「NVIDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA」に関する情報が集まったページです。

レベル2+の運転支援が可能:
ボルボ、2020年代初頭から「NVIDIA DRIVE AGX Xavier」搭載の次世代車を量産へ
Volvo Cars(ボルボ)とNVIDIAは、ボルボの次世代車両にNVIDIAのAI自動車コンピュータ「DRIVE AGX Xavier」を搭載し、2020年代初頭から量産開始すると発表した。(2018/10/18)

「深層学習の現状は、1998年のインターネットに近い」:
「インターネット」で勝てなかった日本が、「深層学習」で勝つには 東大・松尾豊氏
NVIDIAが開催した「GTC Japan 2018」で、東京大学 特任准教授、日本ディープラーニング協会 理事長の松尾豊氏が登壇。深層学習の原理や、深層学習に関する研究の現状について説明し、今後、実社会で深層学習がどう扱われていくのか、持論を展開した。(2018/10/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
“通常とは違う過程で登場”したNVIDIA GPU「Turing」は何が新しいのか ―― 電子版2018年10月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2018年10月号を発行致しました。今回のCover Storyは、2018年9月に開催された「GTC Japan 2018」のリポートとして「「Turing」は何が新しいのか」をお届けします。その他、IDTの買収を発表したルネサス エレクトロニクスの社長インタビュー記事、東京大学などが発表した「量子計算に応用可能な電子状態を作り出す」技術などを掲載しています。ぜひ、ご覧ください!(2018/10/15)

CPU処理に対して機械学習を50倍に加速すると主張:
NVIDIA、大規模データ分析や機械学習向けGPUアクセラレーションプラットフォーム「RAPIDS」を公開
NVIDIAは、大規模データアナリティクスや機械学習のパフォーマンスを高めるオープンソースソフトウェア(OSS)のGPUアクセラレーションプラットフォーム「RAPIDS」を公開した。(2018/10/12)

サイコム、GeForce GTX 1080搭載PCを5000円引きする在庫限りの値引きキャンペーン
サイコムは、BTOデスクトップPC購入時にMSI製GeForce GTX 1080搭載カードを5000円引きで提供する「NVIDIA GeForce GTX 1080/ハイエンドビデオカードキャンペーン!」を開始する。(2018/10/5)

たとえコストがかかっても、外してはいけないプロセスがあった:
アイスの動画が「凍った」!? VDI導入に失敗したハーゲンダッツ、リベンジを成功させた教訓とは
2018年に全社員の仮想化デスクトップ環境を「NVIDIA GRID」で刷新したハーゲンダッツジャパン。情シスの竹下新一さんによれば、それは5年前に行った仮想化の手痛い失敗から学んだ結果だという。(2018/10/2)

自動運転技術:
AIをブラックボックスにしないために、“判断の根拠”の解析を
日立超LSIシステムズ 組込ソリューション事業部の猪貝 光祥氏が、NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」(2018年9月13〜14日)において、AIの品質保証に関する最新動向を紹介した。(2018/9/21)

GTC Japan 2018:
NVIDIAが語るVoltaとTuring、最新GPUはこう使おう
NVIDIAのGPUアーキテクチャである「Turing」と「Volta」。これら2つのアーキテクチャでは、RTコアとTensorコアという2つのユニットが性能躍進の立役者となった。GTC Japan 2018の講演から、アーキテクチャをおさらいし、最新GPUを効率的に活用するための手法を紹介する。(2018/9/20)

AIで世界の降水分布を高精度に予測 大雨災害多発エリアの被害軽減へ――“ウェザーニューズ×NVIDIA”の共同プロジェクトが始動
ウェザーニューズは、米NVIDIAと連携し、世界の雨の状況を高精度に可視化、予測するAIプロジェクトを開始する。NVIDIAのAIスーパーコンピュータとディープラーニング技術を活用し、高精度を誇る日本の気象衛星画像と雨雲レーダー画像を教師データとして用いる。(2018/9/19)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
革ジャンおじさんいわく「NVIDIAはソフトウェア企業です」
謎のAI半導体メーカーではないようです。(2018/9/18)

