運用 に関する記事 運用 に関する質問

「運用」最新記事一覧

全国66の信用組合がネットの不正送金対策を始動
ネットバンキングの不正送金被害が相次いでいるが、特に法人顧客の被害が目立つ信用組合が対策の運用を一斉に開始した。(2014/10/1)

法制度・規制:
発電設備の伸びが止まる固定価格買取制度、開始から2年で運用にほころび
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が早くも見直しを迫られる状況になってきた。2014年6月に買取制度の認定を受けた発電設備の規模が31万kWに減り、発電事業者の取り組みが急速に縮小している。電力会社による接続保留の動きも広がり始め、先行きが不安視される。(2014/10/1)

ただ預けるだけではない、“安全”と“安定”のアウトソーシング
IT部門をシステムの「お守り」から解放する運用管理のポイントとは
企業にとって、システムの安定運用は重要な課題だがクラウドやモバイルといった技術の普及により、IT管理者の負荷は増え続けている。IT部門をシステムの「お守り」から解放するにはどうすればいいのだろうか。(2014/9/30)

電子ブックレット/自然エネルギー:
アルミ架台で縦横無尽、農業用や追尾用も
太陽光発電システムには架台が必要だ。どのような工夫を凝らして、設置コストや運用管理コストを引き下げているのか、アルミニウム架台を専門に扱う茂山組に聞いた。(2014/9/29)

ホワイトペーパー:
「サーバ保守費を10分の1に」も夢ではない、共有ストレージによるシステム統合の効果
中堅・中小企業がシステムの安定運用を低予算で実現するにはどうすればいいか? 「共有ストレージ」によるシステム統合は、その有力な解となる。JOYSOUNDを提供する株式会社エクシングの事例も併せて、導入メリットを解説しよう。(2014/9/29)

時代を先読みした機能を取り込み:
OpenStackやREST APIに対応した最新JP1リリース
日立製作所がJP1の最新版をリリースした。本バージョンでは、OpenStackやREST APIなどに対応し、マルチクラウド環境でも運用管理ツールシェア死守を目指す。(2014/9/29)

運用負荷を劇的に改善する注目製品
プライベートクラウドの運用は難しいという「常識」のウソ
「プライベートクラウドの構築と運用は複雑だが仕方がない」といわれることがある。果たして本当にそうだろうか。プライベートクラウドでは、運用する側も複雑な作業から解放されなければならない。(2014/9/29)

運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

ITインフラの要、DBとストレージは技術革新でどう変わるか:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

JR西日本、大阪ステーションシティに「祈祷室」開設 JRグループで初
宗派を問わず利用できる施設として運用する。(2014/9/22)

省エネ機器:
地下鉄の回生電力から60世帯分を駅に供給、3カ月の運用で効果を実証
首都圏の地下鉄を運営する東京メトロが、電車のブレーキで生まれる回生電力を駅の構内で利用する取り組みを進めている。2014年6月に導入したシステムが3カ月間の運用で予定通りの効果を発揮して、一般家庭で60世帯分の電力使用量を削減することができた。(2014/9/22)

OpenStack動向:
シスコが「OpenStack as a Service」を標ぼうするMetacloudを買収へ
OpenStackによるプライベートクラウド環境の運用をサービスとして提供するMetacloudを、シスコが買収すると表明した。(2014/9/18)

iPhone 6/6 PlusはVoLTEに対応予定:
ドコモがネットワーク戦略を説明――1.7GHz帯+1.5GHz帯の「フルLTE」運用へ
ドコモは1.7GHz帯と1.5GHz帯域を全てLTEとして活用する「フルLTE」戦略でネットワーク事業を展開する。2015年以降には、下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーションを提供するが、iPhone 6/6 Plusは対応しない。(2014/9/17)

ビジネスに即応可能なデータベース調達の実現に向けて:
PR:【Oracle Exadata事例】パナソニック インフォメーションシステムズが推し進める基幹データベース群のDBaaS化
全社IT基盤改革におけるデータベース統合で、パナソニック インフォメーションシステムズがシステム基盤として採用したのが「Oracle Exadata」だ。データベース基盤のコスト最適化とパフォーマンス向上を果たした同社は、ビジネスの動きに即応した迅速なデータベース調達を実現すべく、Oracle ExadataによるDBaaS構築を推進している。[データベース統合][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata](2014/9/11)

