「運用」最新記事一覧

成長に伴うシステム拡張を柔軟に
すかいらーくのデータセンター運用、10年先まで見据えたファシリティ設計とは?
企業の心臓部であり頭脳でもあるデータセンター。日々の運用を円滑に行う一方、事業の成長に伴うシステムの拡張にいかに備えるかは多くの企業に共通する課題だ。外食産業大手すかいらーくの事例に学ぶ。(2015/9/3)

IoTソリューションで電力消費を効率化:
サーバールーム省エネ化事業で富士通と日本工営が協業――EMSサービスと設備運用ノウハウを組み合わせる
富士通と日本工営は2015年9月3日、国内企業向けのサーバールーム省エネ化事業における協業を発表した。富士通のクラウド型エネルギー管理サービスと日本工営が持つ建物設備関連ノウハウを組み合わせて、サーバールーム省エネ化のためのコンサルティングや各種設備の運用・工事などのサービスを提供していくという。(2015/9/3)

デロイト トーマツがセキュリティサービス、脅威監視や事故対応支援を提供
従来のセキュリティコンサルティングサービスに加え、脅威監視やインシデント対応支援など対策の運用レベルに踏み込んだサービスを新たに展開する。(2015/9/2)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(4):
AWS+オンプレのハイブリッドクラウドな大規模検索基盤ではImmutable InfrastructureとCI/CDをどうやって実践しているのか
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。今回は、継続的インテグレーション/継続的デリバリを実現するのに使っている技術と、その使いどころを紹介する。(2015/9/1)

DevOpsの目的は「現場の効率化」ではなく、サービスの「スピーディな」差別化:
PR:既存資産を“ビジネスに役立つDevOps環境”に変えるには
ビジネス展開にスピードが求められている今、あらためてDevOpsが注目されている。すでに取り組んでいる企業もあるが、「各開発・運用現場の効率化」という部分最適でとどまっていて、本来の目的である「リリースサイクル短縮によるビジネスの差別化」にうまくつながっていないケースが多いという。その理由とは何か? 確実に「成果」を獲得できるDevOps成功のポイントを聞いた。(2015/9/1)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(12):
サーバー仮想化技術を支える「ファイルシステム」を理解しよう
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第12弾は、サーバー仮想化技術を採用したシステムの運用には必須の『ファイルシステムの基礎知識』を紹介します。(2015/9/1)

基幹業務システムのコスト削減と運用効率化を支援:
PR:オープンな構成でハイエンド基幹業務システムを支えるデータベースシステムが備えるべきものとは?
従来、高価な構成でしか実現し得なかったミッションクリティカル系基幹業務システムも、OSS技術の発展やシステムパフォーマンスを最適化する仕掛けにより、より少ないコストで求められる要件を満たせるようになってきた。そのカギは運用の容易化/自動化機能を標準装備し、変化への対応能力を備えた最適統合されたデータベース基盤にある。本稿で取材した富士通は、一般に運用に高い技術力が必要とされるOSSを使いながら、各種自動化や高性能なハードウエアによる統合データベース基盤を提供している。編集部では、社会インフラや企業のハイエンド基幹業務システムに採用され始めた同製品を取材した。(2015/9/4)

PR:AWSコストを抑える自動化ツールを徹底検証!
必要なときに、必要なだけリソースを使えるAWS(Amazon Web Services)。だが従量課金というクラウドのメリットは、状況に応じてきめ細かく運用しないとかえってコストが膨らんでしまう両刃の剣でもある。こうした中、NECが提供しているのが、AWS対応のジョブ管理ツール「WebSAM JobCenter」だ。簡単にAWSのコストメリットを引き出すことができるという。では具体的にはどう使うのか? どれほど簡単なのだろうか? 編集部がその機能と使い勝手を徹底検証した。(2015/8/27)

「防御」から「運用」への転換を後押し
セキュリティ人材不足を克服する“理想的なサイバー攻撃対策”とは?
サイバー攻撃の巧妙化に伴い、セキュリティ対策の在り方が変わりつつある。ただし、その運用を担う人やプロセスを作り上げるには多くの時間とコストが必要だ。その有効な解決策とは。(2015/9/1)

増え続ける仮想環境でのバックアップの課題も解決
データ保護運用を簡単にする“現場の声が生んだ今どきの共有サーバ”登場!
業務データの共有に非常に便利なファイルサーバだが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生している。そうした課題解決のベストプラクティスを探る。(2015/9/1)