RTコア1個で性能はCPUの100倍:
“通常とは違う過程で登場”したGPU「Turing」は何が新しいのか
NVIDIAが2018年8月に発表した新世代GPUは、それまでのPascalや最新のVoltaにはない「Ray Tracing」専用ハードウェアを実装した。その意味と効果とは。(2018/9/18)

GPUの新時代を切り開く「Turing」アーキテクチャ徹底解説
NVIDIAの新しいGPUアーキテクチャ「Turing」はこれまでと何が違うのか。その詳細を解説。(2018/9/14)

Tesla T4 GPU、TensorRT 5、TensorRT推論サーバなどでデータセンターを構成:
NVIDIA、AI推論プラットフォーム「NVIDIA TensorRT Hyperscale Inference Platform」を発表
NVIDIAは、音声や動画、画像、レコメンデーションサービス向けに高度な推論アクセラレーションを実現するAIデータセンタープラットフォーム「NVIDIA TensorRT Hyperscale Inference Platform」を発表した。(2018/9/14)

自動運転技術:
ディープラーニングで最適なステアリング制御は実現するか、スバルの挑戦
SUBARU(スバル)は、NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」(2018年9月13〜14日)において、2024年以降の製品化を目指す開発中の自動運転システムについて紹介した。スバル 第一技術本部 自動運転PGMの主査で、開発に携わる小山哉氏が登壇した。(2018/9/14)

人工知能ニュース:
NVIDIAのフアンCEOが日本で初披露、組み込みAI向け新製品「NVIDIA AGX」
NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」の初日に行われた基調講演に、創業者兼CEOのジェンスン・フアン氏が登壇。組み込みAIを可能にする新たな製品ラインアップ「NVIDIA AGX」のローンチを発表するとともに、国内の製造業がAI開発プラットフォームとしてNVIDIAのGPUや開発プラットフォームを広く採用していることをアピールした。(2018/9/14)

Pascal世代から12倍の性能向上:
NVIDIA、Turing世代の「Tesla T4」を発表【内容追加】
NVIDIAは2018年9月13日、同社プライベートカンファレンス「GTC Japan 2018」(2018年9月13〜14日、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール)で、HPC(High Performance Computing)向けGPUボードの新製品となる「Tesla T4」を発表した。(2018/9/13)

数千億円規模の事業を目指す:
ヤマハ発動機、無人農業用車両をはじめとしたロボティクス事業でNVIDIAのチップ、ソフトウェアを採用
ヤマハ発動機は2018年09月13日、同社の戦略的事業分野であるロボティクス技術への取り組みに、NVIDIAのロボティクス/エッジコンピューティング向けコンピューティングモジュール「NVIDIA Jetson AGX Xavier」、およびロボティクスのシミュレーション/トレーニングを自動化する「NVIDIA ISAACロボティクスソフトウェア」を採用すると発表した。(2018/9/13)

人工知能ニュース:
ヤマハ発動機が「万能型の知能化プラットフォーム」を構築へ、NVIDIAと協業
ヤマハ発動機は、研究開発中の製品群の自動化や知能化に向けてNVIDIAと協業する。今後は、NVIDIAの組み込み機器向けGPUコンピューティングシステム「Jetson AGX Xavier」などを用いて、あらゆる製品に展開可能な「万能型の知能化プラットフォーム」を構築する方針だ。(2018/9/13)

設計者CAE推進、次の一歩:
PR:ANSYS「Discovery Live」をNVIDIAのGPU「Quadro P4000」で動かす
中小メーカーで日々、3D設計推進に奮闘する筆者が、最新のGPUコンピューティング環境で「ANSYS Discovery Live」を評価した。Discovery Liveはモデルに境界条件を設定して即、結果表示できる。形状修正もリアルタイムに結果表示即、反映可能だ。これは忙しい設計者にとってありがたい。しかも最新のGPU環境なら、Discovery Liveはもっともっと速くなる!(2018/9/12)

