運用 に関する記事 運用 に関する質問

「運用」最新記事一覧

成功報酬は10%――BookLiveが「TGアフィリエイト」と連携
BookLiveの電子書店「BookLive!」がTGアフィリエイト」と連携。運用開始を記念し、100円〜500円の報酬がもらえるオープニングキャンペーンも行う。(2014/4/17)

ロボット関連ニュース:
ASIMOの技術を継承するパーソナルモビリティー「UNI-CUBβ」、未来館で運用開始
ホンダと日本科学未来館が共同研究を進めてきた小型パーソナルモビリティー「UNI-CUBβ(ユニカブ ベータ)」が、2014年4月18日に運用を開始する。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(1):
PR:自社の仮想化基盤をクラウド流に管理する
「System Center 2012 R2」は、8つのコンポーネントから構成される1つの製品です。各コンポーネントが提供する豊富な機能は相互に連携しながら、企業のIT環境の運用管理を改善、効率化し、ITサービスの品質を高めます。例えば、既に多くの企業が導入している仮想化基盤の運用管理は、System Centerに組み込まれたクラウドの技術でもっと楽にすることができます。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(2):
PR:少人数のITスタッフで効率の良い運用管理を行うには
企業のIT基盤がオンプレミスの閉じた環境に収まらず、パブリッククラウドにまで広がろうとしている中、システム全体を把握し、それらをいかに効率良く管理できるかが、IT部門の課題となっています。「System Center 2012 R2」なら、IT環境の全階層を網羅的に監視し、運用管理タスクの自動化を促進することができます。(2014/4/16)

広告運用をサポート:
マインドフリー、Facebook広告の効果的な運用を支援する「ADHub(アドハブ)」の提供を開始
マインドフリーは4月14日、Facebook広告運用支援ツール「ADHub(アドハブ)」の提供を始めると発表した。今年4月より広告会社を中心に提供を始め、今年度中に100アカウント導入を目指す。(2014/4/15)

オリックスが海外M&A強化、収益の牽引役 中南米や中東などで検討
投資額は1件当たり最大1000億円規模で、資産運用会社や投資銀行、再生可能エネルギーなどの事業会社を想定。積極投資で海外の業容を広げ、収益拡大を牽引(けんいん)する。(2014/4/15)

影響度を可視化:
スパイスボックス、マクロミルと共同で動画マーケティング総合支援サービス「Tube+」を開始
スパイスボックスは4月14日、マクロミルと共同で動画マーケティング領域におけるKPI策定から運用、動画コンテンツの企画/制作、効果分析までを一括で提供する動画マーケティング総合支援サービス「Tube+(チューブプラス)」の提供を開始することを発表した。(2014/4/14)

PR:太陽光発電所の芽をつぶさない、SBエナジーの取り組みとは
固定価格制度(FIT)の運用が始まってから3年目を迎え、数多くの太陽光発電所が運転を開始している。その一方、計画半ばにして建設に至っていない案件も多い。経済産業省はこのような案件を取り除く運用を開始した。タイムリミットは2014年8月末。ソフトバンクグループで発電事業に取り組むSBエナジーは、このような案件に手を差し伸べる取り組みを開始した。(2014/4/14)

基礎から分かるActive Directory再入門(1):
Active Directoryはなぜ必要なのか
本連載では「Active Directoryとは?」「なぜ、Active Directoryを使う必要があるのか?」などをあらためて考察し、より効果的に運用するための方法を探っていく。(2014/4/11)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第1回 Webサイトリニューアルに「発注力」が大切な理由――そもそも自分たちは“何”を発注するつもりなのか?
ソーシャルメディアも用いながらWebをもっと活用したい。しかし予算も人手も少ない! といった中小企業のマーケティング担当者のための発注力/運用力を高めるコラムを毎回お届けします。第1回のテーマは「発注力」の重要性。あなたは自社のWebサイトで何をしたいと考えているのでしょうか?(2014/4/10)

選択肢が広がるクラウド、IBMは顧客のデータセンターにクラウドを出前?
基幹システム向けの運用サービスが付いた「マネージドクラウドサービス」が自社のデータセンターで実現できる ── ビジネスの成長エンジンとしてクラウドへの期待が高まる中、自社サイトからデータを出したくない顧客のニーズにこたえるため、IBMはクラウドサービスを顧客のデータセンターに持ち込むサービスを開始した。(2014/4/9)

