運用 に関する記事 運用 に関する質問

「運用」最新記事一覧

面倒な社内Wi-Fi環境の構築、「ケーブル挿すだけ」で簡単に――情シスいらずの「ギガらくWi-Fi」
Wi-Fi環境を構築したいと思っても、情シスがおらずアクセスポイント装置の設置やSSIDの設定、管理・運用するのはハードルが高い。そう感じている中小企業向けに、NTT東日本が装置の設定と導入から運用までのサポートをセットにし、なおかつ割安な料金で利用できる「ギガらくWi-Fi」サービスの提供を開始する。(2014/10/31)

中古車を世界に向けてダイレクト販売
月間1万台超の中古車輸出・販売サイトを支える運用監視サービスとは
世界100カ国以上に自社ECサイトを通じて中古車を輸出・販売するビィ・フォアードは、急激に拡大するビジネスの成長に対応するため、ITインフラをAWSに移行。運用監視サービスも導入し、システムの安定稼働を実現した。(2014/10/31)

NEWS
Facebookも採用、データセンター運用効率化ソフトを国内提供――CA
データセンターの構成要素である“ファシリティ”と“IT機器”を一元管理。視覚的な2D/3D表示、電源系統の細かい相関関係の把握などができる。(2014/10/30)

「ファイルサーバが限界」をどうする?
不動産情報大手「アットホーム」がスケールアウトNASを選択した理由
社内ネットワークに接続するファイルサーバの運用管理に苦労する管理者は少なくない。データ量と管理労力は右肩上がり。そんな悩みをどう解決するか。不動産情報大手「アットホーム」の事例に学ぶ。(2014/10/30)

「原因不明の被害」を減らせ:
EMC、可視化・分析・アクションの3ステップでSOCの効率的な運用を支援
EMCジャパンは2014年10月28日、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の構築に取り組む企業向けに「RSA Advanced SOCソリューション」の提供を開始した。(2014/10/29)

ホワイトペーパー:
クラウドシステムの開発・運用にアジャイル開発を導入するには
開発チームとIT運用チームが今まで以上にコラボレーションを活発化できれば、システムのパフォーマンス向上、容易な管理や修正、コスト効率の向上を実現できる。クラウド時代のシステム開発・運用にアジャイルを導入しよう。(2014/10/29)

万一の際に「方法が分からない」「できる人がいない」を解決
システムを丸ごと復旧――簡単・低コストなイメージバックアップ環境の作り方
ビジネスを止めないためには、万一の際、すぐにデータやシステムを復旧できるバックアップ環境の構築が必須。だが、人的リソース、コストに制約がある場合はバックアップ環境の構築や運用に頭を悩ますことが多い。(2014/10/27)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
Windows Embeddedの運用方法
ここまで、さまざまな「Windows Embedded 8.1」の活用方法を紹介してきた。今回では、このOSを適切に管理する方法を紹介する。(2014/10/31)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(3):
徹底比較! 運用自動化OSSと商用ツール、両者の違いと使い分け、見極めのポイント
企業におけるITシステムの運用自動化を徹底的に深堀りする本特集。今回は運用自動化のオープンソースソフトウェア(以下、OSS)と商用ツールの違いを比較。ケーススタディも交えてOSSと商用ツールを賢く使い分ける観点を紹介する。(2014/10/29)

ホワイトペーパー:
専門家の知見を実装してシステム導入・運用を簡素化、企業IT導入の新しい姿
専門家の知見、経験を“パターン”としてシステムに実装することで、これまで専門要員が行っていた高度で煩雑なシステム構築作業を、簡単な操作で実施可能にした「IBM PureSystems」。その全貌に迫る。(2014/10/24)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
民間企業における「マイナンバー」対応の具体的な内容と注意点(後編)
2015年10月から「番号制度(マイナンバー)」が始まります。最終回となる今回は、一般的な民間企業における「個人番号を取り扱う対象事務の運用整理」について解説します。(2014/10/22)

【連載コラム】医療ITの現場から
医療クラーク運用を成功させるための5つの秘訣
医療クラークの運用に当たっては、電子カルテ入力がマスターできればよい訳ではない。運用を成功させるためのポイントを紹介しよう。(2014/10/22)

サーバ室が被災、復旧まで1カ月かかった:
茨城大学が「コンテナ型データセンター」を選んだ理由
企業だけではなく、大学でも注目が高まるBCP。茨城大学が10月から日立のコンテナ型データセンターの運用を始めた。まだまだ実例が少ない、コンテナ型センターを同大学が選んだのはなぜなのか。(2014/10/20)

