「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

医療機器ニュース:
整形外科領域デジタルプラットフォーム構築のためのパートナーシップを締結
GEヘルスケア・ジャパンとJSRは、整形外科領域でのデジタルプラットフォーム構築と新規サービス事業の立ち上げに向けて、パートナーシップを締結した。(2019/5/23)

MEDTEC Japan 2019レポート:
人体通信で医療IoT、加速する医療機器のモバイル化――MEDTEC Japan 2019レポート
医療機器の設計・製造に関するアジア最大級の展示会「MEDTEC Japan 2019」が2019年3月18日〜3月20日に開催された。本稿では、同展示会のレポートとして、医療エレクトロニクス関連の展示を中心に紹介する。(2019/5/21)

着るだけで体の動きを計測できるセンサー、活躍の場が広がる
身に着けて心臓や体の動きなどを計測できるセンサーが活躍の場を広げている。身体のデータを日常的に集めることで、健康管理や医療、スポーツに役立つと期待が高まっている。(2019/5/20)

年間1500億ドルのコスト削減に期待
「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野
医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。(2019/5/17)

医療機器ニュース:
ヘルスケア領域のモビリティサービスへ参入
フィリップス・ジャパンは、ヘルスケア領域におけるモビリティサービスへ参入する。移動可能なインフラサービスを展開することで、日本の自治体が抱える、医療施設や医療従事者の不足、医療費の増大といった課題解決に貢献する。(2019/5/16)

3Dプリンタニュース:
医療シミュレーション用に複雑な立体形状を再現した肝臓モデルを販売
伊那食品工業、ストラタシス・ジャパン、スワニー、丸紅情報システムズは、3Dプリント樹脂型「デジタルモールド」と植物由来のゲル素材から製作する臓器モデルの事業化について契約を締結し、医療業界向けに肝臓モデルを発売した。(2019/5/14)

海外医療技術トレンド(46):
Medtech×AIのゲートウェイとして注目されるモントリオール
本連載で取り上げたカナダは、医療AIのリード役も担っている。今回は、ケベック州モントリオールの最新動向を紹介しよう。(2019/5/10)

医療機器ニュース:
胸部CT画像が対象のAI技術による解析サービスのトライアルを提供
シーメンスヘルスケアは、画像診断業務に対し、AI技術によって画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像解析受託サービス」を2019年6月をめどに開始する。トライアルとして期間限定で提供する。(2019/5/9)

クラウドベンダーが満たすべき要件を解説
医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件
医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。(2019/5/8)

AWS、IBM、Microsoft、Googleも医療のAI活用に積極投資
AIの医療利用なしに「EHRが診断ミスを防ぐ」という理想は実現しない
EHR(電子医療記録)は、患者の異常所見を読み取るために必要な機能を万全に備えているとは限らない。人工知能(AI)技術をEHRに組み込むことで、見落としに起因する医療ミスの防止に役立つ可能性がある。(2019/5/7)

広瀬アリスの新人らしい苦悩に共感「ラジエーションハウス」4話 続く5話は“マンネリ”を脱せるか?
今回は“医療ドラマ”というより、広瀬アリスが主役の“お仕事ドラマ”。(2019/5/6)

医療機器ニュース:
深層学習を用いて開発されたCT画像再構成アルゴリズム
GEヘルスケア・ジャパンは、深層学習を用いて開発したCT画像再構成アルゴリズム「TrueFidelity」を発売する。大幅な被ばく低減が期待でき、画像テクスチャーの変化を抑えた読影しやすい高画質による診断能向上に貢献する。(2019/5/2)

用途はセキュリティ対策だけではない
患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選
医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。(2019/4/26)

10連休の公共機関の営業状況は? 〜郵便・銀行・医療・交通など〜
新幹線は連休後半が狙い目です。(2019/4/23)

医療用インプラント機器向けに:
ミリメートル単位まで小型化できる全固体電池
 Ilika Technologies(以下、イリカ)は、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax(ステリアックス) M50」を開発したとして、2019年4月16日、東京都内で説明会を行った。てんかんやパーキンソン患者向けの神経刺激装置や、健康維持のために肺動脈付近に埋め込む血圧センサーなどへの利用を見込んでいる。同社の最高化学責任者のBrian Hayden氏は、「早ければ2年後には、Stereax M50を搭載した機器が市場に登場すると予想している」と話した。(2019/4/22)

