• 関連の記事

「ミック経済研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

なぜ今、SMS? 法人向けSMS配信サービスが拡大する理由
ケータイに標準搭載されている「SMS」は、古くから存在するメッセージサービスだが、個人間での利用は下火になっている。ところが、企業がユーザーにアプローチする手段として、SMSを利用するケースが増えているという。(2018/6/19)

2022年度のリモートアクセス市場は242億円規模、DaaS市場は340億円規模に 働き方改革が後押し――ミック経済研究所調べ
ミック経済研究所が、国内のリモートアクセスサービスとDaaS市場の動向と中期予測を発表。働き方改革の推進により市場が活発化しており、2022年度まではリモートアクセス市場は年平均23.3%、DaaS市場は年平均21.0%で成長すると予測する。(2018/5/9)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ネット広告代理市場、2017年度は1兆2100億円──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所は、ネット広告市場および広告プラットフォーム市場の実態を調査した資料を発刊、その一部を公表しました。(2018/5/7)

ミック経済研究所:
AIによる予兆保全は2018年「成長期」へ
製造業においてAI(機械学習)を利用した予兆保全にかかる期待は大きいが、2017年時点ではまだ実証実験にすぎず、本格的な利用は2019年以降になるとの予測をミック経済研究所が発表した。(2018/4/19)

ミック経済研究所調べ:
超高速開発ツールの市場規模、2018年度は550億円に
ミック経済研究所は、超高速開発ツールの市場動向調査「アジャイル開発で注目される超高速開発ツールの市場動向 2018年度版」の概要を発表した。Non-programming PaaSが今後も市場をけん引していくと見ている。(2018/4/13)

予兆検知ソリューション市場:
AI利用の予兆検知、精度向上で2021年には338億円規模
AI(人工知能)を利用した予兆検知ソリューション市場は、2017年の約55億円に対し、2021年には338億円規模に拡大する見通しだ。深層学習など機械学習の進展により予測精度が向上するなど、新たな段階を迎えている。(2018/4/4)

組み込み開発ニュース:
国内組み込み市場規模は2016年度が9591億円、ワイヤレスセンサーが急拡大へ
ミック経済研究所は、国内のエンベデッドシステム・ソリューション市場の中期予測を発表した。今後、ワイヤレスセンサーネットワークサービスが急拡大すると予測している。(2017/12/21)

人工知能ニュース:
AI市場は2021年に1兆円超えへ
ミック経済研究所は2017年8月末に「AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望」を刊行した。同調査によると、AIエンジンとAIソリューションを合わせた市場規模は、2021年には1兆円を超えると予測している。(2017/10/20)

年平均成長率8.3%で推移:
CRMアウトソーシング市場、EC 関連が緩やかにけん引して2020年に1兆円規模に──ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は2017年4月27日、「CRM/フルフィル アウトソーシング市場の現状と展望2017年版」の内容を一部公開した。(2017/5/1)

製造業IoT:
IoTソリューション市場動向の2016年度版を発刊
ミック経済研究所が「IoTソリューション市場動向 2016年度版」を発刊した。同市場規模の2016年度見込みは640億円。2017年度以降から成長期に入り、年平均成長率53.7%で伸長し、2022年度には2兆4000億円に達すると予測している。(2017/3/9)

ミック経済研究所 IoTソリューション市場動向 2016年度版:
国内IoT市場はまだ未成熟期、成長期は2017年度から
各社IoTプラットフォームの充実が進む中、PoCから実証実験、実採用の流れが形成されつつあり、2017年度はIoT市場成長の年になりそうだ。(2017/3/3)

ミック経済研究所が予測:
Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラットフォーム市場について調査を行ったマーケティング資料を発刊し、その一部を公開した。(2017/2/17)

組み込み開発ニュース:
エンベデッドシステム・ソリューション市場、2015年度は約9055億円規模
ミック経済研究所は、国内のエンベデッドシステム・マーケットの実態を調査した「エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2016年度版」を発刊した。2015年度の市場規模は約9055億円で、自動車関連市場で投資が積極化した。(2016/12/16)

ミック経済研究所 エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望:
国内組み込みシステム市場をリードするのは自動車、急成長は医療と監視
ミック経済研究所が国内組み込みシステム市場の調査資料を刊行した。当面の成長ドライバーはやはり自動車。IoTについてもその経済的影響を調査している。(2016/12/8)

