「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンテナセキュリティ、5つの勘所とは?:
PR:DevSecOpsも実現できる。コンテナアプリを脅威から簡単・確実に守る方法
Web/モバイルアプリケーションが重要な顧客接点となっている近年、ITサービス開発・改善のスピードを獲得するべく、コンテナ活用に乗り出す企業が増えている。だが重要なのは「スピード」だけではない。セキュリティも確実に担保しなければ自社の社会的信頼を失墜させてしまう。ではスピードやポータビリティといったコンテナのメリットを享受しながら確実にセキュリティを担保するためにはどうすればよいのか? コンテナセキュリティに詳しいソフトバンク コマース&サービスの竹石渡氏に話を聞いた。(2018/12/7)

“モテる”メッセージの送り方も分析:
恋の相性を「知」で解明――婚活アプリ「Pairs」が東京大学と提携、マッチング精度向上へ
恋愛マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカと、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室が提携。より相性のよいユーザー同士を結び付けられるサービスのアルゴリズムを共同開発していく。交際につながりやすいメッセージの文面なども分析する。(2018/12/10)

ナイキ、利用者データ活用へ ユーザー好みの商品薦める「NIKE アプリ」あす日本で配信
「NIKE アプリ」が12月11日に日本でも配信される。ユーザーの好みに合わせて限定商品やライフスタイル情報を提供するという。(2018/12/10)

Google、知らずに広告詐欺SDK利用のアプリ開発者に警告、削除依頼
Googleが、Google Playストアに登録されている複数のアプリに広告詐欺コードを含むSDKが利用されていたとして、該当するアプリの開発者に削除を求めた。猶予期間中にSDKを削除しない場合は措置をとるとしている。(2018/12/10)

好きなテーマを選ぶだけでプロ厳選の10社に分散投資!:
LINEとFOLIOの提携で生まれた「LINEスマート投資」
10月18日より、LINEのアプリ内に「LINEスマート投資」が追加された。LINE上から利用できるモバイル投資サービスで、約70あるテーマの中から、自分が興味のあるテーマに投資できる。(東証マネ部!より転載)(2018/12/10)

iPhone Tips:
iOS 12の新機能「Siriショートカット」では何ができる?
iPhoneとiPadの最新OS「iOS 12」では、音声アシスタントの「Siri」にショートカット機能が追加されました。特定アプリの操作を音声のショートカットとして設定し、Siriに話しかけることで設定内容を呼び出せる機能です。使い方と使い勝手を解説します。(2018/12/9)

「PayPay」アプリがアップデート ホーム画面にクレカが表示されない仕様に
コード決済「PayPay」のアプリが12月8日にアップデート。PayPayは、「パフォーマンス改善のため、ホーム画面の表示を変更しました」と説明している。具体的には、ホーム画面にはPayPay残高しか表示されず、クレカやYahoo!マネーは表示されなくなる。(2018/12/8)

iPhone Tips:
iOS 12で追加された「計測」アプリを使ってみた
今回は「iOS 12」の新機能の一つである「計測」アプリについて。iPhoneのカメラを使って、現実世界の物のサイズを簡単に計測できます。ARKit 2に対応しているのも特徴です。(2018/12/8)

Apple、watchOSに心電図追加 ただし米国のみ
待望の心電図をApple Watchで計測するアプリがwatchOSのアップデートで搭載された。ただし利用できるのは米国のみ。(2018/12/7)

タクシー配車アプリ、普及弾み 「0円」「日台連携」…サービスの拡充相次ぐ
 効率的で、利便性の高い交通手段として期待されるタクシー配車アプリの普及拡大に向けた動きが加速している。(2018/12/7)

Google、「Allo」は2019年3月に終了、「Duo」は存続、一般向け「ハングアウト」は2つに分割と説明
Googleが、コラボレーションアプリの「Allo」を終了し、一般向け「ハングアウト」はG Suite版と同様に分割すると発表した。同社のコラボアプリは「メッセージ」「Duo」「ハングアウトChat」「ハングアウトMeet」の4つになる。(2018/12/7)