仕事耕具:
オウンドメディアの立ち上げ、最短1日で――コンテンツマーケ支援サービス「Cloud CMO」
それはさながら“雲の向こうのマーケティング部長”――。オウンドメディアの立ち上げや運用に欠かせないCMSやSEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などのツールをパッケージで提供するサービスが登場した。(2014/9/12)

「セキュリティに過信があった」、ベネッセが情報漏えいの再発防止策を発表
システム開発と運用を分離し、データベース管理も厳格化する。(2014/9/10)

企業の立場に立って柔軟なサーバー移行を支援:
PR:多彩なソリューションで要望に合わせた移行を行い、運用管理を自動化する
JBSは、マイクロソフトプラットフォームを中心とするIT環境をマルチベンダーで提供し、コンサルティングや分析・企画から、システム構築、保守・運用までをサポートしている。Windows Server 2003のサポート終了対策に対しても、企業の目的に合わせ、柔軟に対応する。(2014/9/10)

NTTドコモ、法人向け保守運用サービスの管理情報流出の疑い
NTTドコモは、1社1053名分の社員個人宅住所を含む法人向け保守運用サービスの管理情報が流出した疑いがあると発表。全容解明に向けた社内調査を進めている。(2014/9/9)

移行だけじゃない!サーバーOSもビジネスもバージョンアップ:
PR:2003 EOSで新しい働き方を可能にする。移行計画から運用サポートまでワンストップで提供
マイクロソフトの認定パートナーとして実績の高い大塚商会。Windows Server 2003のサポート終了対策についても、幅広い規模の企業に対し全てを任せられる様々なメニューを用意している。担当者は「変化の激しいIT市場の中で、サポート終了をきっかけに最新サーバーに移行をすれば、業務効率やセキュリティがアップするだけでなく、今後のIT運用負荷軽減に繋がるチャンス」と促す。(2014/9/10)

異種混在のNASを一元化するソリューション、テクマトリックスが提供
クラウドストレージサービスも含めて社内からNASへのアクセスを一元化し、ストレージ運用の最適化を支援する。(2014/9/5)

ホワイトペーパー:
AWSのセキュリティをユーザー企業はどう考え、対策しているか
Amazon Web Servicesの利用を検討し、あるいは実際の運用を進める際に、重要なトピックの1 つとなるのはセキュリティだ。机上の議論も可能だが、AWS を実際に利用しているユーザー企業が、どう考えているのかはさらに重要だ。ここでは、AWS Summit Tokyo 2014におけるユーザー企業の人々の発言から、今回はセキュリティに関わる部分を取り上げて、まとめてみた。(2014/9/5)

FAニュース:
日本モレックス、次世代「Brad PCネットワークインタフェースカード」を発表
NIC・設定ソフトウェア・開発ライブラリ・OPCデータサーバで構成されたパッケージ製品。DCSやPLCからの移行も容易で、フィールドバス技術に精通していないユーザーでも、制御アプリケーションを効果的かつ省コストに運用できる。(2014/9/3)

オラクルの「SQL on Hadoop」:
日本オラクル、Big Data SQLを9月中に出荷
オラクルのSQL on Hadoopが、SmartScanなどを盛り込んだ「Oracle Big Data Appliance」のオプションとして登場する。エンタープライズ向けDBアプライアンスの延長として運用・管理できる点が強みになるようだ。(2014/9/1)

Strutsへの脆弱性攻撃やパスワードリスト攻撃にも対応:
PR:「使い続けられるWAF」を実現、シマンテックのクラウド型WAFとは
手のかかるアプライアンスから、運用をアウトソースできるWAFへ。シマンテックがクラウド型WAFを推す理由とは。(2014/9/1)

VMworld 2014で発表:
ヴイエムウェアのEVO:RAILは統合インフラ製品ではない
米ヴイエムウェアは米サンフランシスコで開催中のVMworld 2014で、8月26日に中規模運用向けの統合インフラ製品「VMware EVO:RAIL」を発表した。いや、これは正しくない。「仮想化アプライアンス『VMware EVO:RAIL』を発表した」? これも正しくない。「仮想化アプライアンス『VMware EVO:RAIL』のためのソフトウェアOEMプログラムを発表した」というのが最も正確な表現かもしれない。(2014/8/29)