Facebook活用マーケティング:
SBIマーケティング、タイムカレントと提携、「Facebook一括運用サービス」を開始
SBIマーケティングはタイムカレントと提携し、「Facebook一括運用サービス」を始めた。希望する企業に対して、Facebookを活用したマーケティング展開のトータルサポートをする。(2014/4/9)

環境変化を商機に:
マリンソフトウェア、ビジネス環境の変化要因データを統合型広告運用に取り込む
マリンソフトウェアは、多種類のコンテキストデータを同社の統合型広告運用プラットフォームに取り入れることを可能にしたと発表した。ビジネスに影響する環境の変化要因コンテンツをデータとして取り込むことで、デジタルマーケティングを高度に最適化できる。(2014/4/9)

製造ITニュース:
インフォセンスとインフォアが物流管理ソリューションで協業強化
インフォセンスは導入コンサルティングだけではなく、ライセンス販売からシステム構築、運用、保守など、物流管理ソリューション「Infor Supply Chain Execution(SCE)」に関わる全てを同社主体で提供。インフォアはInfor SCE導入に関する技術支援および販売支援を担当する。(2014/4/9)

プライベートクラウドをめぐる誤解(3):
プライベートクラウドの運用管理は誤解されている
プライベートクラウドの運用管理というと、各組織の状況を考慮せずに、1つのやり方を押し付けるような言い方がよく見られる。今回は、これまでのIT利用体制に応じ、プライベートクラウドの運用管理における力点が変わるべきだという点をお伝えする。(2014/4/8)

ひろゆきが検証するバックアップの最適解:
PR:導入はお手軽? 重複排除はどれだけ効くの? バックアップアプライアンスを現役情シスマンが試してみた
バックアップ環境の導入や運用は大変だが、シマンテックではこうした課題を解決すべくオールインワンアプライアンスの「Backup Exec 3600」を提供する。アイティメディアの現役情シスマン・ひろゆきが、アプライアンスでの導入・構築の手軽さと、データ重複排除機能の効果を実際に検証した。(2014/4/8)

「.tokyo」運用開始 都道府県ドメイン初 「東京の魅力を世界に」
全国の都道府県で初となる地理的名称トップレベルドメイン(gTLD)「.tokyo」の運用が始まった。(2014/4/7)

導入事例:
「iPadでゲームするのも自由」――大阪の物流企業を変えたタブレット活用術とは?
iPadにゲームアプリを入れてもいいし、自宅に持って帰ってもいい――そんな自由な運用ポリシーでタブレット導入の成果を上げている企業が大阪にある。その取り組みを取材した。(2014/4/4)

Microsoft Azureスマート解説
ソチオリンピック公式Webサイトの開発・運用基盤採用、日本のデータセンター開設と、「Microsoft Azure」を活用したビジネスが世界的に注目されている。本連載では全7回にわたって、Microsoft Azureの主要サービス機能、使い方、利用例などを解説する。(2014/4/4)

今さら聞けないfluentd〜クラウド時代のログ管理入門(3):
fluentdの効果的な活用例と安定運用のポイント
効率良く、意味のあるログ管理を実現するツールとして注目されている「fluentd」。最終回では、実際の利用シーンを想定し、より効果的なfluentdの利用法を紹介します。(2014/4/3)

リモートアクセス環境に最適なのはどっち?
意外に知られていないVPNアウトソーシング選びの基本
さまざまな場所や端末から社内リソースにリモートアクセスするケースが増えている。その際に欠かせないのがVPNであるが、導入や運用には難しさがある。その問題を解決するのが、VPNのアウトソーシングである。(2014/4/4)

オールインワンのUTMを本格展開:
パートナープログラム拡充を目指す、ソフォス2015年度事業戦略発表
ソフォスは2015年度の日本市場戦略を発表。運用負荷のないシンプルなセキュリティを中小規模の企業に提供するため、パートナープログラムを拡充し、UTMアプライアンス/クラウドセキュリティ製品を展開する(2014/4/3)

PLMニュース:
図研、「DS-2」「DS-2 Expresso」の導入・運用を支援するサービスを拡充
電子機器向け設計情報管理システム「DS-2」「DS-2 Expresso」の導入・運用に伴う業務のアウトソーシングニーズが中堅企業の間で強かったことから、支援サービスが拡充された。(2014/3/31)

