• 関連の記事

「インテリジェントグラス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インテリジェントグラス」に関する情報が集まったページです。

ネプコン ジャパンと同時開催:
日本をウェアラブル技術のメッカに――「第1回 ウェアラブル EXPO」説明会開催
リード エグジビション ジャパンは、近年急速に注目を集めているウェアラブル機器・端末に関する開発技術展示会「第1回 ウェアラブル EXPO(装着型デバイス 技術展)」の説明会を開催した。(2014/7/1)

2014年の注目技術10:
ウェアラブル機器やIoTが生活を変え、5Gや微細化技術が世界を驚かす
2014年は、どんな技術革新が世界を驚かせるのだろうか? ウェアラブル機器、IoT、5Gなど「2014年に注目すべき10の技術」を紹介する。(2014/1/8)

ディスプレイ技術:
Google Glassの先を行く? バーチャル3D映像をタッチ操作できるメガネ型端末「i-Air Touch」
台湾の研究所が開発した「i-Air Touch」は、バーチャルな3Dディスプレイが前方に投影される眼鏡型端末だ。i-Air Touchの上部に取り付けたカメラは、指の動きをミリメートルの精度で追跡し、それによってバーチャルディスプレイをタッチで操作することもできるという。(2013/10/31)

EE Times Japan Weekly Top10:
“地位”を得たスマートデバイス、米国で専門イベントが初開催
EE Times Japanで先週(2013年10月5日〜11日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/10/12)

「全機種がドコモの顔だ」──冬春モデルは控えめに「おすすめ3機種」 独自のニュースキュレーションも
ドコモ冬春モデルはシャープ、富士通、ソニー端末を「おすすめ3機種」に指定。ただ販促のトーンは「ツートップ」よりも弱めで、幅広いラインアップをアピールしていく。独自のニュースキュレーションサービスを搭載した新UIも。(2013/10/10)

CEATEC 2013 フォトギャラリー:
ドコモの“見えるインフォ”、指紋認証で支払い、指でなぞってスクラップ……写真で振り返るCEATEC
2013年10月1〜5日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2013」。指紋/静脈認証で代金を支払う「バイオマネー」、座れば体重や血圧、脈拍などを測定してくれる近未来的なイス、NTTドコモの「インテリジェントグラス」、シャープのフレームレスIGZOディスプレイなど、記事には掲載していない展示をフォトギャラリーとして紹介する。(2013/10/8)

Weekly Memo:
ウェアラブルコンピュータは普及するか
利用者が身に付けて使う「ウェアラブルコンピュータ」が、スマートフォンに次ぐ新たな携帯情報端末として注目を集め始めている。果たして思惑通りに普及するか。(2013/10/7)

CEATEC JAPAN 2013:
“Docomo Glass”の可能性に期待できるかできないか
NTTドコモのCEATEC JAPAN 2013ブースで注目度の高い「インテリジェントグラス」コーナーでは、待ち時間に見合った興味深い体験ができるという。(2013/10/4)

CEATEC JAPAN 2013:
ドコモのスマートメガネ「インテリジェントグラス」 相手の顔を認識したり、身の回りをタッチ化したり
ドコモが眼鏡型のウェアラブル情報端末「インテリジェントグラス」をCEATECに参考出展した。ディスプレイ上でデジタルコンテンツを楽しんだり情報を表示したりできる。(2013/10/1)

CEATEC 2013:
ドコモ、ウェアラブル端末「インテリジェントグラス」をCEATECで披露
NTTドコモは、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2013」(会期:2013年10月1〜5日)において、次世代の情報コンシェルジュの世界を体験できるウェアラブル端末「インテリジェントグラス」を披露する。(2013/9/18)

“ドコモグラス”も進化:
ドコモ、「CEATEC 2013」に未発表の冬春モデルを出展 “5G”通信の体験も
ドコモは、「CEATEC 2013」にウェアラブル端末の「インテリジェントグラス」や、未発表のスマートフォン秋冬モデル、5G通信などを展示すると発表した。また岩崎副社長がキーノートスピーチを行なう。(2013/9/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。