クラウド流開発スタイルで効率アップ
DevOps環境も5クリックで構築――次世代の開発環境はPaaSで作る
開発と運用が協力し、アジャイル開発とアプリケーション基盤の運用効率向上が図れるDevOps環境。これを実現するのにPaaSの活用は有力な選択肢だ。(2014/8/27)

多拠点に拡散するIT資産を統合管理
100カ所400台超のPC、モバイル端末を1人で管理? ニッポンレンタカーの挑戦
多くの拠点を持ちそれぞれでPCやモバイル端末の導入が拡大するとき、IT担当者を悩ませるのが管理コスト。運用の負荷を抑え効率的な統合管理を実現すべく、ニッポンレンタカーアーバンネットが採用した切り札とは?(2014/8/29)

導入事例:
日本写真印刷、インメモリ対応クラウドで国内初のERP運用をスタート
マネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」上で国内初となるSAP ERPの稼働を開始した。(2014/8/28)

デスクトップ仮想化のススメ
Windows XPを捨てられない企業が知りたがる“とっておき”の裏技
Windows XPのサポート終了は、直前になって大騒ぎになったが、今も多くの企業がXPを使っている。仮想化で、セキュリティやハードウェア互換性の問題を回避しつつ運用できるという考えもある。(2014/8/28)

蓄電・発電機器:
ゼロエネを実現するには――太陽光の電力を照明に使う
戸田建設は直流給電装置を利用したゼロエネルギービル(ZEB)の研究を進めている。2014年8月には約半年間の運用実績の結果を発表。太陽光発電システムとLED照明を組み合わせた場合、消費電力を約10%削減できた。(2014/8/27)

ニッポンレンタカーアーバンネット、クライアント端末の運用自動化を実現
「ニッポンレンタカー」グループのニッポンレンタカーアーバンネットは、クライアントPCやモバイル端末の導入・活用におけるOS移行や資産管理などの業務を効率化している。(2014/8/27)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(1):
運用自動化、ツールの種類やOSS/商用の違いを問わない運用設計の作り方、進め方
システム構成が動的に変化する仮想化・クラウドの浸透により、もはや人手だけによる運用管理は難しくなっている。本特集では、ビジネス展開に即応するインフラ整備の必須要件、運用自動化のポイントをツール面、設計面などあらゆる角度から掘り下げていく。(2014/8/27)

電力供給サービス:
東京電力と中部電力が連系能力を90万kW増強へ、「重要送電設備」の第1号に
全国レベルで電力の需給調整を図るために、周波数の違う東日本と西日本のあいだの連系能力の増強が急務になっている。政府は東京電力と中部電力が計画中の新しい連系設備を2020年度に運用開始できるように「重要送電設備」の第1号に指定して、建設に必要な手続きを円滑に進める。(2014/8/26)

ホワイトペーパー:
何が違う? システム導入の進化形「クラウド導入サービス」とは
システム導入時の課題は、導入環境をクラウドで提供する「クラウド導入サービス」で解決できる。構築コスト削減、運用負荷軽減、BCP/DR対策をカバーする新しい導入スタイルだ。(2014/8/26)

AWS Tips:
AWS APIでAWSの操作を自動化する
AWSにもAPIが用意されています。APIを使うことでAWSの運用や構築の自動化を目指しましょう。(2014/8/25)

自然エネルギー:
「隠岐の島」大型電池役立つか、空港跡にメガソーラー
隠岐の島町は運用を停止した滑走路を太陽光発電所の用地として貸し出す。2015年9月には出力1.5MWの発電所が2つ完成する予定だ。中国電力は島の電力ネットワークが不安定化しないよう、新発電所の完成と同時に6.2MWと大型の蓄電池の実証事業を開始。出力変動の抑制効果を確かめる。(2014/8/22)

OpenStack動向:
Ceph環境運用の効率化を図った「SUSE Cloud 4」
IceHouse版OpenStackをベースにしたSUSE Cloud 4が登場。Cephを使ったソフトウェア定義型ストレージ環境の構築・管理を効率化する機能が盛り込まれている。(2014/8/21)

IT部長さんのための技術トレンド【第5回】
1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?
サーバエンジニアを中心に話題になっているオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。従来の仮想化技術とはどう違うのでしょうか。また、システム開発や運用にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。(2014/8/21)