タクシー配車アプリ、普及弾み 「0円」「日台連携」……サービスの拡充相次ぐ
タクシー配車アプリの普及拡大に向けた動きが加速している。DeNAは5日、神奈川県内で展開していたタクシー配車サービスを東京都内に拡大し、運賃を広告主などが負担する「0円タクシー」の運行を開始。大和自動車交通は同日、台湾最大手タクシー会社との提携で、配車アプリの国際連携サービスに乗り出した。(2018/12/7)

組み込み開発ニュース:
システム開発ソフトウェアの最新版を発表、「MATLAB」との連携を強化
日本ナショナルインスツルメンツは、システム開発ソフトウェア「LabVIEW NXG」の最新版を発表した。システムのセットアップや構成、Web対応アプリケーションの作成など、自動テスト・計測アプリケーションの開発工数を削減する。(2018/12/7)

フェルメールの全36作品がスマホアプリで鑑賞可能に ARの導入で美術館気分も味わえる
お好きな場所でフェルメール。(2018/12/7)

Gartner Insights Pickup(87):
アプリケーション開発を再び“クール”にするには
企業のアプリケーション開発は一変しようとしている。社内のアプリケーション開発チームに高いパフォーマンスを発揮させるためには、新しいスキル、プラクティス、技術に投資しなければならない。(2018/12/7)

各方式のメリットや選び方を紹介
デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化に踏み切る前に解決したい4つの疑問
企業のIT部門が社内のワークステーションについて決めなければいけないことは2つある。1つは仮想デスクトップの提供方法、もう1つはデスクトップとアプリケーションのホスト方法だ。(2018/12/7)

モバイルとWindowsのアプリをシームレスに
仮想デスクトップが次に目指すのは「レガシーなWindowsアプリとの融合」
仮想デスクトップのユーザーが、アプリの機能を最大限に引き出せる形でそのアプリを開くことができれば理想的だ。実現のためにすべきことは何か。(2018/12/7)

ホワイトペーパー:
カスタマーインサイト製品導入戦略ガイド
顧客についての理解を深めることは不可欠だ。本PDFでは新しい行動への順応、インサイトを深めるためのディープラーニング、インテリジェント分析アプリを使った交流の強化について解説する。(2018/12/7)

うぉぉ、料金0円!! しかもカッコイイ! 「どん兵衛タクシー」登場 何でタダなの? どこまでタダなの?
都内50台のレア車両、配車アプリ「MOV」で呼べる。(2018/12/6)

Facebook、ユーザーに無断で通話履歴入手画策など英議会の公開文書で明るみに
Facebookの過去の社内メールなどの膨大な文書を英国議会が公開した。Facebookはこの資料を「偏ったものだ」と抗議しているが、競合しそうなVineへのAPIを遮断しろというザッカーバーグCEOのメールやAndroidアプリのアップデートで権限追加のダイアログを表示させない方法についてのやり取りなどが含まれている。(2018/12/6)

「Outlook」のデザイン、iOSアプリで一足先にアップデート
MicrosoftがiOS版「Microsoft Outlook」をアップデートすると発表。機能追加よりもデザイン改善が中心で、細かいユーザーインタフェースの改善が追加される。(2018/12/6)

モビリティサービス:
乗車料金を0円に設定するには、タクシーの媒体価値とスポンサーの期待
ディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年12月5日、東京都内で会見を開き、タクシー配車アプリ事業を東京都内に拡大すると発表した。これまでは神奈川県内のみだった。これに合わせて、タクシーを広告媒体として扱うことで乗客が支払う乗車料金を無料にする新しいビジネスモデルも導入する。(2018/12/6)

Tech TIPS:
WSL上にXサーバをインストールしてGUIを実現する(VcXsrv編)
WSL(Linux)環境でGUIのアプリを利用するには、GUIの描画を行うXサーバを用意する必要がある。Windows 10で利用できるXサーバはいくつかあるが、今回はVcXsrvというXサーバの導入方法を解説する。(2018/12/6)