CADニュース:
Windows10への移行を支援して快適なVDI環境を提供、JBCCがNVIDIAと
JBCCがNVIDIAとパートナー契約を締結した。高いグラフィックス性能が必要となるWindows10への移行を検討する顧客に対して、ITインフラ環境を診断し、高速で快適なVDI環境を提供する。(2018/9/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「しばらくGTX 1080 Tiの天下かも」 GeForce RTX 2080 Tiと2080の予約スタート
NVIDIAの次世代ハイエンドGPU「GeForce RTX 2080 Ti」および「同2080」を搭載したグラフィックスカードの予約販売が一部のショップで始まっている。「Ryzen Threadripper 2950X」も店頭に並んだ。(2018/9/3)

NVIDIA GPUに最適化されたコンテナをAzureで実行:
「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」が「Microsoft Azure」をサポート
「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」のサポート対象プラットフォームに「Microsoft Azure」が加わった。NGCのコンテナレジストリで提供されるGPUアクセラレーテッドコンテナを、NVIDIA GPUを搭載するAzureの3つのインスタンスタイプで実行できるようになった。(2018/8/31)

機械学習で優れた性能を発揮:
「Google Cloud Platform」で「NVIDIA Tesla V100 GPU」の正式提供を開始
Googleは、「Google Cloud Platform」に含まれる「Compute Engine」「Kubernetes Engine」「Cloud Machine Learning Engine」「Cloud Dataproc」において、NVLinkをサポートする「NVIDIA Tesla V100 GPU」の正式提供を開始した。(2018/8/29)

NVIDIAが新アーキテクチャの「GeForce RTX」シリーズを発表 価格は499ドルから
NVIDIAがTuringアーキテクチャを採用する新GPU「GeForce RTX」シリーズを発表した。今回発表されたラインアップは3モデルで、価格は499ドル〜999ドル。(2018/8/21)

NVDIA、リアルタイムレイトレーシングサポートの「GEFORCE RTX 2080 Ti」を999ドルで発売へ
NVIDIAが、現行GTXシリーズより6倍以上の性能とする「RTX 20」シリーズのGPUカード3モデルを発表した。「Turing」アーキテクチャ採用で、最上位の「GEFORCE RTX 2080 Ti」は999ドルから。(2018/8/21)

NVIDIAが第8世代GPUアーキテクチャ「Turing」を発表 Pascal世代の6倍のスピードで現実世界をシミュレート
NVIDIAはレイトレーシング用の「RTコア」とAI用の「Tensorコア」を搭載する「NVIDIA Turing GPU」アーキテクチャを発表した。Turingベースの製品は2018年第4四半期出荷予定。(2018/8/16)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAの第8世代GPU「Turing」は、レイトレーシングとAI向けで2つのコアを採用
NVIDIAは、コンピュータグラフィックスのイベント「SIGGRAPH 2018」において、第8世代のGPUアーキテクチャ「Turing(チューリング)」と、Turingを搭載するプロ向けGPUボードの新製品「Quadro RTX 8000/6000/5000」を発表した。(2018/8/16)

日本でも60日以内に提供開始予定:
企業でAIをより簡単に活用――Dell EMC、「Dell EMC Ready Solutions for AI」をリリース
Dell EMCは、企業のAI活用を支援する新ソリューション「Dell EMC Ready Solutions for AI」を提供開始した。「Machine Learning with Hadoop」と「Deep Learning with NVIDIA」という2つのパッケージを用意している。(2018/8/10)