組み込み開発ニュース:
可視光域と近赤外線域で同時撮影できる1億2000万画素CMOSセンサー
キヤノンは、1億2000万画素CMOSセンサー「120MXSI」を発売した。可視光域と近赤外線域で同時に撮影できるため、工場での検査や計測、農業、医療など幅広い分野への応用が期待できる。(2019/4/19)

オンライン診療で医師不足を補完 「取締役の7割が医師」の企業の現状と展望
医師不足の一方、医療ニーズが多様化する医療業界。こうした現状を打破する手段の一つとして注目されているのが、医師がスマートフォンなどを使って診療を行う「オンライン診療」だ。(2019/4/18)

首相の思いを背景に:
安倍首相イチ押しの「予防医療」、財源めぐり早くもさや当て
「ただ今より第7回『明るい社会保障改革研究会』を始めます。今回でヒアリングは最後になります」――。3月27日午前8時、東京・永田町の参院議員会館の地下会議室で始まった議員連盟の会合。一般マスコミだけでなく業界情報に早い医療系専門メディアも皆無の議連に、SPとともに姿を現したのは自民党の加藤勝信総務会長と世耕弘成経済産業相だった。(2019/4/18)

ニーズは?:
オンライン診療で医師不足を補完 「取締役の7割が医師」の企業の現状と展望
医師不足の一方、医療ニーズが多様化する医療業界。こうした現状を打破する手段の一つとして注目されているのが、医師がスマートフォンなどを使って診療を行う「オンライン診療」だ。2018年度から保険点数がつき、普及が期待されている。そんな中、オンライン診療システム「ポケットドクター」を手掛けるMRT(東京都渋谷区)は取締役の7割が医師という異色の企業だ。「医者経営だからこそ、医者が使いやすいものが分かる」と語る小川智也副社長に現状と展望を聞いた。(2019/4/18)

組み込み開発ニュース:
半導体製造プロセスで作る全固体電池は「医療用インプラント機器に最適」
英国のイリカ(Ilika)が、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax M50」について説明。てんかんやパーキンソン病の患者向けに用いられる神経刺激装置(ニューロスティミュレーター)や、健康維持のため肺動脈付近に埋め込む血圧モニターをはじめ、早ければ2021年にも医療機器メーカーの採用を見込む。(2019/4/17)

医療機器ニュース:
健康・医療情報データプラットフォーム構築に関する覚書を締結
ソフトバンクと東京大学は、健康・医療情報の利活用を促進するデータプラットフォームの構築とその社会実装方法の検討を開始するため、覚書を締結した。(2019/4/15)

製造業がサービス業となる日:
スマート工場のノウハウで病院をスマート化、GEヘルスケアは「社会実装」を重視
GEヘルスケア・ジャパンが2019年の成長戦略について説明。同社 社長兼CEOの多田荘一郎氏は、医療業界を取り巻く課題を挙げた上で「これらを解決するための社会実装をどうしていくかが重要だ。当社は、IoTやAI、協業による価値創造などで社会実装を進め、課題解決に取り組みたい」と語った。(2019/4/12)

医療機器ニュース:
AIとロボットを用いた医療説明支援の共同研究
エクスウェアと聖路加国際大学は、AIとヒト型ロボットを用いてインフォームド・コンセントを支援する共同研究を開始した。標準的な内容の説明をロボットに任せることで、医師は患者の状況に合わせた説明に集中できる。(2019/4/12)

「5Gサービス」視線は地方 遠隔医療、自動運転…新産業を創出
第5世代移動通信システムの電波の割り当てが決まった。(2019/4/11)

苦戦を強いられるレガシーEHRベンダー
メモや処方箋などの非構造化データも処理 IBMとAWSの医療データ活用技術
IBMやAmazon Web Servicesが医療業界をターゲットに新たなサービスを提供している。注目すべきは、これらの企業が人工知能(AI)といった、今までのEHR製品にはなかったテクノロジーを取り入れている点だ。(2019/4/11)