大きな期待が寄せられる「Ceph」の最新動向
クラウド時代に最適なストレージは? 注目を集めるオープンソースのSDS
IaaS構築・運用環境として注目を集める「OpenStack」。そのストレージ環境として利用可能なOSSの分散ストレージ「Ceph」が新たな進化を遂げた。その最新動向を探る。(2015/9/3)

3D設計推進者の眼(2):
設計者CAEとは何なのか
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は設計者CAEについて考える。(2015/8/31)

PR:「運用管理はIT部門まかせ」がビジネスにもたらす“最悪の事態”とは?
「サーバ仮想化なんて自分たちには関係ないでしょ?」と考えている経営者やビジネスパーソンは多いはず。しかしそんな無関心が今、企業のビジネスに大きなリスクをもたらしつつあるようです。(2015/8/31)

PR:うちのサーバはもう死んでいる!? ギリギリのIT運用管理がもたらす“致命的な事態”とは
(2015/9/1)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「サーバ仮想化が変えたサーバ利用の常識」(2)
前回に続き、「サーバ仮想化」によって変化した運用の利点について解説します。(2015/8/31)

クラウドとオンプレミスの両方に対応
バンダイも運用を効率化 クラウドで実現するコンタクトセンターの“在るべき姿”とは
顧客の心を自社につなぎ留め、売り上げの拡大を実現するためにコンタクトセンターの重要性は着実に増している。ただ、センターを支える従来型のシステムには課題も存在する。果たして、理想とされるシステム像とは。(2015/8/28)

製造ITニュース:
デジタコとスマート端末の混在運用も可能な運行管理ソリューション
富士通は物流ソリューション「Logifit」シリーズに、運行管理ソリューション「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit TM-NexTR」を追加した。運用コストの大幅な削減につながる他、安全で品質の高い輸配送業務が可能になる。(2015/8/27)

ホワイトペーパー:
運用負荷軽減とタイムリーなビジネス施策を可能にした統合クラウドサービスとは
徳島県でシステム事業や資材事業などで地元企業を支援するサンティーが、「様々なサービスをトータルに提供」「クラウドへの段階的移行」を条件に選択したのは、統合クラウドサービスだった。(2015/8/25)

より快適な利用・運用環境の提供を目指す:
PR:全てを最適化する”ワークスペーステクノロジー”を進化させたシトリックス
企業ITインフラの集約が進む中、ワークスタイルの柔軟性を同時に得るための選択肢として「デスクトップ仮想化」「モバイル対応」などが考えられる。これらと同時に展開すべきなのは、パフォーマンスのロスがないサービス提供と効率の良い運用だ。シトリックス・システムズ・ジャパンが提示したのは、全てをカバーする“ワークスペーステクノロジー”だった。(2015/8/25)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「サーバ仮想化が変えたサーバ利用の常識」(1)
サーバ仮想化技術の進化は、これまで考えられなかったような運用管理の効率化を実現している。今回は、運用の常識を覆した3つのポイントを解説する。(2015/8/24)

1機約280億円:
スカイマークにとどめ刺した「A380」 お荷物扱いの“空飛ぶホテル”の行く末
民事再生手続き中のスカイマーク。就航当時は“空飛ぶホテル”としてもてはやされた最新鋭の超大型旅客機エアバス「A380」だが、燃費効率の悪さや運用の難しさからお荷物扱いとなっている。大型機受難の時代、A380の行く末は――。(2015/8/21)

法制度・規制:
似て非なる電力とガスの小売自由化、市場開放の共通点と相違点
電力に続くガスの小売全面自由化が2017年4月に始まる。全国に3000万の需要家を抱える都市ガスの市場開放に向けて電力会社の動きも活発になってきた。政府は電力と同様に料金規制の撤廃や託送供給の拡大を推進するが、都市ガスならではの同時同量制度や導管の運用ルールに課題が残る。(2015/8/21)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(3):
Hadoop+Embulk+Kibanaのデータ集計基盤によるデータ可視化と集計データを活用したキーワードサジェストの仕組み
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。今回は、ログデータの分析および可視化の基盤を構成する5つの主なOSSや集計データを活用したキーワードサジェストの事例を紹介します。(2015/8/21)

アジャイル開発によるモジュール構成で柔軟に
「iPad」で検体管理 国立長寿医療研究センターのバイオバンク事業を支えるシステム
国立長寿医療研究センターが2012年4月に発足させた「長寿バイオバンク」。その運用効率を高めるために同センターが採用したシステムを紹介する。(2015/8/21)

気象庁、「白山」の噴火警戒レベルの運用を9月2日より開始
秋田焼山以来の追加で31火山となる。(2015/8/20)

