特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2019年11月28日 11時00分 公開

ものづくり白書2019を読み解く(2):第4次産業革命で製造業の取るべき戦略、データサービスと重要部素材のシェア獲得 (2/6)

[長島清香,MONOist]

やみくもにデータを取る時代は終わりを迎える

 また、設備の稼働状況などの生産プロセスにおけるデータ収集を行っている企業の割合は、2017年12月調査と比べて67.6%から58.0%に約10%減少したものの(図4)、製造工程における機械の稼働状態の「見える化」やトレーサビリティー管理など、収集したデータを具体的な用途に活用している企業の割合については、過去3年間で増加傾向となっている(図5)。

 このことから、データの利用目的が定まらないままデータの収集のみを行っていた企業が、データ収集の取り組みから退出したことが考えられる。収集したデータを利活用にまでつなげている企業は着実に増えており、製造業におけるデータの利活用が第2段階を迎えていることが推測される。

photo 図4:生産プロセスにおいてなんらかのデータ収集を行っているか(クリックで拡大)出典:2019年版ものづくり白書
photo 図5:収集データの活用状況(経年)(クリックで拡大)出典:2019年版ものづくり白書

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.