紙版を買えば電子版も手に入る――日本エンタープライズが試験運用を開始
書店で本を購入すると、日本エンタープライズの電子書店「BOOKSMART」で同作品の電子版が閲覧できるようになる新サービスの試験運用がスタートした。(2014/10/20)

多忙な毎日の中で、属人化した運用手順の棚卸し・標準化なんて無理:
PR:運用自動化が実現できない本当の理由
仮想化、クラウドの浸透により、コスト削減、ビジネスのスピードアップに対する期待が高まる一方で、運用管理作業は複雑かつ煩雑なものとなっている。こうした中、2009年ごろから注目を集めてきた運用自動化ツールだが、使いこなせている企業は多いとはいえない。その真因は何か? 運用自動化を実現できない理由から、ツール導入・活用のポイントを探る。(2014/10/20)

製造ITニュース:
日立が産環協のLCA支援システムとの連携APIを公開――環境影響評価を効率化
企業などがより簡単に「MiLCA」と連携できる機能をAPIとして共同開発。これにより、自社のシステム上でMiLCAの算定手法をシームレスに活用でき、社内の環境影響評価の運用・開発工数が大幅に削減できる。(2014/10/17)

仕事で使うPCやタブレットの管理、社内で手に負えなくなっていませんか
PC、スマホ、タブレットにWi-Fiルータ……。社内で管理するIT機器は増え続け、それを管理する情シススタッフの負担も増える一方だ。“もういいかげん、手におえない”という企業は、機器の調達から運用管理、不具合発生時の対応、廃棄までのライフサイクル管理をアウトソースするという選択肢もある。(2014/10/16)

ホワイトペーパー:
神戸大学の「3階層アーキテクチャ」クラウド基盤の全貌
神戸大学は、3階層のアーキテクチャに基づくクラウド基盤の構築により、全学ICTのサービス提供や運用管理の自動化を実現している。時代とともに変化する主要ミッションに対応してきた同大学のIT導入の変遷をたどる。(2014/10/16)

製造ITニュース:
日立建機、3次元CAD用ワークステーションの仮想デスクトップ環境を導入
日立建機では、ワークステーションを仮想化し社員個人の端末から3次元CADを扱えるようにしたことで、ワークステーション設置スペースの削減、端末管理に伴う運用業務の効率化が実現した。(2014/10/15)

NEWS
仮想化基盤の運用性を高めたストレージ製品群を発表――NEC
SSD採用によるディスクI/Oの高速化に加えて、業務システムが混在する仮想化基盤の運用性を高める機能を利用できる。(2014/10/15)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ボストンに学ぶ市民参加型コミュニティの管理と人材の役割
市民主体の「シビックテック(Civic Tech)」を活用する自治体にとって悩みの種は、コミュニティの活性化と安定的な運用管理の両立だろう。米国の古都であると同時に新しい起業家を輩出し続けるボストンの取り組みとはどのようなものだろうか。(2014/10/14)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテのクラーク運用が“一石三鳥”になる理由
限られた診療時間内で患者と向き合う時間をもっと増やしたい――。そう考える診療所の医師の負担を軽減する電子カルテの運用方法を紹介しよう。(2014/10/14)

クラウドバックアップ付きNASも販売開始:
DRはしたいけどセカンダリサイトを作るのは……というユーザー向けバックアップ
マイクロソフトは企業内データをMicrosoft Azure上にバックアップする「Microsoft Azure Site Recoveryサービス」を開始した。パートナー各社から同サービスの運用まで行うサービスも順次提供される予定。(2014/10/9)

NEC、システム管理者の不正を抑止するクラウドサービスを開発
エンカレッジ・テクノロジの技術を活用して、システムの運用管理担当者のIDやアクセスの管理ができるセキュリティサービスを提供するという。(2014/10/9)

マルチクラウド管理製品の新版などを発表:
レッドハット、IT運用管理製品が「生き返る」理由
レッドハットは10月8日、クラウド管理製品「CloudForms」の最新版「CloudForma 3.1」と、システム運用管理製品「Satellite」の最新版「Satellite 6」を国内発表した。しかし、人々はIT運用管理という行為への興味を、次第に失おうとしているのではないか。米レッドハット クラウド管理事業部門長のジョー・フィッツジェラルド氏に聞いた。(2014/10/9)

