ニュース
» 2020年04月27日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:新型コロナによる日系乗用車メーカーの国内拠点、操業予定まとめ(随時更新) (1/3)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、新車需要や海外からの部品調達が受ける影響が大きくなっている。本稿では自動車メーカーの国内拠点の生産調整や休業の予定などをまとめた。情報は5月末まで随時更新する。

[齊藤由希,MONOist]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、新車需要や海外からの部品調達が受ける影響が大きくなっている。本稿では自動車メーカーの国内拠点の生産調整や休業の予定などをまとめた。情報は5月末まで随時更新する。

 最初に情報をまとめた2020年4月24日時点では、5月2〜10日の長期連休までの操業予定が発表されているが、一部の自動車メーカーは長期連休後も稼働を絞る計画を公表した。

MONOist/EE Times Japan/EDN Japanでは、製造業における新型コロナウイルス関連の記事をまとめた特設サイトも公開しています。ぜひご覧ください



トヨタ自動車

 トヨタ自動車は2020年5月以降、国内の全ての完成車工場(15工場、28ライン)で生産稼働の調整を実施する。世界的な新車需要の低迷によるものだ。5月1日と11日の2日間を非稼働日とし、稼働日を調整する。また、海外向けの車両を生産する一部の工場や生産ラインでは、5月12日以降も非稼働日を設定したり、1直化したりする予定だ。

 稼働を一時停止するのは5工場9ラインだ。トヨタ自動車の堤工場(愛知県豊田市)と田原工場(愛知県田原市)、トヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)と岩手工場(岩手県金ケ崎町)、日野自動車の羽村工場(東京都羽村市)で、5月12日から1〜5日間、一部のラインの稼働を止める。1直化(2直との交代勤務なし)するのが3工場4ラインで、トヨタ自動車の田原工場、日野自動車の羽村工場、岐阜車体(岐阜県各務原市)を対象に、一部のラインを1直化する。田原工場では2直とも従業員が出勤するが、羽村工場と岐阜車体では2直を休業対応とする。

 また、一部の海外製部品の納入に影響が見込まれるため、トヨタ自動車の高岡工場(愛知県豊田市)第2ラインと、豊田自動織機の301・302ライン(長草工場、愛知県大府市)の稼働停止期間を4月20〜28日の7稼働日とすると発表した。


 トヨタ自動車は5月15日、6月の稼働調整について発表した。「RAV4」を生産する高岡工場 第2ラインと豊田自動織機 301・302ラインを除く全ての国内生産拠点で、6月5日、12日、19日、26日(いずれも金曜日)を非稼働日とする。今後、稼働日を振り替える。この他にも7工場10ラインでさらに2〜7日間の稼働停止日を設けたり、3工場5ラインにおいて最長で8月まで1直化したりする。トヨタ自動車東日本 岩手工場と岐阜車体 第2ラインは、6月の毎週金曜日に加えて3日、4日、10日、11日、17日、18日、25日が稼働停止日となり、稼働日は週2〜3日に減る。

稼働停止予定(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
1直化の予定(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

関連記事:
トヨタ高岡工場が新型コロナの二次感染でライン停止、富士通小山工場でも感染者
トヨタとマツダが国内工場を操業停止、新型コロナによる海外需要の急減に対応
トヨタ東芝村田TDKの工場従業員が新型コロナに感染、スバルは操業停止を前倒し
トヨタ、ダイハツ、スズキがさらなる生産調整、新型コロナの影響長引く

日産自動車

 日産自動車は2020年4月21日、稼働日である4月27日〜5月1日の5日間を臨時休業すると発表した。対象となるのは、本社地区(神奈川県横浜市)、厚木地区(神奈川県厚木市)、追浜地区(神奈川県横須賀市)、栃木地区(栃木県上三川町、茂木町)などの間接部門1万5000人だ。臨時休業と長期連休を組み合わせて、4月25日〜5月10日まで合計16日間を最小人数で稼働させる。事業継続に最低限必要な業務は、従業員の安全健康管理を徹底した上で継続する。

 日産自動車は長期連休後、国内3工場において生産調整を計画している。追浜工場では5月11日に、栃木工場は5月11〜15日、18〜20日、28〜29日の車両生産を停止する。日産自動車九州は、5月11〜13日の車両生産を停止するとともに、第2工場は5月14〜15日、18〜22日、25〜29日は昼勤のみの稼働とし、夜勤の車両生産を停止する。


 日産自動車は5月11日、追加の稼働調整について発表した。追浜工場は5月12日も車両生産を停止。また、日産自動車九州の第2工場では、5月14〜15日、5月18〜19日、5月21日、5月25日、5月28〜29日の昼勤での車両生産も停止する。第2工場は上述の通り夜勤の車両生産停止のスケジュールも発表しており、稼働が大幅に落ちることになる。


 日産自動車は5月19日、新たに稼働調整の予定を発表した。追浜工場は5月25日、栃木工場は5月21日、日産自動車九州の第1工場は5月29日に車両の生産を停止する。


 日産自動車は5月20日、追浜工場内で勤務するマレリの従業員1人のCOVID-19感染を確認したと発表した。感染した本人は、保健所や医療機関の指示に従い、隔離施設に移る調整ができるまで自宅で療養する。濃厚接触者も5月20日から自宅待機とする。工場内は消毒を実施した。

関連記事: 新型コロナで日産ホンダスズキも国内工場を停止、ソニーとルネサスは海外で影響

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.