医療機器ニュース:
皮膚のような柔軟性を持つ再生医療用ポリマーを開発
東レは、皮膚と同等の柔軟性を持つ再生医療用ポリマーを開発した。また、このポリマーの加水分解による分解速度を10倍に向上させる技術も見出した。医療用途をはじめ、さまざまな分野への適用が期待される。(2019/4/9)

0.5歩先の未来を作る医療IT
在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由
在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。(2019/4/4)

医療機器ニュース:
ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に成功
日立製作所と理化学研究所は、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮のシート状組織「RPE細胞シート」を自動培養することに成功した。再生医療用細胞の品質が均一化し、量産による細胞の安定供給が可能になるため、再生医療の普及に貢献する。(2019/4/5)

製造業IoT:
自動車に次ぐ輸出産業となるか、「スマート治療室」の最上位モデルが完成
東京女子医科大学、日本医療研究開発機構(AMED)、デンソー、日立製作所は、IoTを活用して手術の精度と安全性を向上させる「スマート治療室」の「ハイパーモデル」を東京女子医科大学病院に設置し、2019年2月から臨床研究開始したと発表した。(2019/4/4)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】
「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由
デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。(2019/4/10)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】
IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか
IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。(2019/4/8)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
少数精鋭の税理士集団がサーバ環境を自力構築、高度な要件をクリアした方法とは
少数精鋭の税理士集団である藤戸綜合事務所。医療法人の顧客も多い同社にとって、個人情報保護に向けたセキュリティ対策は重要だ。そんな同社が、高いセキュリティ要件を満たしつつ、サーバの構築と運用を自力で行える理由とは。(2019/4/2)

ホワイトペーパー:
Apple Health Records APIは、レガシーシステムだらけの医療業界の救世主になる?
医療業界に多く残るレガシーシステムがデータ連携の障害となっている。そのため、医療情報の相互運用性を目指した次世代の標準仕様「FHIR」に関心が集まっている。Appleが「Health Records API」を公開したことは追い風になる可能性がある。(2019/4/2)

海外医療技術トレンド(45):
北欧型AI戦略とリビングラボから俯瞰する医療機器開発の方向性
本連載で取り上げた北欧・バルト海諸国のヘルスデータ改革の波は、AI(人工知能)戦略と融合しようとしている。(2019/3/29)

医療機器ニュース:
再生医療に活用できるiPS細胞大量自動培養装置を製品化
日立製作所は、iPS細胞大量自動培養装置「iACE2」を製品化した。完全閉鎖系の流路モジュールを用いて、再生医療に使用するiPS細胞を無菌環境で播種(はしゅ)、培養、観察でき、品質の高い細胞を安定的に供給する。(2019/3/28)

フェラーリなど乗り回す姿も:
総合病院が“横流しの薬” 中国では美容効果で人気
肝臓治療の処方薬「ラエンネック」を販売目的で許可なく病院内に保管していたとして、千葉県野田市にある総合病院の理事長が医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された。ラエンネックは肝機能障害の治療に用いられるほか、中国などでは美容に効果があるとして高値で取引されており、千葉県警は、中国へ転売する目的で薬を横流ししていた可能性があるとみて裏付けを進めている。(2019/3/26)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

医療機器ニュース:
半月板断裂部位への滑膜幹細胞移植技術に関する特許ライセンス契約
富士フイルムと東京医科歯科大学は、半月板損傷を対象とした、自家間葉系幹細胞の移植技術に関する特許ライセンス契約を締結した。富士フイルムは、この滑膜幹細胞を用いた再生医療製品の開発、製造、販売の独占的実施権を取得する。(2019/3/22)

治療ができなくなる可能性も
医療機関のITシステムに残るハリケーンの爪痕 災害の影響を最大限に抑えるには
治療に必要なデータの管理をITシステムに頼る医療機関は、自然災害に免疫がない。そのため被災後に復旧を試みるよりも、事前に準備しておくことが重要だ。(2019/3/19)