PostgreSQLガイダンス(2):
「もうMATERIALIZED VIEWの挙動でやきもきしない」 9.4での設定・運用の改善
PostgreSQL 9.4の新機能のうち、postgresql.auto.confを使った設定変更の方法や、pg_prewarm、 MATERIALIZED VIEWのCONCURRENTLYオプションなど、主にPostgreSQL環境を運用する際に関係する改善点を中心に紹介します。(2014/10/9)

新人インフラ技術者のためのサーバー構築/運用自動化入門(3):
Puppetのインストールと動作確認、トラブル対処法
サーバー構築の自動化で利用される技術、自動化ツールとして「Kickstart」「Puppet」を紹介し、構築から運用まで、システムライフサイクル全体にわたる運用管理の自動化についても解説する連載。今回は、agent/master型のPuppetのセットアップ方法を順に解説。インターネットに接続できない環境や証明書の不整合の解決法も。(2014/10/8)

NTTデータ、OSS統合運用ソフトでMicrosoft Azureに対応へ
同社が提供しているオープンソースソフトウェア「Hinemos」で、Microsoft Azureで稼働するシステムを運用管理できるようになる。(2014/10/7)

小規模事業所に向けたファイルサーバーソリューション:
PR:大企業並みのサポートをSMB市場にも提供し、トータルでIT運用を支援
サクサの「SB2000」は、自動バックアップや自己診断・通知機能により、IT管理者のいない小規模な事業所でも安心して利用できる5年間無償機器保証のNASファイルサーバーだ。また、情報システム部門がない中小企業には、ビジネスホンからクラウドまでをトータルで提供するサービス「OfficeAGENT」で支援していく。(2014/10/7)

連載:アプリケーションの運用監視:
第1回 アプリの運用監視サービスとは? New Relic vs. Application Insights
正式にリリースしたWebサイトが正常に稼働しているかを常時監視するなら、SaaS型の監視サービスが便利だ。お勧めの2大サービスの機能概要を解説する。(2014/10/6)

ワンストップのファイルサーバ運用管理ソリューション:
PR:ファイルサーバをスリム化して、移行にかかる全体費用を大幅削減!
いまだ、多くのWindows Server 2003が稼働していると言われているファイルサーバ。2015年7月に迫っているサポート終了に向けて、日立製作所は、ファイルサーバの移行準備から、移行方法、更にクラウド活用までをワンストップで提供する「ファイルサーバ運用管理ソリューション」を提供。これは、第一に移行を契機としたファイルサーバ運用のコスト削減・見直しを考慮し、移行準備に向けたデータのスリム化や、オンラインデータ移行、クラウドストレージの活用などを提供するソリューションだ。事例によると、不要ファイルを約3割以上も削減できた例や、移行後のファイルサーバ購入金額を数百万円も抑えることができたケースがある。(2014/10/20)

標的型攻撃対策に関する調査リポート
「標的型攻撃に遭遇の可能性」は13.5%、製品導入・運用の負荷が対策を阻む
TechTargetジャパン会員を対象に、「標的型攻撃対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2014/10/6)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】「仮想化運用管理」に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、仮想化環境の運用管理状況についてお伺いします。(2014/10/6)

移行サービスに新たな付加価値をプラスする:
PR:課題に合わせた最適な移行ソリューションと企業価値向上ソリューションを提供
多彩なITソリューションや運用管理を提供しているNECネクサソリューションズでは、Windows Server 2003移行のための「Windows Server 2003移行サービス」と、最新OSのシステム価値をプラスワンする「Windows Server 2012有効活用ソリューション」を用意。また、個別の移行の提案を受けられるプライベートセミナーも開催している。(2014/10/14)

ホワイトペーパー:
SAPのクラウド運用について誤解していませんか?
「SAPアプリケーションは複雑すぎて、クラウド環境にはうまく移行できない」──。そんな誤解を多くの企業が抱いている。企業がクラウドを安全に活用してSAPに対応する方法を解説する。(2014/10/3)

全国66の信用組合がネットの不正送金対策を始動
ネットバンキングの不正送金被害が相次いでいるが、特に法人顧客の被害が目立つ信用組合が対策の運用を一斉に開始した。(2014/10/1)

法制度・規制:
発電設備の伸びが止まる固定価格買取制度、開始から2年で運用にほころび
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が早くも見直しを迫られる状況になってきた。2014年6月に買取制度の認定を受けた発電設備の規模が31万kWに減り、発電事業者の取り組みが急速に縮小している。電力会社による接続保留の動きも広がり始め、先行きが不安視される。(2014/10/1)