SOHO/中小企業に効く「雷サージ対応製品」の選び方:
落雷から大切なPCやデータを守るためのポイント
夏のIT機器運用で注意しなければならないのが「雷」だ。落雷によって機器の故障はもとより、大切なデータが一瞬で破壊されて読み出せなくなるのは致命的と言える。今回はSOHO/中小企業レベルで可能な雷対策を紹介しよう。(2015/8/20)

高まる「制御端末のウイルス感染リスク」:
PR:工場を止めないために! “かんたん運用”のセキュリティ対策
製品を安定供給する上では、工場の安定操業が前提となる。多くの企業が、そのために設備の定期的なメンテナンスや部品交換を実施していることだろう。しかし近年、新たなリスクが登場している。それが生産設備を制御する専用端末の「ウイルス感染」だ。生産活動が最優先の工場において、いかに簡単に対策を実施し、安定操業を守るか──。その方法を探る。(2015/8/18)

スマホを構えずゆっくり花火が見られる! 自分の代わりに花火大会の写真を撮ってくれるサービス「たまやボタン」
8月22日「第44回相模原納涼花火大会」で運用開始。(2015/8/17)

PaaS最新事情:
レッドハットが発表したOpenShift Enterprise 3は「Dockerを知らなくても使える」基盤
レッドハットが2015年7月22日に国内発表したPaaS製品「OpenShift Enterprise 3」の最大の狙いは、Dockerを知らなくてもアプリケーションの開発・運用ができるようにすることだという。ここでは、レッドハットの日本法人の説明に基づき、OpenShift Enterprise 3を紹介する。(2015/8/18)

オンプレミスとクラウドが同じアーキテクチャだから実現できる価値:
PR:これまでのクラウドは犠牲にすることが多過ぎた!? オラクルのPaaSはどこが違うのか?
日本オラクルは2015年4月、企業が必要とする各種のクラウドサービスを包括的に取りそろえた「Oracle Cloud」の国内におけるサービスの拡充を発表した。なかでも注目されるのが、Oracle Databaseをはじめオンプレミスで多数のユーザーを擁するミドルウエア製品群をPaaSとして提供する「Oracle Cloud Platform」だ。[クラウド][ビッグデータ][セキュリティ対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c](2015/8/17)

Nanigansの広告自動最適化ツールを提供開始:
アライドアーキテクツ、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」を設立
アライドアーキテクツは2015年8月11日、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」の設立を発表した。国内外の支援実績や最新ツールが結集した横断的組織として、ソーシャルメディア広告運用の最適化を実現する。(2015/8/12)

導入コンサルから運用、BPOまで CTCが一括支援型マイナンバー管理サービス
CTCが民間企業向けマイナンバー管理システムを開発。導入コンサルから運用のプロセスまでトータル支援型サービスとして体系化して展開する(2015/8/11)

電力供給サービス:
スマートメーターの接続率は約97%、新たな電力サービスは順調な滑り出し
東京電力は2015年7月以降、スマートメーターシステムを活用した新たなサービスを実施。併せてスマートメーターオペレーションセンターでの運用も開始し、順調な滑り出しを切ったことを明らかにしている。(2015/8/11)

ITMaaS型の運用管理ソリューションが登場:
“クラウドの力”で運用管理のさらなる効率化・高品質化を実現せよ
いま、ITインフラの運用管理作業の効率化と高品質化に“クラウドの力”を活用する動きが出てきている。そうした中、マイクロソフトは、クラウド対応の運用管理スイート「System Center」に加え、新たなクラウド型IT管理サービス「Microsoft Operations Management Suite」の提供を開始した。(2015/9/4)

システムの導入がゴールにあらず
年金機構の情報流出事件に学ぶ、「きちんと運用が回る」セキュリティ対策とは
日本年金機構の個人情報漏えい事件は、世間に広くサイバー攻撃の脅威を知らしめることとなった。この事件から何を学び取るべきなのだろうか。大きく2つのポイントとそれを支える手段を紹介する。(2015/8/6)

無駄なコストや手間を掛けないために
有償/無償? 「身の丈に合った」データベース製品の選定方法とは
2015年7月に@IT主催勉強会「『身の丈』『運用コスト』から考えるこれからのデータベース選定」が開催された。無駄なコストや手間が掛けず、かつ要件を満たすデータベースを選ぶコツについて紹介する。(2015/8/6)

