「運用」最新記事一覧

自然エネルギー:
固定価格買取制度の改正案が決まる、2017年度から価格決定方式を変更
政府は2月9日に「再エネ特措法」の改正案を閣議決定した。固定価格買取制度を規定した法律を改正して、2017年度から新しい運用方法へ移行する。最大の改正点は買取価格の決定方式を変更することだ。太陽光発電に入札方式を導入する一方、風力発電などは数年先の買取価格を事前に提示する。(2016/2/12)

太陽光:
発電量を20年間維持できるのか、ニーズ高まる太陽光発電の運用保守
固定買取価格制度(FIT)が始まってから、日本各地にメガソーラーの建設が相次いだ。これに伴い発電設備の安定的な運用の保守(O&M)に関するニーズが高まってきている。FITを利用すれば約20年にわたって発電を続けることになるからだ。サンテックパワージャパンこうした市場動向を受け2016年3月からメガソーラーのO&M事業を本格的に展開する。(2016/2/12)

ホワイトペーパー:
今すぐ始める「ITプロセス自動化」ガイド
企業のIT担当にとって、繰り返しの多いIT業務の効率化は、永遠の課題だ。定常的なIT業務のプロセスを自動化することで運用負荷から解放されよう。(2016/2/8)

特集:FinTech入門(4):
「スマホで手軽に資産運用」の時代は訪れるか――みずほ銀行がアジャイル開発で取り組む「ロボアドバイザー」の今後
2015年10月にスタートした「SMART FOLIO」(スマートフォリオ)は、みずほ銀行が運営する資産運用アドバイスのWebサービスだ。サービス内容としては「ロボアドバイザー」と呼ばれるジャンルになる。サービスの概要と、みずほフィナンシャルグループとして、ロボアドバイザーを提供する狙いについて担当者に聞いた。(2016/2/9)

オフィスのトイレ空き状況、スマホでリアルタイムに確認 「お腹虚弱体質」なエンジニアがIoT駆使して開発
お腹が痛くて会社のトイレに駆け込んだら個室が満室――そんな状況を救ってくれるかもしれないアプリが、リクルートグループのオフィスで運用されている。(2016/2/5)

ネットワークもシームレスな運用が可能に:
ミクシィが開発/本番の運用環境を改善、ジュニパーのスイッチを活用
ミクシィがジュニパーネットワークスのイーサネットスイッチ「QFX5100」を採用。迅速なアプリケーション開発とデプロイが可能になるネットワーク環境を構築した。(2016/2/3)

電力供給サービス:
東芝が“地産地消”で電力小売事業へ、東京電力より5%安く
東芝は2016年4月からの小売全面自由化に伴い、神奈川県で「電力の地産地消」を取り入れた電力小売事業を行っていく。グループ会社の東芝プラントシステムが県内で運用する太陽光発電設備から電力を調達し、神奈川県内の需要家に対して現在の東京電力の料金より安い価格で電力を販売するという。(2016/2/3)

「TSN」の標準化が進む:
産業用IoT向けイーサネットは次世代へ
産業機器分野においてIoT(モノのインターネット)を普及させる手段の1つとして、「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」と呼ばれる次世代規格の標準化が進んでいる。標準イーサネットの拡張版である同規格は、コストや相互運用性などの面でメリットを生み出す可能性がある。(2016/2/2)

PR:これでマイナンバー対策は万全! 「分業」「手書き不要」で担当者の負担をなくすソリューションとは?
2016年1月からスタートしたマイナンバー制度。企業のマイナンバー取扱担当者はガイドラインに準拠した方法できちんと管理、運用する必要があり、大きな負担がのしかかる……。そんなマイナンバー取扱担当者を助けてくれるソリューションを紹介する。(2016/2/2)

デル株式会社提供Webキャスト
ITインフラを“適材適所”で使い分ける、OpenStackソリューションのすすめ
ITサービスの迅速なリリースと運用効率性の向上のため、「OpenStack」を用いたプライベートクラウドに注目が集まる。ソフトウェアとハードウェア、ライフサイクル支援が一体化された、OpenStackソリューションについて解説する。(2016/1/29)

