「運用」最新記事一覧

「FileMaker」ベースの電子カルテ
相武台脳神経外科が構築した電子カルテ 「開発しながら運用」がもたらす満足度とは
相武台脳神経外科は2014年に、開院当初に利用していた電子カルテから、新しいシステムとして「FileMaker」ベースの電子カルテ「ANNYYS_Developer版」へ移行した。その選定理由とは。クリニック院長に聞いた。(2017/6/20)

特許庁、不備ある「商標大量出願」に対策 審査運用を一部見直し
一部の出願人が「出願手数料の支払いがない商標登録出願」を大量に行っているという。(2017/6/22)

スマートハウス:
東京電力がIoT住宅の“プラットフォーマー”へ、ソニー発AIベンチャーの技術がカギに
東京電力がIoTを活用した住宅向けエネルギーマネジメントサービスの開発に向けて、大和リビングマネジメントと共同で実証実験を開始する。ソニー発のベンチャー企業であるインフォメティスとも提携し、同社が持つ「機器分離推定技術」で電力の使用状況に応じて家電製品を自動制御し、エネルギーを効率運用できるサービスの開発を目指す方針だ。(2017/6/22)

米国の95%以上の世帯にリーチ可能:
Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる「Adobe Advertising Cloud TV」を発表した。(2017/6/22)

特許庁が商標出願の審査開始までの運用を一部変更 “一部の出願人”対策
一部の出願人が出願手数料のない商標登録出願を大量に行っていることへの対策。(2017/6/21)

AWS Summit Tokyo 2017:
AWSへの移行開始から3年半、ソニー銀行の「節約大作戦」があらためて教えてくれること
ソニー銀行の福嶋達也氏が、3年半にわたる同社社内システムのAmazon Web Servicesへの移行について、あらためて説明した。そのポイントは、IT運用の考え方をこれまでとは大きく変え、パブリッククラウドの特性を生かすことで、コスト効率をはじめとするメリットを得ようとしていることにある。(2017/6/21)

KPI保証サービスも:
電話によるコンバージョンも含めて出稿キーワード最適化、ピアラがリスティング広告少額運用プランを提供
ピアラは、リスティング広告を少額予算で出稿する企業向けに、電話による効果測定も可能な少額運用プランをリリースする。(2017/6/21)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンホスティングの「m.to」が正式運用開始、有料オプションも追加
広告手法の問題点を改善、利便性の高い新機能も追加されている。(2017/6/20)

エネルギー管理:
東電が火力発電の運用保守ノウハウを外販、新たな収益源の確保へ
東京電力フュエル&パワーは火力発電所などの運用保守のノウハウを外販する。アジア新興国などに対するO&Mサービスの展開を進め、新たな収益(2017/6/20)

独自のロジックでターゲティングを自動化:
広告の訴求軸やコンテンツに合わせてターゲットを無限に拡張、アドウェイズが新たな広告配信システムを提供
アドウェイズは、運用型広告総合支援プラットフォーム「STROBELIGHTS」において、独自のロジックを活用し、ターゲティングを自動で拡張させていく配信システムの運用を開始した。(2017/6/20)

サーバ保守部隊は生まれ変われるか? PoC内製化を目指す旭硝子の挑戦
われわれはバージョンアップ部隊ではなく、業務改革の担い手だ」――。そんな思いから、2015年にAWSへの移行に踏み切ったAGC旭硝子。サーバの保守運用から解放された同社の情シスはどうしているのか。(2017/6/16)

コンテナ化、サーバレス化、自動化を徹底
「サービス全断は絶対ダメ」、可用性第一で考えたテレビ会議のAWS移行
リコーがオンプレミスで運用していた自社製品のテレビ会議システムのインフラをAWSへ移行。可用性向上に徹底的に取り組み、サーバレス化などのクラウド特性を存分に活用した他、インフラ構築の自動化も取り入れた。(2017/6/15)

ITRが調査:
統合型マーケティング支援ツール、選定のポイントは「運用コスト」
アイ・ティ・アール(ITR)は従業員数100人以上でマーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業などを対象に、それらの製品に関するユーザー動向調査を実施した。(2017/6/14)