「女子高生AI」の技術で新たなマーケティングツールを:
トランスコスモス、「りんなAPI for Business」と「LINEビジネスコネクト」を活用したサービス開発へ
トランスコスモスは日本マイクロソフトが開発した「りんなAPI for Business」の運用パートナーとなり、LINEが提供する「LINE ビジネスコネクト」を活用し、ユーザー企業に提供すると発表した。(2015/8/7)

ホワイトペーパー:
全ITインフラの管理窓口を1つに──逃れられない運用管理をどう簡素化するか?
最も時間を費やす日々の運用管理タスクをシンプルにするには、システムの規模や種類に関係なく、一元管理できるツールが必要だ。日々運用管理に忙殺されるIT部門のために進化した統合運用管理ツールの進化を見ていこう。(2015/8/7)

製造IT導入事例:
データ連携ツール採用で製造ラインの全データを一元管理
アシストは同社が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」が、豊田ハイシステムの開発・運用する生産管理システムのデータ連携基盤として採用されたと発表した。(2015/8/7)

運用開始まであとわずか
「待ったなし」のマイナンバー対応 収集、管理、廃棄の極意を伝授
2016年1月に運用がスタートする「マイナンバー制度」。残された時間があとわずかの企業にとって「待ったなし」の状況となっている。手間を掛けず安全にマイナンバー対応するための極意を紹介する。(2015/8/10)

中小企業に安価なハウジングサービスを キヤノンS&Sの「お手軽運用パック」
キヤノンS&Sとクオリサイトテクノロジーズは、沖縄のデータセンターを活用した中小企業向けハウジングサービス「お手軽運用パック」の提供を開始する。(2015/8/6)

ホワイトペーパー:
システム運用改善は事例に学べ! 3つの成功例から改善策を探る
システム運用・維持管理コストの削減は、多くの企業に共通の課題となっている。システム運用改善でコスト削減を実現した3社の解決策から、成功する運用改善策のポイントをつかもう。(2015/8/6)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(11):
日ごろの運用管理作業をもっと楽にする、厳選した“超便利システム管理ツール”17本を一挙紹介
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第11弾は、サーバーやネットワークの管理、監視、トラブル解決など、日々の運用管理作業に役立つ厳選ツール17本を紹介する『ITプロ必携の超便利システム管理ツール集』だ。(2015/8/3)

「自社で運用」のニーズに応える:
広告運用の内製化を実現するトレーダー育成支援プログラム、エスワンオーインタラクティブが提供
エスワンオーインタラクティブは、インターネット広告の運用体制を自社内に構築するために必要な人材を育成するプログラム「インハウスカリキュラム」を、2015年8月3日から提供すると発表した。(2015/7/31)

不正ログイン「受けたことがある」3割、パスワードハッシュ化「していない」4割 総務省のWebサービス企業調査
総務省がWebサービス企業に対しパスワードの管理・運用実態について調査したところ、約3割が不正ログインの被害を受けており、約4割がパスワードのハッシュ化をしていないという結果だった。(2015/7/31)

データベースに関する調査リポート
データベース製品の利用状況は? コスト、スキル、運用管理に課題
TechTargetジャパンは2015年5〜6月、「データベースに関する読者調査」を実施した。調査結果からはデータベースの導入・検討状況、業務利用の状況が明らかになった。(2015/7/31)

ストレージ管理やバックアップの悩みを解決
話題の「VVOL」にも対応 VMware環境の最新ストレージ運用術
米VMwareが発表したストレージ管理技術「VVOL」。仮想マシン単位で細かく管理することで、性能やバックアップ運用の課題を解決する。いち早くVVOLを取り入れた最新のストレージ運用方法を紹介する。(2015/7/24)

1家に1台の時代へ:
“ドローン問題”踏まえ――感情認識ロボット「Pepper」に規制の動き
政府は自律移動型ロボットの運用ルールを平成30年度までに整備する方針を固めた。国内外からロボットを公募し、空港など公共施設での運用実験を通してルール作りを進めるという。(2015/7/30)

未知のウイルスも検知
マイナンバーの必需品、サンドボックス製品を選ぶ3つの視点
マイナンバー制度開始に向け、有効なセキュリティ対策とされる「サンドボックス」。だが、一口にサンドボックス製品といっても多様なベンダーが存在する。機能だけでなく運用も視野に製品を選ぶポイントを解説する。(2015/7/30)

ロボット「Pepper」に規制の動き トランスフォーマーも開発中 「改造型が街で悪さすると……」
政府は自律移動型ロボットの運用ルールを整備する方針を固めた。背景にはあの“人気ロボット”の存在も影響しているようだ。(2015/7/29)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。