自動運転技術:
自家用車の自動運転は2025年以降? トヨタ奥地氏「NVIDIAでは厳しい」
トヨタ自動車 常務役員の奥地弘章氏が、2018年7月20日開催の「CDNLive Japan 2018」で「自動運転技術への取組み」と題する特別講演を行った。自動運転に関するトヨタ自動車の考えや実現へのキーテクノロジー、課題などが紹介された。(2018/8/8)

USB Type-Cのオルタネートモードを利用:
NVIDIA、Oculusなどの業界団体、次世代VR向けオープン接続規格「VirtualLink」を発表
NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、Microsoftが参加する業界団体が、次世代VR向けのオープンな接続規格「VirtualLink」を発表した。単一のUSBケーブルで接続できるという特徴がある。(2018/7/19)

USB Type-C×1本でVR HMDを接続 次世代規格「VirtualLink」発表
次世代VRヘッドセットをUSB Type-Cケーブル1本だけでPCなどに接続できる業界標準規格「VirtualLink」を、米NVIDIAとOculus、Valve、AMD、Microsoftが発表した。(2018/7/18)

NVIDIA、次世代VR HMD向けのオープンな新業界規格「VirtualLink」 USB Type-Cケーブル1本で接続が可能
NVIDIAが参画する業界コンソーシアムが、VRヘッドセット向けの業界規格「VirtualLink」の発表を行った。(2018/7/18)

「Magic Leap One」の開発者版はNVIDIAの「Tegra X2」搭載で今夏出荷
Magic Leapが、MRメガネ「Magic Leap One」の開発者版を今夏出荷すると発表した。NVIDIAの「Tegra X2」を搭載することも明らかにした。米国ではAT&Tが5Gネットワークを独占的に提供する。(2018/7/12)

自動運転技術:
ダイムラーの完全自動運転はNVIDIAの「DRIVE Pegasus」、バッテリーと一緒に水冷
NVIDIAとRobert Bosch(ボッシュ)、Daimler(ダイムラー)は、完全自動運転車と無人運転車に、NVIDIAのAI(人工知能)コンピュータ「DRIVE Pegasus」を採用する。(2018/7/11)

6コアCPUと外部GPUを搭載して税別10万円切り! ハイスペノートPC「m-Book K」レビュー
マウスコンピューターのm-book Kシリーズはコスパ抜群の高性能ノートPC。6コアCPUにNVIDIA GPU、15.6型液晶搭載で税別10万円以下から買えるのだから驚きだ。その実力はいかに!?(2018/7/3)

GPUアクセラレーテッドHPCおよびAIのデプロイのスピードアップを支援:
リリース当初と比べてコンテナ数が3倍以上に――NVIDIAが「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」で利用できるHPCコンテナを拡充
NVIDIAのGPU対応クラウドプラットフォーム「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」で利用できるディープラーニングやHPC、可視化といった分野のソフトウェアコンテナ数が、NGCのリリース当初と比べて3倍以上の35個に増えた。(2018/6/27)

NVIDIA:
GPUコンピューティングは通信業界でも重要な役割を果たす
NVIDIAが通信キャリア向けの事業展開について説明した。「GPUコンピューティングは、3G/4Gから5Gへの移行を始めている通信業界でも重要な役割を果たすことになるだろう」とする。(2018/6/26)

人工知能ニュース:
通信キャリアが求めるGPUコンピューティング「5Gでもサービス提供でも必要」
NVIDIAが同社の通信キャリア向けの事業展開について説明。同社のソーマ・ヴェラユサム氏は「GPUコンピューティングはさまざまな業界に革命を起こしているが、3G/4Gから5Gへの移行を始めている通信業界でも重要な役割を果たすことになるだろう」と強調する。(2018/6/18)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
IntelのAI向けプロセッサは、NVIDIAに追い付けるのか――電子版2018年6月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2018年6月号を発行致しました。今回のCover Storyは台湾の電子産業にスポットを当てたインタビュー「小さな国の賢い戦略、台湾の成功を行政トップに聞く」です。また、電子版限定記事として「IntelのAI向けプロセッサは、NVIDIAに追い付けるのか」を掲載しています。(2018/6/15)