法制度・規制:
太陽光発電の認定は6カ月で失効、4月1日から運用ルールが変わる
経済産業省は固定価格買取制度の運用ルールを2014年4月1日から変更する。太陽光発電設備で出力が50kW以上の場合に限って、認定後6カ月以内に土地と設備を確保できなければ権利が失効することになった。建設コストの低下を見込んで工事を意図的に遅らせる事業者を排除する狙いだ。(2014/3/31)

データ量の増大や物理/仮想化混在で複雑化する環境の最適な保護とは?
数十Tバイト級のバックアップ環境を1台で構築 手間いらずの大規模システム向けアプライアンス
データセンター事業者や大企業が運用する大規模システムでは、データ増大や仮想化、事業継続などに対応するバックアップ環境の構築・運用が課題となっている。その解決策として、アプライアンスが注目を集めている。(2014/3/31)

スペシャルインタビュー:
成果を上げているマーケターは数字にうるさい
統合型広告運用プラットフォームを提供するマリンソフトウェアは3月27日、デジタルマーケティングに携わる担当者206名を対象にした「デジタルマーケティングに関する調査」の結果を発表した。この調査は、「成果を上げている/上げていない」という点に着目し、その理由と日常進めているデジタルマーケティング施策、身に付けている知識/付けたい知識などについて詳しく聞いている。調査の詳細を同社 プロダクトマーケティングマネージャーの土谷薫氏に聞いた。(2014/3/28)

プライベートクラウドをめぐる誤解(2):
プライベートクラウド環境のデータ管理に必要な「3つの視点」
「データ管理」に関する考え方も、仮想化やプライベートクラウドといった概念が登場したことで、運用効率化に向けて発想を転換するチャンスが訪れた。運用効率化を軸にした3つの視点から選定指針を検討する。(2014/3/27)

ホワイトペーパー:
なぜDevOpsを実践できないのか? 開発と運用の溝を埋めるために足りないもの
開発と運用の間にある溝を埋めなければ、DevOpsの実践は難しい。その原因となっている課題をまとめるとともに、その溝を埋めるための方法論、必要なソリューションの要件を示す。(2014/3/27)

藤田正美の時事日想:
世界を脅かしているウクライナ危機――最悪のシナリオとは
ウクライナ危機は世界を脅かしているが、日本の株式市場はそれほど影響を受けていない。しかし世界最大の債券運用会社の元CEOが、フィナンシャルタイムズ紙に“最悪のシナリオ”を寄稿した。その内容とは……。(2014/3/26)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(終):
キャンペーンサイトのアクセス解析とリポート作成
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。最終回は運用フェーズ。キャンペーンのKPIを設定し、アクセス解析の数値を確認し、改善策を考え、最後に成果のリポートを作成する流れを紹介。(2014/3/20)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第4回】
サーバ仮想化の活用から次の一歩を踏み出す統合運用管理への道
本連載は、中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回はその全体像、第2回はサーバ、第3回は動向について述べた。最終回の第4回は、「統合運用管理/資産管理ツール」を取り上げる。(2014/3/20)

富士通テン、基幹システムの運用管理を一元化
オラクルの「Oracle Enterprise Manager」と富士通の「Systemwalker」を導入し、両製品の連携によって基幹システム全体の一元管理を実現したという。(2014/3/18)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。(2014/3/18)

「プライベートクラウド」の理想と現実(3):
PR:サーバーとプライベートクラウド、「自動化」が決め手になる理由
サーバーを仮想化するだけで、プライベートクラウドといえるのだろうか。望ましいプライベートクラウドのあり方とは、どのようなものだろうか。サーバーとクラウド運用のエキスパートに語ってもらった。(2014/3/24)

[ネットワーク運用]Windows管理者のためのIPv6入門:
最終回 IPv4とIPv6の相互運用
IPv6ネットワークを導入する場合、現状ではIPv4との相互運用についても考慮する必要がある。IPv6のシステムでも、トンネリングやアドレス変換などを使えば、IPv4のシステムと相互に通信できるようになる。相互運用の方法をまとめておく。(2014/3/13)

ビットコインATM、日本上陸へ
世界初というビットコインATMを運用している米ベンチャーが日本向けATMを出荷するという。(2014/3/13)

企業事例 運用も保守も外部サービスを利用:
損保ジャパン、基幹業務を日立のクラウド環境で運用へ
損保ジャパンが、契約内容照会や代理店契約状況管理など、基幹業務システムを自社データセンターから日立のクラウド環境に移行、本稼働を開始した。(2014/3/13)