CAEニュース:
CCNV、汎用流体ソルバーHELYXのSaas版がAzureで利用可能に
ヴァイナスのハイブリッドクラウド運用支援システムの最新版「CCNV Basic Plus V2.6」では、クラウドコンピューティングプラットフォームである「Microsoft Azure」でSaas版の汎用流体ソルバー「HELYX on Cloud」が利用できる。HELYXの試用やライセンス費用の節約などに有効だ。(2017/6/13)

医療機器ニュース:
ハイブリッド手術室を救急災害医療に応用、シーメンスヘルスケアと東京曳舟病院
伯鳳会グループとシーメンスヘルスケアは、救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを締結した。救急災害医療のための「ハイブリッドER」を東京曳舟病院にて展開・運用する。(2017/6/13)

CAEニュース:
クラウド型スパコンサービスを発表、無料トライアルユーザーを募集
フリービットは、クラウド型スーパーコンピューティングサービス「freebit cloud HANABI」を発表した。「Microsoft Azure」向けのクラウドスパコン自動構築運用サービスで、提供開始に先立ち、無料トライアルユーザーを募集している。(2017/6/12)

エネルギー管理:
O&M事業支援、「駆け付け」「定期点検」を新たに追加
NTTスマイルエナジーは、太陽光発電システムの販売会社向けO&M(運用保守)事業の支援サービスに、2017年6月1日から「駆けつけアラカルト」「定期点検アラカルト」を新たに追加した。(2017/6/9)

キヤノンMJがSMPを販売:
シャノンとキヤノンマーケティングジャパン、デジタルマーケティング分野で販売提携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」(以下、SMP)の販売ならびに導入運用支援において、キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)との販売提携に合意したと発表した。(2017/6/8)

電力供給:
送配電部門の連携で運用を効率化、電力会社3者が協議へ
中部電力と北陸電力、関西電力の送配電部門は、送配電設備が混在している地域の設備形成の最適化、電力需給調整や電力系統の運用面などで相互連携による一層の効率化に向けた検討を行う。(2017/6/8)

セルフサービス型インフラ、AIで変わる仕事
攻めのIT運用自動化が進展、運用担当者の今後の役割は?
管理・監視ツールが自分の代わりに考えてくれて、セルフサービスITインフラが、ボタンを押すだけでデプロイされる環境の中で、IT運用担当者は何をすべきだろうか。(2017/6/8)

AIによるハッシュタグレコメンドも:
ホットリンク、ソーシャルメディア運用支援サービス「BuzzSpreader」を提供
ホットリンクは、ソーシャルメディア運用支援サービス「BuzzSpreader(バズスプレッダー)」をリリースすると発表した。第一弾として、Instagramの運用支援に対応する。(2017/6/7)

ベイジ代表がナイルのUX戦略顧問に:
ナイルがWeb制作のベイジと業務提携
ナイルは、Webサイト制作のベイジと業務提携したと発表した。Web制作やリニューアルを検討する企業に対し、運用成果を高めるためのWeb制作やコンサルティングサービスを共同で提供する。(2017/6/6)

膨大なシステムアラート、対応すべきはたった3%だった IIJの運用管理を激変させた“効率化のワザ”
オンプレミスからクラウドサービスまでハイブリッドシステム環境の運用を担当するIT部門の現場。複雑化する一方の運用管理をラクにする方法はあるのか。(2017/6/6)

メルカリ、商品代金をまとめて後払いする「月イチ払い」導入 限度額2万円で試験運用
購入するたびに支払うコンビニ払いの手間を減らす狙い。(2017/6/5)

翌月にまとめて支払い「メルカリ月イチ払い」試験運用スタート 上限2万円
各月の購入代金を翌月にまとめて支払える「メルカリ月イチ払い」の試験運用が始まった。(2017/6/5)

横河電機 ADMAG Total Insight:
製品ライフサイクル全般にわたり運用コスト低減に貢献する電磁流量計
横河電機は、電磁流量計の新シリーズ「ADMAG Total Insight」を発売。ラインアップは、口径500mm以下の「ADMAG AXG」と同25〜1800mmの「ADMAG AXW」の2種をそろえた。(2017/6/5)

データベース移行テストはOracle RATで効率化:
PR:村田製作所がSCMのデータベース基盤を汎用機からOracle Exadataに移行 バッチ処理性能が大幅に改善
村田製作所は、汎用機で運用していたSCMのデータベース基盤を「Oracle Exadata」に移行。事業拡大に伴い、窮迫していた夜間バッチ処理の性能を大幅に改善するとともに、データベースの安定稼働を実現した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/6/12)