NVIDIA、Oracle、Quboleなど紹介
人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(後編)
人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。後編ではNVIDIA、Oracle、Quboleなど、主要な7社を紹介する。(2018/6/11)

電子ブックレット:
自動運転技術の新たな競争を仕掛けたNVIDIA
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動運転車向けSoC「DRIVE PX Pegasus」の発表から浮かぶ、NVIDIA車載事業の狙いをみていきます。(2018/6/10)

NVIDIA、インテリロボット向けプラットフォーム「Isaac」のコンピュータ「Jetson Xavier」発表
NVIDIAがCOMPUTEX TAIPEI 2018で、ロボットの頭脳になる新コンピュータ「Jetson Xavier」と開発ソフトウェア「Isaac Robotics Software」を発表した。8月に1290ドル(約14万円)で提供を開始する計画だ。(2018/6/5)

AI・人工知能EXPO:
「日本はAIへの関心が世界的に見ても非常に高い」エヌビディア大崎氏
「第2回 AI・人工知能 EXPO」(2018年4月4〜6日、東京ビッグサイト)の基調講演で「NVIDIA(以下エヌビディア)のAI戦略と海外の最新動向」をテーマにエヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長大崎真孝氏がAI革命の最新動向を紹介した。(2018/6/1)

NVIDIAが過去最高の四半期売上高32億1000万ドル AIコンピューティング需要が追い風
NVIDIAは、2018年四半期の業績を発表。前年同期比66%増の32億1000万ドルの売り上げを達成した。(2018/5/17)

人工知能ニュース:
医療画像解析のAI活用は黎明期、今後は市場成長が急加速――エヌビディアのヘルスケア事業
エヌビディア本社よりヘルスケア事業バイスプレジデントのキンバリー・パウエル氏が来日し、同社が開発した医用画像診断のためのコンピューティングプラットフォームである「Project Clara」(Clara)について説明した。Claraは仮想GPU環境であり、「NVIDIA vGPU」の活用によるマルチユーザーアクセスが可能である。(2018/5/10)

CNN/RNNやフレームワーク概要まで:
NVIDIAが解説するディープラーニングの基礎(後編)
エヌビディアは2018年4月24日、ディープラーニングに関するセミナー「NVIDIA Deep Learning Seminar 2018」を東京都内で開催した。本稿では、セッション「これから始める人のためのディープラーニング基礎講座」から、各種ニューラルネットワークやその応用例、ディープラーニングフレームワークの概要について紹介する。(2018/5/9)

Google、5月のAndroidセキュリティ情報を公開 NVIDIAコンポーネントの脆弱性などを修正
端末メーカーなどのパートナーには、少なくとも1カ月前に通知済み。パートナー各社からユーザーの端末向けにパッチが配信される。(2018/5/8)

パイオニア 3D-LiDAR:
パイオニアの走行空間センサー、「NVIDIA DriveWorks」対応製品に
パイオニアは、同社が開発を進める走行空間センサー「3D-LiDAR」が、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キット「NVIDIA DriveWorks」の対応製品になったと発表した。(2018/5/1)

歴史から仕組み、学習まで:
NVIDIAが解説するディープラーニングの基礎(前編)
エヌビディアは2018年4月24日、ディープラーニングに関するセミナー「NVIDIA Deep Learning Seminar 2018」を東京都内で開催した。本稿では、セッション「これから始める人のためのディープラーニング基礎講座」から、ディープラーニングの歴史や概要、学習の流れについて紹介する。(2018/4/26)

NVIDIAのTegraプロセッサに脆弱性の情報、Nintendo Switchなどに影響
Nintendo Switchでこの脆弱性を実証するためのコンセプト実証コードも公開された。ユーザーが手持ちのデバイスの脆弱性を修正することは不可能とされる。(2018/4/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。