特集
» 2016年09月12日 10時00分 公開

ランボルギーニ 先進素材開発センター潜入レポート:変革する自動車のCFRP技術、オートクレーブ成型は5年以内に消える!? (4/4)

[西川淳,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

PA成型は数時間かかるが、FC成型は20分で完了

 FC成型ならどうか。直径4mほどの、メリーゴーランドのように回転する特殊な装置の中、専用樹脂でできたメス金型の上に、さきほどのただ重ね合わせたたけのプリプレグ材を正確に載せる。張り合わせるのではなく、ただ載せるだけなので、とても簡単だ。

FC成型の進め方FC成型の進め方FC成型の進め方 FC成型の進め方。短繊維プリプレグ材を用意して(左、中央)、メス金型の上に載せる(右)(クリックで拡大)

 後は扉を閉めてスイッチを押すのみ。“メリーゴーランド”が1周するうちに、上からオスの金型が降りてきて、先ほど載せておいた素材に覆い被さり、真空引きしたのちに、プリフォームされる。ここまで、わずかに10分。

FC成型の進め方FC成型の進め方 “メリーゴーランド”が1周するうちに(左)プリフォームされる(右)(右)(クリックで拡大)

 加圧と加熱を行うプレス装置に先ほどプリフォームした素材を設置する。金型はもちろん金属製だ。115℃前後で加熱しながら300barの圧力を10分間掛けて完成となる。

 プリプレグ素材の配置から、プリフォーム、プレス行程を経て完成に至るまで、わずかに20分。FCの成型品が仕上がった。マーブル模様の仕上がりそのものは、5時間かけて作ったオートクレーブ成型品よりも格段に美しい。

FC成型の進め方FC成型の進め方FC成型の進め方 プレス装置にプリフォームした素材を設置して(左)、加圧と加熱を行う(中央)。FCの成型品が仕上がった(右)(クリックで拡大)


 FC成型は将来、メインの技術として認められるのかどうか。その鍵は、ユーザーの側にあると言えそうだ。PA成型のカーボン模様こそ最上、という信仰にも似た根強い意識を変えられるかどうかに掛かっていると筆者は思う。ランボルギーニが今、FC成型を積極的に高額オプションの装飾パーツに使っている背景には、われわれの側の意識改革も意図しているとみて良さそうである。

FC成型を積極的に活用した装飾パーツ FC成型を積極的に活用した装飾パーツ(クリックで拡大)

 そして、デ・ソト氏はこう言い切った。「この5年以内に自動車産業から、旧来からの手間暇掛かるPA成型は、消えてなくなる」、と。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.