2016年秋ごろにPaaSで提供予定:
GMO、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドを開発
GMOインターネットはテックビューロと業務提携し、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドエンジンを共同開発する。運用コストを従来比2分の1未満に削減できる上、ダウンタイムも抑えられるとしている。(2016/2/1)

ホワイトペーパー:
データセンターの仮想化基盤運用をラクにする8つの方法
仮想化基盤の構築、運用で悩んでいる方は必見。これまでの仮想化基盤とはもう“サヨナラ”。複雑な仮想化基盤をシンプルにさせる仮想化基盤構築の“これから”を8つの方法で指南する。(2016/1/29)

既存ERPとの連係がやはり鍵に
真のペーパーレスを実現、e-文書法のスキャナー保存にどう対応するか?
規制緩和によって全ての契約書や領収書のスキャナー保存が可能になった。これまで紙に悩まされてきた経理現場のペーパーレス化が一気に進みそうだ。スムーズに運用するためのベストプラクティスを紹介しよう。(2016/1/27)

”国の重要産業をサイバー攻撃から守る”:
IPAの「サイバー情報共有イニシアティブ」に自動車関連業界が参加
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、サイバー攻撃に対する情報共有の枠組み「サイバー情報共有イニシアティブ」に、自動車業界SIGが正式に参加、運用を開始したと発表した。(2016/1/28)

楽天、日本のネットベンチャーを対象とした100億円のファンド組成
楽天傘下の投資ファンドが、日本のネットベンチャーへの投資を目的とした、運用資産額100億円のファンド運用をスタートした。(2016/1/28)

自動化がはかどる:
チャームストアと統合されたJuju GUI 2.0がリリース
カノニカルがUbuntu用の運用管理ツールJujuのGUI版「Juju GUI 2.0」をリリースした。(2016/1/26)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(3):
CentOS 7のネットワーク管理「NetworkManager」を極める
「CentOS 7」は以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更されたため、「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回はネットワーク管理の仕組み「NetworkManager」の基礎から運用方法まで分かりやすく解説します。(2016/1/27)

初めてでも分かる「IHE」講座【第6回】
検査機器が多い「眼科」ドメインでIHEが果たす役割とは
医療情報システムの効率のよい構築・運用のために必要な規格として標準化が進められている「Integrating the Healthcare Enterprise(IHE)」。今回は「眼科ドメイン」における日本IHE協会の取り組みを紹介する。(2016/1/28)

PR:「心臓に悪い」サーバ運用はもうやめたい! パブリッククラウドの悩みを解決 物理と仮想のいいとこどり「ベアメタルクラウド」って何?
(2016/1/26)

えっ、大学がモーニングコール!? IC学生証で講義出欠確認、保護者チェックに「過保護」の声も
大学生の講義をめぐる環境が変容している。保護者が出欠状況や成績を照会できるサイトを運用する大学や、学生に「モーニングコール」をする大学まで出てきた。(2016/1/25)

3D設計推進者の眼(6):
設計者教育と3D CAD
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は設計者教育と3D CADについて語る。(2016/1/25)

データベースクラウドに求められる3つの要件(2):
PR:統合データベース環境の運用効率化に「マルチテナント」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」は使えるか?
多数のデータベースを集約したプライベートクラウドの管理において、バックアップの運用をどうするかは悩ましい課題だ。データベースの数が多ければ当然、作業が煩雑になる他、作業ミスで重要なデータを失うリスクも高まる。Oracle Database 12cの「マルチテナントアーキテクチャ」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」ならば、この問題をスマートに解決できる。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/25)

ホワイトペーパー:
オープンソースの戦略的活用が金融サービスを変える
金融サービス機関は、オープンソースソフトウェアを戦略的に活用することで、効率化、技術革新を推し進めて市場優位に立つことができる。そのためには、セキュリティや運用上の課題の解決が急務となる。(2016/1/25)

「安定性」「アジリティ」「効率」のために
IT運用がうまくいかない時に読みたい10のヒント
データセンターの運用状況を改善して適切な管理ツールを特定するためには? 独立系の立場を取る専門家によるヒントとアドバイスを紹介する。(2016/1/25)