2015年度は前年比117%の8900億円:
ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均16.4%の伸びで推移し、2020年度には1兆9000億円市場にまで拡大する見通し。(2016/12/6)

鍵になるのは「検索性」
「達人」が伝授、生産性が上がる社内文書活用のポイント
スピーディーかつ柔軟な検索、リアルタイムの情報共有、タブレットの活用。電子化された文書を生かしてどう業務を効率化するか。エキスパートと共に考える。(2016/8/23)

産業用PC市場の現状と展望 2016年版:
堅実な成長を見せる産業用PC、非製造業で需要増
長期間の利用に耐える保証体制が用意される産業用PC。製造業からの需要は落ち着きを見せ始めているが、非製造業からの需要増により、全体としては堅調な成長が見込まれる。ミック経済研究所による調査。(2016/8/22)

情報漏えい、コスト増大、作業効率低下etc.
文書管理の専門家がチェック、帳票電子化に無関心な会社はどれほど損をしている?
帳票をPCで作成しても最後は紙に印刷して保管している企業はいまだに多い。しかし、過去のやり方を続けてきた結果、多くのムダが生まれている場合がある。文書管理のエキスパートが「見えないコスト」を点検する。(2016/8/15)

「クラウド型CRM市場の現状と展望2016年度版」を発刊:
2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウド型CRM市場の現状と展望2016年度版」を発刊した。(2016/7/27)

全国の学校にWi-Fiを!:
PR:「デジタル教科書」の普及を後押し Wi-Fi No.1メーカーはいかに学校現場の悩みを解消するのか
2020年までに政府は全国すべての小中高に無線LANを導入するよう検討を始めた。その目的は「教育」と「防災」だ。そうした動きに呼応するように、PC周辺機器メーカー大手で、学校においてもNo.1の無線LAN導入実績を持つバッファローでは学校教育のICT利活用を後押しする新製品を発売した。その概要とは――。(2016/6/6)

ミック経済研究所 データセンタ市場調査:
データセンターの消費電力量が省エネ対策効果により市場成長率を下回るように
ミック経済研究所は、国内のデータセンター市場と消費電力量に関する調査結果をまとめた「データセンタ市場と消費電力・省エネ対策の実態調査」を発刊した。(2016/3/23)

エネルギー管理:
ITを活用したエネルギー管理市場は3812億円に、HEMSが飛躍的に成長
調査機関のミック経済研究所は、日本国内におけるエネルギーマネジメントシステム(EMS)ソリューション市場について調査を行い、その結果概要について公表した。2015年度の国内市場規模は前年度比5.3%増の3812億円規模に拡大している。(2016/1/13)

組み込み市場調査:
組み込み市場、自動車とエネルギーは堅調
ミック経済研究所が、組み込みシステム関連企業を対象とした市場調査資料「エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2015年度版」を発刊した。(2015/9/7)

ESETとキヤノンITSがセキュリティ製品群を刷新 国内シェア3位狙う
国内ユーザー企業に直接要望を聞いて開発したという管理ツールやエンドポイント向けセキュリティソフトの新バージョンを展開する。(2015/4/16)

クラウド版の管理コンソールも用意:
「日本のIT管理者に直接ヒアリングした」ESETが法人向け新製品を2015年秋にリリース
キヤノンITソリューションズは2015年4月16日、ESETの法人向けセキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protection」のバージョン6を2015年秋から提供することを発表した。この新バージョンには、ESETが重要と考えるポイントに加え、日本の現場からの声も多数取り入れたという。(2015/4/16)

ホワイトペーパー:
クラウド全盛時代に、大手企業にメール配信システムWEBCASが選ばれる理由とは
EC業界大手企業をはじめ、数十〜数百万規模の会員を抱える企業、ネットマーケティングに注力する企業の多くが、メール配信システムWEBCASを選定するという。なぜ先進ビッグユーザーにWEBCASが選ばれるのか、その秘密を探る。(2014/6/4)

Windows Server 2012 R2/System Center 2012 R2のすべて:
PR:Windows Server 2012 R2によってさらなる進化を遂げる「CA ARCserve」シリーズ
日本CAでは、企業サーバー向けバックアップソフトとして「CA ARCserve」シリーズを展開。簡単なイメージバックアップから高度なレプリケーションまで、あらゆるデータ保護のニーズに応えている。Windows Server 2012 R2にも早急に対応し、Windows Server 2012対応時の機能強化に加えて、さらに手軽で高品質な機能を追加していく予定だ。(2013/11/21)