富士通研、クラウド運用を自動化するための新技術を開発
富士通研究所は、クラウドシステムの運用データを分析・活用する新技術を開発。社内実験では運用作業の約30%を自動化できたという。(2014/3/12)

Facebook広告成功の秘訣:
200種類のターゲットセグメント活用で、Facebook「隠れ既婚」にもリーチ――TOLOTのFacebook広告戦略
2011年にサービスを開始したオンライン・フォトブック作成サービス「TOLOT」。2013年9月からFacebook広告の運用を始め、売り上げを2倍に伸ばしている。その成功の秘訣は約200ものターゲットセグメントを作成して綿密なテストを行ったことにあった。(2014/3/12)

真のICTリソースプールを実現! サーバもネットワークも“まるごと仮想化”
Windows Server 2003サポート終了にも効く「SDN×仮想化共通基盤」とは
「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了が2015年7月に迫り、最新OSへの移行を考えなければならない。一時的な延命策として仮想化環境で運用する方法もあるが、ネットワーク経由での脅威に注意が必要だ。その有効策とは?(2014/3/12)

ホワイトペーパー:
仮想化導入調査結果「従業員1000人以下の企業の半数がスキル不足を実感」
ヴイエムウェアとZDnet Japanが共同で行った「仮想化技術の導入・運用についてのアンケート調査」の中から、従業員1000人以下の企業に属する305人の回答結果を抽出。その導入状況と現状抱える課題をまとめた。(2014/3/12)

「サーバー仮想化のあるあるを解消」セミナーリポート:
サーバー仮想化の課題解決法を総ざらい
さまざまな効果が期待できるサーバー仮想化も、構築・運用の仕方によっては問題を増やすだけになってしまう。サーバー仮想化の“あるある”な課題と解決方法をあらためておさらいした@IT編集部主催セミナーの模様をリポートする。(2014/3/14)

【連載コラム】医療ITの現場から
事例で学ぶ、医療クラーク運用のコツ
患者と向き合い丁寧な診察を行うため、最近、電子カルテ入力を代行する医療クラークを活用するケースが増えている。医療クラーク運用の効果を4つの診療ケースに分けて紹介する。(2014/3/11)

PR:新発想のサーバとツールで、クラウドサービスの運用はここまで変えられる
NECネッツエスアイは、Cisco UCS Bシリーズとプロビジョニング自動化ツールのCisco UCS Directorを用い、同社のクラウドサービスの共通基盤を構築した。これにより、同社のクラウドサービスの運用を変えようとしている。(2014/4/3)

ホワイトペーパー:
技術文書やマニュアルなどのコンテンツ管理の新手法、「構造化コンテンツ手法」とは?
大量な技術文書やマニュアルなどのコンテンツ制作、運用、管理は骨の折れる作業だ。これまでのコンテンツ管理の課題を解決する「構造化コンテンツ手法」の概要とビジネスメリットを解説する。(2014/3/11)

ラックが24時間対応の未知マルウェア監視サービス
FireEyeのサイバー攻撃検知システムを用いて、24時間体制で不正プログラムの解析や機器の運用、緊急時の対応支援などを行うという。(2014/3/6)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(4):
WordPressでのスマホ表示最適化と使えるプラグイン
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。今回は、スマートフォン用のテーマ作成の手順を解説し、デバイスのユーザエージェントによって表示するテーマを切り替える無料プラグインを紹介。(2014/3/6)

Microsoft Azureスマート解説【第1回】
Windows Azureを企業利用するための基礎知識
ソチオリンピック公式Webサイトの開発・運用基盤採用、日本のデータセンター開設と、Windows Azure活用ビジネスが世界的に注目されている。第1回は、Windows Azureの概要と歴史、注目すべき理由を解説する。(2014/3/6)

ホワイトペーパー:
ネットワーク製品の導入に関する読者調査(2013年12月)
TechTargetジャパン会員を対象に「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施。本リポートでは、ネットワーク製品導入の現状や運用上の課題、投資意欲などをまとめている。(2014/3/5)

IT部長さんのための技術トレンド【第4回】
1回で分かる:クラウド運用管理、物理環境との違いは?
IaaS(Infrastracture as a Service)の利用で避けては通れない運用管理の課題とは。慣れ親しんだ物理環境と比べてどう違うのか。「クラウド運用管理」を4つの手法で解説する。(2014/3/12)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。