青山学院大学経済学部で進む電子教科書導入、その意図と課題――宮原経済学部長に聞く
大学における電子教科書の導入。青山学院経済学部では、2013年からの実験運用を経て、導入を拡大している。電子教科書の意義と課題について、青山学院大学経済学部長の宮原勝一教授に聞いた。(2014/8/20)

バックアップとアーカイブの違い、分かっていますか?
データマネジメントのプロに学ぶ、肥大化するデータ保護・保管の極意
動画や画像、音声、テキストなどを含む「非構造化データ」が急増している。この膨大なデータをコストや運用の負荷を抑えつつも適切に保護・管理するにはどうすればいいのだろうか。最新のデータ管理手法を紹介する。(2014/8/20)

自然エネルギー:
日本初の下水熱利用、さらに性能高める東京
1994年に運用が始まった東京下水道エネルギーの地域冷暖房システムは設備が劣化してきている。そこで2013年から2017年までの4年間、新システムを開発、導入して省エネルギー性能を高める。2013年度の成果を紹介する。(2014/8/19)

Windows TIPS:
Microsoft Azureの多数のサービスを大まかに把握する
Microsoft Azureには多くのサービスがあり、使い慣れていないユーザーだと、どれが何のサービスなのか把握しきれないこともある。そこでAzureの主要なサービスの概要を、システム管理・運用者の視点で簡単にまとめておく。(2014/8/18)

FireEyeのアラートを分かりやすいレポートに:
PR:現実的なコストで必要十分な標的型攻撃対策を――アラート解析で事後対策を支援するGSX
シグネチャベースの対策が通用しない標的型攻撃の検出と防御に特化した米FireEyeの脅威対策プラットフォームだが、そのアラートを読み解くには専門知識が必要だ。グローバルセキュリティエキスパート(GSX)では、アラートを基に「何が起きたのか」「対策は必要なのか、それとも不要か」を示す分かりやすいレポートを作成し、標的型攻撃対策の運用を支援するサービスを提供している。(2014/8/18)

PR:単なる運用管理ツールではない! Software-Defined Storageを使う意味とメリットとは?
最近注目を浴びているSoftware-Defined Storage(ソフトウェアで定義するストレージ)とは、どのようなものなのか、また、運用者や利用者にとってどんなメリットがあるのか。EMCが2014年7月に販売開始した「EMC ViPR(ヴァイパー) 2.0」を通じて、これを探る。(2014/8/18)

BYODからCOPEへ
さようならBYOD、企業が気付いた「会社がスマホを支給した方が何かと便利」
私物のモバイル端末を業務に使わせるよりも、企業が支給する端末を私的に利用することを認めた方がいい結果をもたらすかもしれない。もちろん、適切に運用されなければ、それはそれで問題になるのだが……。(2014/8/15)

日米間を60Tbpsで接続 KDDI、Googleなど光海底ケーブル「FASTER」建設
KDDIが米Googleらと日米間光海底テーブルを共同建設する。16年第1四半期の運用開始を見込み、スマートデバイスやLTEのトラフィック増加に対応する。(2014/8/12)

AWS Tips:
IAMをより安全に使うには?
IAMを安全に利用するために知っておくべき、運用のTipsを紹介します。(2014/8/11)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?
代表的なパブリッククラウドサービスと、ローカル運用のコンパクトデータセンターソリューションとで、トランザクションデータベースワークロードの比較テストを実施。5年間の総所有コスト(TCO)を比較したところ、驚きの差が出ることが分かった。(2014/8/6)

オートデスクらが協力:
歴史は3Dデータで後世へ――建築文化財の3Dモデルを運用・維持管理に活用
オートデスクは、山口県下関市にある「旧下関電信局電話分室」を3Dモデル化し、その3Dデータを建造物の運用・維持管理に役立てるプロジェクトに協力。2015年2月には大正時代の街並みと合成したリアルなCGとして一般にも公開される。(2014/8/7)

基礎から分かるActive Directory再入門(6):
DNSサーバーはなぜ必要なのか
Active Directoryの設計や構築だけでなく、運用保守でもたびたび登場するDNSサーバー。今回は、Active Directoryとともに使われるDNSサーバーを見ていこう。(2014/8/7)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。