国内シェア10%を目指す:
仮想化環境対応バックアップアプライアンス、シマンテックが発売
シマンテックは、仮想化環境を導入する中小企業に向けたバックアップのアプライアンス製品「Symantec Backup Exec 3600」を発売すると発表した。物理サーバが3〜5台、仮想マシンが30〜50台程度の規模を想定する。(2013/9/4)

組み込み市場予測:
家電分野は縮小続く……。自動車は堅調で、エネルギー関連は期待
ミック経済研究所は、組み込みシステム関連企業を対象とした市場調査を実施し、主要企業65社の個別実態を積み上げ、2013年度以降の市場規模を予測。マーケティング資料「エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2013年度版」としてまとめた。(2013/5/16)

常時SSL時代に求められるサーバ証明書の「新標準」:
PR:選ばれ続ける理由――日本ベリサインが提供する安心、安全
SSLサーバ証明書を発行する「認証局」がらみの不正アクセス事件が多発する一方で、業界で長い経験と実績を有するベリサインは、高いサービス品質を保ち続けてきた。その背景には、確固たるポリシーと運用、物理面も含む厳密なセキュリティ対策がある。SSLサーバ証明書の対応アルゴリズム拡大やバンドルサービスの充実にも取り組むことで、業界をリードしている同社の取り組みを聞いた。(2013/3/11)

ソーシャルメディア広告市場は拡大傾向に:
2012年度のソーシャルメディア広告市場は前年比107.5%の691億円、ミック経済研究所
ミック経済研究所は1月24日、2012年度におけるソーシャルメディア広告の市場規模を発表した。(2013/1/25)

PR:軽快なESET(イーセット)とキヤノンITソリューションズの高品質なサポート力で導入から運用管理まで安心のウイルス対策を実現
「重すぎるから、もうウイルス対策ソフトを止めてしまいたい」「マニュアルには自社のシステム構成に合った設定が書かれておらず、どのように導入すればいいか分からない」「いざ何かあったときにきちんと対応してくれる窓口がほしい」……こんな悩みを抱える企業にとって、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が販売する企業向けセキュリティ製品「ESET」は福音となるかもしれない。製品が備える軽快さと高い検出率、製品の導入前支援から実装、その後のサポートに至るまで、キヤノンITSのノウハウが反映されたサービスが組み合わさることにより、安心して頼ることのできるソリューションとなっている。(2012/11/21)

連載/データセンターの電力効率、コスト効率を上げるには(1):
自社サーバを環境性能の高いデータセンターに移設しよう
消費電力量節減の話になると、サーバの消費電力量も問題になる。しかし、サーバは簡単には止められない。第1回では、企業でサーバを保持することによるデメリットを挙げ、自社のサーバを、環境性能の高いデータセンターに移設することで得られる効果を解説する。(2012/6/15)

エネルギー技術:
サーバからファンを外すとよく冷える、富士通が消費電力40%低減に成功
大型の機器を効率良く冷却するにはどうすればよいのか。これは組み込み機器、産業機器、IT機器などさまざまな分野にまたがる重要な課題だ。富士通は約100台のサーバを格納したコンテナデータセンターで、新しい「解」を探り当てた。(2012/4/17)

クラウドERP製品カタログ【第5回】インフォコム
“機能全部入り”でERPの本流を追求する「GRANDIT for Cloud」
新興のERPである「GRANDIT」は最新の技術トレンドを盛り込んでいるのが特徴。クラウドERPの展開でもその先進性をユーザーに提供し、ERPの本来の価値である統合性を追求している。(2011/11/7)

デスクトップ仮想化市場、2015年度に1251億円規模に――ミック経済研調べ
セキュリティ強化に加え、事業継続の強化やWindows XPからのリプレース需要が市場をけん引するという。(2011/10/7)

クラウド×iPhone/iPadで業務を効率化――12月にセミナー開催
クラウド テクノロジーズとリミックスポイントが、iPhone/iPadとクラウドの活用を紹介するセミナーを12月に開催する。(2010/11/24)

