連載
» 2019年12月04日 10時00分 公開

“脱2次元”できない現場で効果的に3D CADを活用する方法(7):「モデリング」の基本を理解して3D CAD活用の第一歩を踏み出そう! (2/3)

[小原照記/いわてデジタルエンジニア育成センター,MONOist]

最初につまずきやすい、フィーチャーの組み合わせとスケッチ、2D/3D CADの違い

 さて、前述のフィーチャーを組み合わせて、3Dモデルを作成していくわけですが、導入したばかりで3D CADに不慣れだと、どれを、どう組み合わせていいのか悩みます。3次元の設計環境とうまく付き合うには、フィーチャーの組み合わせを考えられるスキルが必要になってきます。2D CADは線を描いたり、消したりして形状を作っていきますが、3D CADは積み木を組み合わせていくような感覚で形状を作り上げていきます。

図5 2D CADと3D CADのアプローチの違い 図5 2D CADと3D CADのアプローチの違い[クリックで拡大]

 例えば、図6のようなモデルを作ろうとした場合、高さ情報が異なるので、フィーチャーを分けて押し出していく必要があります。

図6 フィーチャーを分けて行う例 図6 フィーチャーを分けて行う例[クリックで拡大]

 3D CADでモデリングをする場合、まずは作成したい3Dモデルを基本形状に分解して考えていきます。四角いブロックから削って作っていくか、円筒形状から削っていくか、あるいは、形状を追加してくっつけていくか、製造業でいう「切削」や「溶接」をイメージしていただくとよいかと思います。

 また、フィーチャーを組み合わせていく際は、設計機能ごとに分けて考えることをオススメします。そうすることで、後からの設計変更にも対応しやすくなります。複雑な形状を一度に作ろうとするより、できるだけシンプルな形状を組み合わせて作っていきましょう。

図7 フィーチャーの組み合わせ例(V字ブロック) 図7 フィーチャーの組み合わせ例(V字ブロック)[クリックで拡大]

 フィーチャーの組み合わせをイメージできたら、次はスケッチを作成していくわけですが、このスケッチでつまずいてしまう人も多くいるように思います。2D CADの経験者でも、これまでの使い勝手と違うところがあり、3D CADのスケッチに慣れるまで時間がかかる方もいます。

 その背景には、設計基準の違いがあります。2D CADと3D CADの大きな違いとして、2D CADの設計基準が「点」と「軸」の2つだったのに対して、3D CADではこれらに「面」という要素が加わっています。3D CADの世界では、この基準面を上手く活用する必要があるのです。

図8 2D CADと3D CADの設計基準の違い 図8 2D CADと3D CADの設計基準の違い[クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.