シスコ×ゾーホー エキスパート対談:
PR:Cisco NetFlowが、ネットワーク運用の武器として再び注目される理由
シスコが推進してきたフロー可視化技術のNetFlowが、この2、3年新たな注目を浴びるようになってきたという。それはなぜなのか。シスコシステムズとゾーホーのエンジニアたちが、NetFlowの真髄を語る。(2016/1/25)

教育機関iPad活用お悩み相談【後編】
小学生には「iPad Pro」より「iPad mini」? iPad導入のプロが教える選定のコツ
iPad導入を決断した教育機関は、多様な機種やモデルの中から何をどう選べばよいのか。運用時のノウハウとは。iPad4000台の納入実績を持つスペシャリストに聞く。(2016/1/25)

「サイレント障害」も見逃さないUX向上策
「遅いWebサイト」「使えないモバイルアプリ」を生まない運用管理の新機軸とは?
Webサイトやモバイルアプリに潜む不具合を放置すれば、ユーザーの離反を招きかねない。だがインフラの複雑さもあり、障害やトラブルの特定は困難を極める。解決策はあるのか。(2016/1/20)

ハイパーバイザーとアプリケーションコンテナの「いいところ取り」?:
DockerがUnikernel Systemsを買収、コンテナを越えた運用効率化に道
DockerがUnikernel Systemsを買収しました。ハイパーバイザーとアプリケーションコンテナの「いいところ取り」が実現するかもしれません。(2016/1/22)

産業用ロボット:
産業用ロボットのIoT化を加速させるファナック、シスコと協業し非稼働時間ゼロに
ファナックとシスコシステムズは、産業用ロボットをネットワークに接続し、効率的な運用を推進できるように協業することを発表した。既に米国でパイロットプロジェクトを進行しており、期間中の産業用ロボットのダウンタイムをほぼゼロにすることに成功したという。(2016/1/22)

これを使わないのは損失大
「GitHub」でデータセンター運用を自動化、その活用例は?
「GitHub」はソフトウェア開発者に向けた共同作業のための総合ユーティリティだが、データセンター管理者にとっても、自動化スクリプトの作成やオープンソースコラボレーションに役立つ。(2016/1/22)

運用自動化、データ活用の本格化で市場は拡大:
国内ストレージソフトウェア市場は2019年に1000億円を突破――IDCジャパン予測
IDCジャパンが2015〜2019年のストレージソフトウェア市場の予測を発表。ユーザー企業の運用自動化推進やデータ活用の本格化が、ストレージソフトウェア市場を拡大させるとしている。(2016/1/21)

IT+コンサル力が決め手
クラウドだからできる“企業納得のテレワーク環境”、実現の鍵は?
仮想デスクトップなどテレワークを可能にするソリューションは多いがコストや運用の負荷などIT担当者にとって気になる点も多い。ワークスタイル変革に伴う人事や管理の制度変更も簡単ではない。解決策はあるのか。(2016/1/21)

積極的になれないホスティング事業への追加投資
ISPにとってホスティングは“負の遺産”!?  最小コストでテコ入れする方法とは
ホスティングサービスを提供するISPにとって、サービス継続への投資や運用が重荷になりつつある。ホスティング事業の中身を外部に委託することで、既存顧客はそのままに、運用負荷とコストを削減することが可能だ。(2016/1/21)

電力供給サービス:
宝塚歌劇をCO2ゼロで、「J−クレジット制度」を活用
阪急電鉄と大阪ガスは、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J−クレジット制度」を活用した、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出される全てのCO2をカーボン・オフセットする。両社でこのような取り組みを実施するのは、2014年度に続き2回目。(2016/1/20)

IoT機器で暗号通信認証が高速動作する新技術、富士通ら開発
富士通研究所らが暗号通信方式「TLS」の認証処理時間を約1/5に短縮する技術を開発した。処理能力の限られるIoTゲートウェイなどでもPCと同レベルの暗号通信を実用的に運用できる。(2016/1/19)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
ギャンブル化した年金運用 それでも破綻しない年金の仕組みとは?
今回のテーマは「年金」。日本の年金は破綻しない仕組みにはなっているようですが……。(2016/1/18)

スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違い
iPad ProとSurface Pro 4を比較、熱心な“信者”でも嫉妬したそれぞれの機能は?
米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。(2016/1/16)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(40):
実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]
Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では、Nano Serverのデプロイ方法とサポートする機能が大幅に改善、強化されました。前回に引き続き、Nano Serverの主要な新機能をスクリーンショットで紹介します。(2016/1/14)

【連載】“失敗”から学ぶマーケティングオートメーション活用術 第1回:
マーケティングオートメーション、導入成功事例で語られない「苦い経験」
マーケティングオートメーションを入れさえすれば全てがうまく回り出す……わけがない。成功物語では語られない導入・運用の本当の勘所を紹介する。(2016/1/19)

トポロジカル振る舞い分析と独自技術で問題を分析:
VMware環境向けパフォーマンス分析ツールにサイオスの機械学習技術を採用――トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、VMware環境でのパフォーマンス問題の原因分析に向けて、サイオステクノロジーの機械学習技術を導入したIT運用分析ソフト「SIOS iQ」を採用した。(2016/1/13)

特集:クラウド/OSS時代の「業務を止めない」運用ノウハウ(1):
「複雑な混在環境を使いこなす」クラウド/OSS時代の運用管理、4つの視点
近年の「先が見えない」市場環境の中、ビジネス要請へのスピーディな対応が求められるシステム運用管理にも新しいアプローチが求められている。本特集『クラウド/OSS時代の「業務を止めない」運用ノウハウ』では、そのアプローチを一つ一つ掘り下げていく。(2016/1/13)

運用自動化機能の強化、オートスケール対応なども:
日立がJP1の最新版を発売。SaaS版の提供やパブリッククラウド対応強化も
日立製作所は、統合システム運用管理ソフトの最新版「JP1 Version 11」の販売を開始する。システム障害発生時の原因究明に向けた新製品をラインアップに追加するとともに、ジョブ管理など各種製品の機能を強化した。(2016/1/12)

【連載】熊坂仁美の「Instagramをビジネスに活用するヒント」 第5回:
企業のInstagram運用、“刺さる投稿”をツールで可視化する
何を投稿すればたくさんの「いいね!」がもらえるのか。ハッシュタグや写真のフィルターは何が好まれるのか。客観的なデータで分析してみましょう。(2016/1/12)

教育機関iPad活用お悩み相談【前編】
iPad導入校が悩む「5大トラブル」とは? 学校導入4000台のプロが明かす
私立中学・高校を中心に広がるiPad導入。管理・運用において気を付けるべきポイントとは何か。iPad4000台の納入実績を持つスペシャリストに聞く。(2016/1/12)

読みたい本、図書館のどこにある? 探せるアプリの運用が鯖江市図書館で開始
探している本の場所と自分の現在地が分かります。(2016/1/7)

OpenDaylightを採用した3階層で構成:
富士通がOpenDaylightを採用したSDN製品を展開
富士通は、通信サービスプロバイダーに向けた広域仮想ネットワーク運用制御・管理ソフトウェア「FUJITSU Network Virtuora NC V03」の販売を開始した。OpenDaylightを採用し、標準的な各種インタフェースに対応する。(2016/1/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(39):
実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[前編]
Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では、Nano Serverのデプロイ方法とサポートする機能が大幅に改善、強化されました。本連載第36回でも簡単に触れましたが、主要な新機能を2回に分けて、スクリーンショットで紹介します。(2016/1/6)

実践 Splunk道場:
第4回:見える化の極意、IT運用におけるマシンデータ活用
これまでSplunkの使い方やセキュリティ用途での特徴に触れてきましたが、今回はマシンデータのいわば“本流”ともいえるIT運用での活用を解説します。(2016/1/6)

新境地を開くデータセンター管理
データセンター管理者が知るべき、成功するための6つのステップ
データセンターの管理には、メインフレーム運用といった専門技術から、チーム内を効率的に動かすスキルまで幅広く必要だ。そんな中、成功するにはどうすればいいのだろうか。(2016/1/5)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】
“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?
無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。(2016/1/5)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。