ゾーホージャパン、ウォッチガードとの協業で展開:
「効果を出すCSIRT運用」のためのソリューション、ネットブレインズがリリース
ネットブレインズが、組織内CSIRTの運用管理を支援するインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」の販売を開始。Zoho「ServiceDesk Plus」とWatchGuardのセキュリティアプライアンスを組み合わせて提供する。(2017/6/2)

エネルギー管理:
クルマの電池で再生可能エネルギーを吸収、トヨタなど4社がVPP構築
需要家側のエネルギーリソースを統合制御して、1つの発電所のように運用する「バーチャルパワープラント(VPP)」。トヨタ自動車と中部電力などの4社は、愛知県豊田市と共同でVPPの構築実証に取り組む。目指すのは市内にある再生可能エネルギーの地産地消だ。(2017/6/2)

PR:サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストは人的コスト含め試算できる――ITの経済性評価が行える無料サービスとは
企業がサーバ導入/買い換え時にシステム全体の運用管理や保守にかかるコストを算出しようとしても、結局「分からない」とあきらめがちだ。しかし、本当にそうなのだろうか。多種多様な構成のシステムを手掛けてきた日本IBMは、サーバ導入/買い換え時に「ITの経済性評価」を支援する「Eagle TCO Study」を基本的には無料で提供している。どのように人的コストまで含めたトータルコストを試算しているのか、担当者に聞いた。(2017/6/2)

日本経済新聞社が「AWS Lambda」採用 日経IDのAPI基盤をサーバレス運用へ
日本経済新聞社は、日経グループのWeb会員サービス「日経ID」のAPI基盤を「AWS Lambda」で刷新。サーバレスで運用コストを削減しながら、開発や運用効率の向上を図る。(2017/6/1)

勝手にサービスが復旧してくれる:
PR:インフォバーンの情シスがAWSの監視を気にせず安眠できるようになった理由
Webサーバを安定運用するには監視が必要だが、監視ツールを利用した場合、通知はされるがその後の対応は運営側がやる必要がある。通知で深夜にたたき起こされ、業務に当たった経験のあるインフラエンジニアは多いはずだ。ところが、インフォバーンの情シス担当は、そんなことは気にせず安眠を手に入れたという。その秘訣を聞いた。(2017/6/1)

DBA必読! 開発/運用管理がもっと楽になる:
PR:12c R2の「現場で役立つ」新機能は? コーソルのエキスパートのお勧めはコレ!
先頃、オンプレミス向けの提供が開始された「Oracle Database 12c R2」。待望の新版では多くの機能強化が図られているが、現場のベテランエンジニアはどこに注目しているのだろうか? コーソルの新人エンジニアが同社のエキスパートに聞いた。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2017/6/1)

岡涼介と Shall we dance?:
DevOps導入で知っておきたい最大の障壁とは?
開発担当者と運用担当者が連携しながら開発する「DevOps」について、アジャイル開発と組み合わせる相乗効果や、DevOps導入の障壁について考えてみます。(2017/5/31)

3D設計推進者の眼(21):
フロントローディングすると工数が増える現実――抵抗勢力と現場の勘違い
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、推進者を悩ます人たちの裏に潜む問題について考えていきます。(2017/5/30)

「情シス不要論」の真意――開発・運用の新たな役割が「具体的に分かる」記事5選
デジタルトランスフォーメーションの進展も手伝い、「ビジネスへの寄与」が強く求められている情報システム部門だが、「ビジネスに寄与する」とは具体的に何をすることなのか?(2017/5/29)

エネルギー管理:
ノウハウの蓄積で勝負する低圧太陽光向けO&Mサービス
ミライト・テクノロジーズは2017年5月25日、電流センサーから取得した発電データを活用した中小規模向け「低圧太陽光発電設備O&M(運用保守)サービス」の提供を開始した。(2017/5/29)