Appleとスタンフォード大、「Apple Watch」ユーザー40万人参加の医療アプリ調査結果報告
Appleとスタンフォード大学は、2017年11月に米国で公開した「Apple Watch」向け医療アプリ「Apple Heart Study」による研究調査結果を発表した。心房細動検出に成果があったとしている。(2019/3/18)

キャッシュレスで診療、会計待ち不要の「料金後払いシステム」――順天堂医院、2019年4月から開始
順天堂医院は、病院会計の待ち時間を解消する「料金後払いシステム」の運用を開始する。患者は、診察後に支払窓口で会計をすることなく、すぐに帰宅できる。グローリーの「医療業界向け料金後払いシステム」と富士通の医事会計システム「HOPE X-W」を連携させた。(2019/3/18)

組み込み開発ニュース:
仮想化プラットフォームを日本向けに正式リリース、航空、クルマ、医療を狙う
ウインドリバーは2019年3月14日、東京都内で記者説明会を開き、「Helix Virtualization Platform」を日本市場向けに正式にリリースしたと発表した。(2019/3/18)

製造業IoT:
オリンパスの「ICT-AIプラットフォーム構想」、医療と産業の両分野で展開
オリンパスは2019年3月13日、東京都内で会見を開き、同社が事業を展開する医療、ライフサイエンス、産業分野に向けて「ICT-AIプラットフォーム構想」を立ち上げたと発表した。(2019/3/14)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
「医療データは闇市場でクレカ情報より約20倍の値がつく」 医療IoT機器のセキュリティを死守するために
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/3/14)

高齢者支援が重荷に:
「見えない増税」に注意! 健保組合の保険料が10年で10万円アップ
日本の医療保険制度を支える健康保険組合の経営悪化が進行している。健康保険組合連合会が昨年末に発表したデータによると、平成29年度は加盟約1400組合のうち4割以上が、支出が収入を上回る赤字状態となった。背景にあるのは高齢者向け医療費の慢性的な増加で、健康保険に加入する現役世代が高齢者の医療費を支える構図が強まっている。こうした中、加入者が負担する保険料はこの10年で10万円も上がり、手取り収入は押し下げられる一方だ。日本経済は緩やかな回復基調が続いているというが、消費者(加入者)の負担感は当面拭えそうにない。(2019/3/13)

iPS細胞を自動で培養 日立が装置、再生医療普及に一役
日立製作所は11日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の自動培養装置を製品化したと発表した。再生医療に用いる装置に関する国内規制を初めてクリアした。高品質のiPS細胞を人手に頼らず大量に安定供給することで、再生医療の普及を後押ししそうだ。(2019/3/12)

医療機器ニュース:
被ばく線量を可視化し、線量情報を管理できるワークステーション
キヤノンメディカルシステムズは、X線画像診断システムの情報を収集・管理する被ばく線量管理ワークステーション「DoseXross」を発売した。線量分布や閾値を超えた線量値などの情報を直感的に把握でき、医療放射線の適正管理を支援する。(2019/3/7)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(2):
医療機器サイバーセキュリティのチェックすべきポイント
さまざまな機器がネットワークにつながるようになり、機器の生産性や利便性は大きく高まった現代。しかし同時にセキュリティの問題が生じ、開発段階からセキュリティ対策を行うことが必須となる。連載第2回では、医療機器におけるサイバーセキュリティを解説する。(2019/3/6)

海外医療技術トレンド(44):
APIエコノミーが主導する米国の医療データ連携とAI
本連載ではこれまでにも何度か米国の医療データ相互運用性標準化動向を紹介してきた。これに関連して、新たな経済インセンティブの仕組みづくりが加速している。(2019/3/1)

まだまだ無視できない5つの先進技術
AI、データ分析、ブロックチェーン……医療業界が最優先にすべき技術トレンドはどれ?
医療業界で注目すべき技術トレンドとして、2019年も引き続き人工知能(AI)とブロックチェーンは注目を集めるだろう。仮想現実、データ分析、ハイブリッドクラウドなど、無視できないトレンドをおさらいする。(2019/2/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。