「0円タクシー」都内でスタート DeNAが広告モデルで仕掛ける、配車アプリの新戦略
ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、タクシー配車サービス「MOV」で、「0円タクシー」の提供を始めた。(2018/12/5)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
たった1年で若者を魅了した「TikTok」 今さら聞けない基本のキ
若者を中心に人気のショート音楽動画共有アプリ「TikTok」(ティックトック)。なぜこれほど人気が広がったのか、そもそもどうやって楽しむのか? 今さら聞けないTikTokの基本のキを学びましょう。(2018/12/5)

広告詐欺の不正コード混入か、Google Playの人気アプリ削除
中国のCheetah Mobileが提供する「CM File Manager」と、米Kika Techの「Kika Keyboard」が、Google Playから削除された。(2018/12/5)

Google、オープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDK「Flutter 1.0」リリース
Googleが、2月にβ版を公開したオープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDKの正式版「Flutter 1.0」をリリースした。(2018/12/5)

アプリは「セルフケア」がトレンド Apple、「Best of 2018」発表
Appleは、App Store、Apple Music、Podcast、Apple Booksなどの「Best of 2018」を発表した。(2018/12/5)

注目のpaypayは:
スマホ決済、競争激化 ドコモは最大5千円、ソフトバンクは総額100億円……
スマートフォンのアプリを使って店頭などで支払いを済ませる「スマホ決済」サービスの競争が激化している。LINE(ライン)や楽天などIT系が先行していたが、今年に入ってNTTドコモが参戦。さらに10月に提供開始したソフトバンク系は、総額100億円還元という伝統芸“ばらまき”作戦を開始。スマホ決済ナンバーワンを目指す。出遅れたKDDI(au)やメルカリも巻き返しを図る。(2018/12/5)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに広がる“格安ライドシェア” 相乗りアプリ「Via」が見つけた市場の隙間
米国の大都市で格安ライドシェアサービス「Via」が人気だ。タクシーより価格が安く、バスより便利に乗車できるとあり、オフィスワーカーたちが公共交通機関の代わりに使っているようだ。(2018/12/5)

店舗のQRコード決済導入を簡単に ソフトバンクがアプリ提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、店舗が簡単にQRコード決済を導入できるアプリ「S!can」(スキャン)の提供を12月中に始める。(2018/12/4)

Android 9 Pieもサポート:
「ATOK for Android [Professional]」がバージョンアップ 推測変換の効率を向上
ジャストシステムの「ATOK Passport プレミアム」ユーザー向けの日本語入力アプリがバージョンアップ。PC版に導入済みの「ATOKディープコアエンジン」を組み込み、予測変換の効率を約30%向上した。(2018/12/4)

ソフトバンク、店舗向けQR決済アプリ「S!can」提供 第1弾は「銀聯QRコード決済」に対応
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、12月中に店舗でのキャッシュレス決済を実現するQRコード決済アプリ「S!can(スキャン)」の提供を開始する。まずは第1弾として「銀聯QRコード決済」に対応し、今後も対応するQRコード決済サービスを拡充していく。(2018/12/4)

RATOCのスマート家電コントローラーがSiriショートカットに対応
RATOCは、同社製スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」向けiOS用アプリを更新、Siriショートカットに対応した。(2018/12/4)

20%還元スタートの「PayPay」で早速買い物をしてみた 意外な戸惑いも
総額100億円を還元するという「PayPay」の大規模なキャンペーンが、12月4日9時にスタートした。PayPayアプリでは何ができるのか。また本当に20%還元されたのか。初期設定から買い物の様子までレポートする。(2018/12/4)

Google、PixelとNexusの12月のセキュリティ情報公開 メモリなど多数の問題を修正
Googleが、PixelとNexus向けのセキュリティおよび機能アップデートの配信を開始した。バックグラウンとのアプリが終了してしまう問題や、カメラ関連の機能の改善が行われる。(2018/12/4)

フィットネス装い金銭詐取 Apple App Storeに不正アプリ
iOS向けフィットネスアプリを装い、「Touch ID」を使って金銭をだまし取ろうとするアプリは、App Storeのレビューで高評価を獲得していた。(2018/12/4)