SMB向け業務パッケージ紹介【財務会計編】:ミロク情報サービス
税理士、会計士も納得のコンポーネント型財務会計システム「MJSLINK II 財務大将」
税理士・公認会計士事務所から圧倒的な支持を得ているミロク情報サービスの業務用アプリ。中でも「MJSLINK II」は国内の中小企業向けERP市場でトップシェアの売り上げを誇るという。その強さの秘密とは?(2010/10/26)

ERP製品カタログ【第4回】インフォベック
国産最後発「GRANDIT」が目指す「ERPのあるべき姿」
ERPパッケージ「GRANDIT」が順調にシェアを伸ばしている。最後発ながらユーザー企業に支持される理由は「ERPのあるべき姿」を目指しているからだという。(2010/10/21)

誤送信対策製品紹介:NTTソフトウェア編
柔軟な導入形態、利便性を追求したメール誤送信防止製品「CipherCraft/Mail」
NTTソフトの誤送信防止製品「CipherCraft/Mail」は、送信者に再確認を促す機能や暗号化機能が特徴だ。導入形態はサーバとクライアントの2種類を用意している。(2010/8/18)

ホワイトペーパー:
今求められる、組織に必要なインターネットアクセス管理とは?
ウイルス感染、私的利用による業務効率低下、掲示板書き込みによる情報漏えい、コンプライアンス低下など、インターネットのアクセスマネジメントを実施しない弊害はさまざまだ。では、一体どのように対策すればよいのか? (提供:アルプス システム インテグレーション)(2010/5/17)

6年間で3倍強 拡大するクラウド市場
ミック経済研究所の調査によると、国内のクラウド市場は2009年度から2014年度の6年間で3倍強に拡大する。当面はプライベートクラウド市場が成長をけん引し、今後はパブリッククラウド市場の比率が高まる見通しだ。(2010/3/10)

2009年度の情報セキュリティコンサルティングのサービス市場は3.9%増
ミック経済研究所は、2009年度の情報セキュリティコンサルティングのサービス市場が3.9%増の約670億円になると予想している。(2009/11/9)

ミック経済研究所調べ:
SaaS市場が好調、PaaSも今後は「爆発的な伸び」に
ミック経済研究所は、SaaS市場の国内市場予測をまとめた。SaaSは年率20%近い伸びを見せたほか、PaaSも順調に市場規模を拡大している。(2009/6/18)

ミック経済研究所調べ:
デジタルサイネージソリューションの市場規模、年平均14%の成長へ
デジタルサイネージの普及に伴い、関連するソリューションの市場規模も年平均14%で成長する。ミック経済研究所調べ。(2009/5/14)

インサイトテクノロジーの「PISO」:
PR:データベースセキュリティで重要な特権ユーザーのアクセスログをシステムに負荷なく取得
データベースには、取引先情報や個人情報など重要データが格納されている。機密情報に誰がアクセスし、どんな操作をしたのかを記録しておくことは、データベースセキュリティや内部統制の観点から重要だ。ログを取る際に問題になるシステムへの負荷を気にせずに、アクセスログを収集できる「PISO」について、開発、販売するインサイトテクノロジーに聞いた。(2009/5/11)

わが社のコスト削減:
生体認証が広げるコスト削減の可能性
銀行ATMや企業の入退室管理などのセキュリティ対策ツールとして生体(バイオメトリクス)認証の採用が増えている。高度なセキュリティの実現に加えて、コスト削減策としても注目を集めている。(2009/4/8)

ミック経済研究所調べ:
オフィス空間の管理が情報漏えい対策の「肝」に
入退室管理システムや製品の市場規模は年平均7.1%の成長を遂げることがミック経済研究所の調査で分かった。情報漏えいを防ぐために、PC管理に加え、オフィス空間のセキュリティ対策を講じる企業が増えつつある。(2009/3/23)

5年後も主流は変わらず:
日本で苦戦する「パッケージ型」のシステム開発
国内におけるシステム開発は、手組み開発や受諾開発を中心とした「スクラッチ型」が主流であることが分かった。ミック経済研究所調べ。(2009/2/20)

仮想化がコスト削減の引き金に:
サーバ仮想化市場、年平均成長率は30%以上超に
コスト削減の一環としてサーバの仮想化を選択する企業が増えそうだ。ミック経済研究所の調査によるとサーバ仮想化ソリューションの市場規模は、2013年度まで年率30%以上の成長を続ける。(2009/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。