を集めている。(2017/9/4)

AMD、企業向けCPU「Ryzen PRO」を出荷を告知 搭載製品は近日発売
米AMDは、ビジネス向け機能を盛り込んだ最新CPU「Ryzen PRO」プロセッサの出荷開始をアナウンスした。(2017/9/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

サイコム、Ryzen Threadripperを搭載した水冷デスクトップ「Aqua-Master X399A」
サイコムは、同社製水冷PC「Aqua-Master」シリーズのラインアップにAMD製ハイエンドCPUとなるRyzen Threadripper搭載モデルを追加した。(2017/8/24)

組み込み開発ニュース:
2D/3DグラフィックスAPIの最新版、SPIR-Vシェーダを広くサポート
Khronos Groupは、2D/3DグラフィックスAPI「OpenGL」の最新版「OpenGL 4.6」を発表した。AMD/Intel/NVIDIAによって作成されたARBやEXT拡張機能や、SPIR-Vシェーダを取り込む機能を持つコアに統合している。(2017/8/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
Radeon RX Vega 64発売 アキバの事前人気はマイニング目的が優勢
AMDの次世代ハイエンドGPU「Radeon RX Vega 64」を搭載したグラフィックスカードが発売された。事前予約で大人気だが、ゲーム目的の人は様子見も少なくないという。(2017/8/21)

「EPYC」で復活を目指すAMD(前編)
低コスト、ハイスペックを打ち出すAMD EPYCはIntel Xeonキラーか?
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/8/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper登場! X399マザーだけ買う人も
AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」と対応するX399マザーが売り出された。コアなファンの注目を集めているが、一方でX399マザーのみ購入する人もいるらしい。なぜだろう?(2017/8/14)

「Windows 10 Pro for Workstations」、4CPU・6TBのRAMサポートで今秋登場へ
Microsoftは「Windows 10」の「Fall Creators Update」で、ハイエンド向け新エディション「Windows 10 Pro for Workstations」を追加する。デフォルトで「ReFS」が有効で、最高4のIntel Xeon/AMD Opteron、6TBまでのメモリをサポートする。(2017/8/13)

AMD、最大16コア、32スレッド動作の「Ryzen Threadripper」を発売
8コアの1900Xは8月31日発売予定で国内価格は未定。(2017/8/11)

ASRock、Ryzen Threadripper対応のAMD X399チップセット採用ATXマザー2製品
マスタードシードは、台湾ASRock製となるRyzen対応ATXマザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」「X399 Taichi」の取り扱いを発表した。(2017/8/3)

AMD、単精度最大13.7TFLOPSの処理能力を実現したハイエンドGPU「Radeon RX Vega 64」
米AMDは、「Vega」GPUアーキテクチャを採用した新「Radeon RX Vega」ファミリー3製品の発表を行った。(2017/7/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。