Tumblr、アダルトコンテンツを完全排除へ 12月17日に新ポリシー施行
AppleのApp Storeからアプリを削除されたソーシャルブログサービスTumblrが、既存のアダルトコンテンツを排除し、新たな投稿を禁止する新ポリシーを施行する。(2018/12/4)

人工知能ニュース:
AIアプリケーションのデプロイと共有を支援するオープンソースソフトウェア
LF Deep Learning Foundationは、AIアプリケーションのデプロイと共有を支援するソフトウェア「Athena」を発表した。オープンソースの「Docker」や「Kubernetes」を利用するプラットフォームをワンクリックでデプロイできる。(2018/12/4)

Windows 10 The Latest:
Windows 10にLINEアプリが勝手にインストールされる怪――「Microsoft Consumer Experience」とは
Windows 10に大型アップデート「October 2018 Update」を適用するとLINEアプリが勝手にインストールされると話題になっている。なぜ、LINEアプリがインストールされてしまうのか? その謎を解く。(2018/12/4)

AWS re:Invent 2018発表まとめ(3):
AWS、サーバレスの進化とクラウドネイティブアプリケーションの広がり
AWS re:Invent 2018におけるAWS Step Functionsの新機能は、AWSにおけるクラウドネイティブアプリケーション開発へのメッセージを強化する役割を果たす。(2018/12/4)

ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」に対応
ミニストップは、12月17日からスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」に対応。これに合わせ、各種サービスでポイントプレゼントや決済金額還元などのキャンペーンも実施する。(2018/12/3)

LINEモバイルで機種変更が可能に Webから手数料・送料無料で手続きOK
LINEモバイルは、12月3日に機種変更へ対応。これまで端末の購入は申し込み時または回線変更時のみ可能だったが、マイページの「機種変更」から手数料・送料無料で手続きを行えるようになる。端末はAPN設定の一部や「LINE」「i-フィルター」「いつでも電話」などのアプリの初期設定が完了した状態で配送される。(2018/12/3)

「お前のツイート伸びすぎww」を完全再現 Twitterの通知が止まない状況を体験できるアプリが楽しい
「有名人じゃんwww」。(2018/12/3)

ミニストップがバーコード決済導入 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」対応
ミニストップは、スマートフォンを使ったバーコード決済サービスを17日から全国の店舗に導入すると発表した。「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応する。(2018/12/3)

Cloud IAMで一元管理:
Google、SaaSとLDAPアプリの管理を統一できる「Secure LDAP」機能の正式版を公開
Googleは、同社の「G Suite」または「Cloud IAM」を使って、従来のLDAPベースのアプリケーションやITインフラへのアクセスを管理できる「Secure LDAP」機能の正式提供を開始した。(2018/11/30)

Microsoft、Android版キーボード「Swiftkey」に検索結果入力機能
MicrosoftのAndroid版キーボードアプリ「Swiftkey」に検索機能が追加された。開いているアプリを離れずにキーボード上でBing検索し、検索結果をスクリーンショットとして“入力”できる。日本語にも対応する。(2018/11/30)

「YouTubeストーリー」、登録者1万人以上のクリエイターは利用可能に 7日で消えるコンテンツ
YouTubeにも、InstagramやSnapchatで人気の「ストーリー」のような機能「YouTubeストーリー」が追加された。登録者1万人以上のクリエイターはYouTubeアプリで作成できる。(2018/11/30)

「Microsoft Office」のアイコンデザイン、6年ぶりに刷新へ
Microsoftが6年ぶりに「Office」のアプリアイコンを変更する。数カ月中にすべてのプラットフォーム(Windows、macOS、iOS、Android)のアイコンが変わる見込みだ。(2018/11/30)

AWS、ブロックチェーンに本腰 「数クリック」でネットワークを構築できるフルマネージドサービスを提供
AWS上にブロックチェーンネットワークを構築できる「Amazon Managed Blockchain」が登場。何千ものアプリケーションや何百万もの取引をサポートできるネットワークを「わずか数回のクリック」で構築できるという。(2018/11/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。