ただ預けるだけではない、“安全”と“安定”のアウトソーシング
IT部門をシステムの「お守り」から解放する運用管理のポイントとは
企業にとって、システムの安定運用は重要な課題だがクラウドやモバイルといった技術の普及により、IT管理者の負荷は増え続けている。IT部門をシステムの「お守り」から解放するにはどうすればいいのだろうか。(2014/9/30)

電子ブックレット/自然エネルギー:
アルミ架台で縦横無尽、農業用や追尾用も
太陽光発電システムには架台が必要だ。どのような工夫を凝らして、設置コストや運用管理コストを引き下げているのか、アルミニウム架台を専門に扱う茂山組に聞いた。(2014/9/29)

ホワイトペーパー:
「サーバ保守費を10分の1に」も夢ではない、共有ストレージによるシステム統合の効果
中堅・中小企業がシステムの安定運用を低予算で実現するにはどうすればいいか? 「共有ストレージ」によるシステム統合は、その有力な解となる。JOYSOUNDを提供する株式会社エクシングの事例も併せて、導入メリットを解説しよう。(2014/9/29)

時代を先読みした機能を取り込み:
OpenStackやREST APIに対応した最新JP1リリース
日立製作所がJP1の最新版をリリースした。本バージョンでは、OpenStackやREST APIなどに対応し、マルチクラウド環境でも運用管理ツールシェア死守を目指す。(2014/9/29)

運用負荷を劇的に改善する注目製品
プライベートクラウドの運用は難しいという「常識」のウソ
「プライベートクラウドの構築と運用は複雑だが仕方がない」といわれることがある。果たして本当にそうだろうか。プライベートクラウドでは、運用する側も複雑な作業から解放されなければならない。(2014/9/29)

運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

Database Expertイベントレポート:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

クラウド・仮想化環境のサーバー・ネットワーク・ストレージI/Oを統合管理:
PR:マイグレーション先は、単なる仮想化サーバーで大丈夫?プラットフォーム選定の落とし穴
統合型x86サーバーシリーズ「Cisco Unified Computing System(UCS)」を提供し、世界で大きなシェアを獲得しているシスコシステムズ。Cisco UCSの魅力は、サーバーとネットワークの運用管理を容易にし、仮想化・クラウド化による強力な管理機能だ。Cisco UCSをベースに、将来を見据えたマイグレーションを提案する。(2014/10/14)

JR西日本、大阪ステーションシティに「祈祷室」開設 JRグループで初
宗派を問わず利用できる施設として運用する。(2014/9/22)

省エネ機器:
地下鉄の回生電力から60世帯分を駅に供給、3カ月の運用で効果を実証
首都圏の地下鉄を運営する東京メトロが、電車のブレーキで生まれる回生電力を駅の構内で利用する取り組みを進めている。2014年6月に導入したシステムが3カ月間の運用で予定通りの効果を発揮して、一般家庭で60世帯分の電力使用量を削減することができた。(2014/9/22)

OpenStack動向:
シスコが「OpenStack as a Service」を標ぼうするMetacloudを買収へ
OpenStackによるプライベートクラウド環境の運用をサービスとして提供するMetacloudを、シスコが買収すると表明した。(2014/9/18)

iPhone 6/6 PlusはVoLTEに対応予定:
ドコモがネットワーク戦略を説明――1.7GHz帯+1.5GHz帯の「フルLTE」運用へ
ドコモは1.7GHz帯と1.5GHz帯域を全てLTEとして活用する「フルLTE」戦略でネットワーク事業を展開する。2015年以降には、下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーションを提供するが、iPhone 6/6 Plusは対応しない。(2014/9/17)

ビジネスに即応可能なデータベース調達の実現に向けて:
PR:【Oracle Exadata事例】パナソニック インフォメーションシステムズが推し進める基幹データベース群のDBaaS化
全社IT基盤改革におけるデータベース統合で、パナソニック インフォメーションシステムズがシステム基盤として採用したのが「Oracle Exadata」だ。データベース基盤のコスト最適化とパフォーマンス向上を果たした同社は、ビジネスの動きに即応した迅速なデータベース調達を実現すべく、Oracle ExadataによるDBaaS構築を推進している。[データベース統合][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata](2014/9/11)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。