製造ITニュース:
現場のコミュニケーションを支援するIoTソリューション
富士通は、現場でのコミュニケーションの活性化を支援する「FUJITSU IoT Solution Smart Communication」の提供を開始すると発表した。必要となるスマートフォン端末の準備から、初期導入/運用支援/保守サポートまで一貫して提供する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
拡張性とコストをどう評価する? 新たなビジネスを生むストレージの条件
データ活用の基盤となるストレージの確保は、近年の企業が抱える大きな課題の1つだ。そこで、将来の拡張性まで見据えたストレージ基盤として、シームレスな拡張とシンプルな運用が可能なオールフラッシュストレージが注目されている。(2017/5/26)

「クラウドサービスで利用可能」な映像解析とは?
動線解析における「エッジ処理&IoT技術」のメリット
映像を活用した業務改善や事業活性化にクラウドを利用するには、通信帯域や運用上の課題も多い。これらの問題を独自技術とサービスの組み合わせで解決する方法を紹介する。(2017/5/26)

ブレインパッドに聞くGCP活用のコツ
「Google Cloud Platform」へ移行した企業に、使って分かった魅力を聞いた
オンプレミス環境で運用していた自社開発のシステム環境を「Google Cloud Platform」(GCP)へ移行した企業がある。クラウド移行やGCPを選択した理由について担当者に聞いた。(2017/5/25)

FAニュース:
製品ライフサイクルで運用コストを低減する電磁流量計
横河電機は、電磁流量計の新シリーズ「ADMAG Total Insight」を開発した。導入コストの最適化、保守コストの削減、機器の最大活用などにより、製品ライフサイクル全般にわたって運用コストを低減する。(2017/5/24)

PR:改正FIT法に完全対応、低価格で充実のO&Mサービス「まもるーぷ」
2017年4月から施行された改正FIT法で、太陽光発電の運用保守が義務化された。それに伴いLooopは太陽光発電の運用保守サービス「まもるーぷ」のサービス内容を刷新。従来より価格を抑えながら、充実のトータルソリューションを提供する。(2017/5/24)

PR:改正FIT法で激変、これからの太陽光発電事業で押さえるべきポイントとは
2017年4月から施行された改正FIT法で、太陽光発電事業は大きな転換期を迎えている。全ての発電所を対象に詳細な事業計画の策定や、運用保守が義務付けられた。改正FIT法への対応とともに、売電ロスを減らし、長期的に安定かつ安全に事業を運営していくためにはどういった点に注意する必要があるのだろうか。太陽光発電事業に詳しいLooopにポイントを聞いた。(2017/5/24)

改正FIT法おまかせプラン:
改正FIT法への対応を丸ごとおまかせ、価格は「業界最低水準」の新サービス
エクソルは太陽光発電事業者向けに、運用保守をはじめとする改正FIT法への対応を丸ごとサポートする「改正FIT法おまかせプラン」の提供を開始した。住宅プランで年平均7200円、低圧プランで年平均2万6500円、高圧プランで年平均100万円で提供する。(2017/5/24)

法制度・規制:
排出取引制度、埼玉県が目標を大幅に上回る成果
埼玉県は2011年度から運用を始めている目標設定型排出量取引制度について、第1計画期間(2011〜2014年度)における成果を発表した。目標を大幅に上回る22%削減を実現したという。(2017/5/22)

ホンダ、燃料電池車をタクシーに 走行データを収集、新型車開発に生かす
ホンダが、燃料電池自動車「クラリティ・フューエル・セル」をタクシー会社に貸し出し。運用時の走行データを、新型FCVの開発に生かす。(2017/5/18)

ドローンで携帯電話の電波を“中継”、ドコモが成功 災害時に活用
今後は、2017度下期をめどに地上の電源とドローンを接続した実験を行い、連続24時間の運用を目指す。(2017/5/18)

省エネビル:
太陽光で建物のエネルギー収支がプラスに、竹中のZEB化改修で成果
竹中工務店は千葉市にあるZEB改修を行った自社のオフィスビルの運用成果を報告した。さまざまな省エネ設備・技術の導入により一次エネルギー消費量を約70%削減。さらに1年間にわたって運用を行った結果、太陽光発電による創エネ量が消費量を上回り、年間のエネルギー収支でプラスを達成することができたという。(2017/5/18)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第3回:
「追っても意味のない指標」を見極めるPDCA自体の中間評価──「@nifty不動産」の場合
現場で実際に施策を回す企業のWeb担当者はどのようなKPIを設定してPDCAを運用しているのか。今回は「@nifty不動産」にお話を聞きました。(2017/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。