「スーパーCCDハニカム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療機器ニュース:
“スーパーCCDハニカム”で高画質化、富士フイルムが細径内視鏡を発売
高い挿入性と処置機能、高画質化を実現した下部消化管用処置用スコープ(細径内視鏡)「EC-580RD/M」が富士フイルムから発売される。内視鏡検査や内視鏡下手術の時間が短縮されることにより、医師のストレス軽減や患者への負担軽減に寄与することが期待されている。(2014/5/8)

富士フイルム、「位相差画素」など新FinePixのキー技術を説明
富士フイルムは新製品「FinePix F300EXR」などに搭載された、位相差撮像素子内蔵の「スーパーCCDハニカムEXR」やツインシフト式レンズなどの概要を紹介した。(2010/7/21)

イヌネコ対応“EXR”搭載コンパクト「FinePix F80EXR」
“人間の目”を参考にした撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載したコンパクトデジカメ「FinePix F80EXR」。イヌネコへ自動的にピントを合わせるペット自動検出機能も備えた。(2010/3/9)

2画面表示可能タッチパネル液晶にペット検出「FinePix Z700 EXR」
スリムな「FinePix Z」にスーパーCCDハニカムEXRを搭載した「FinePix Z700 EXR」が登場。大画面タッチパネルを生かした2画面表示や液晶回転機能のほか、犬猫検出機能も備えた。(2010/2/2)

14.3倍ズームの「スーパーCCDハニカムEXR」搭載機 「FinePix S200EXR」
富士フイルムは「スーパーCCDハニカムEXR」に超高倍率レンズを組み合わせたデジタルカメラ「FinePix S200EXR」を発売する。(2009/8/28)

レビュー:
高感度でも高画質なお手頃デジカメ――「FinePix F70EXR」
「スーパーCCDハニカムEXR」搭載デジカメの第二弾。“高感度で低ノイズ”を継承しつつ、10倍ズームや“EXRオート”を搭載したお手軽&お手ごろモデルだ。(2009/8/17)

27ミリからの10倍ズーム、コンパクトな“EXR”搭載機 「FinePix F70EXR」
富士フイルムが、人間の目を目指した撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」搭載の第2弾デジカメ「FinePix F70EXR」を発売。27ミリからの10倍ズームも備え、使い勝手も高めた。(2009/7/22)

「人の目、そのまま」、富士フイルムが「スーパーCCDハニカム EXR」開発
富士フイルムが“人間の目に近づいた”、新型撮像素子「スーパーCCDハニカム EXR」を開発。2009年早期の製品搭載を目指す。(2008/9/24)

手軽に9メガ――コンパクトデジカメ「FinePix A900」
富士フイルムがコンパクトデジカメ「FinePix A900」を発表した。903万画素の「スーパーCCDハニカムHR」を搭載し、多彩な撮影モードでユーザーをサポートする。(2007/6/5)

永山昌克インタビュー連載:
美しい肌の色にこだわりました――「FinePix S5 Pro」開発者インタビュー
富士フイルム「FinePix S5 Pro」は、新開発のスーパーCCDハニカム「SR Pro」と新しい画像処理「リアルフォトエンジンPro」を搭載したデジタル一眼レフ機だ。その商品企画担当者に開発の狙いをうかがった。(2007/2/1)

富士フイルム、第5世代スーパーCCDハニカム搭載の6メガエントリー機
富士フイルムはコンパクトデジカメ「FinePix A600」を発売する。6メガの第5世代スーパーCCDハニカムを搭載しながらも、実売想定価格は1万9000円前後。(2006/10/26)

永山昌克インタビュー連載:
高感度によって失敗写真をなくす――「FinePix F30」の開発者に聞く
富士写真フイルム「FinePix F30」は、新世代のスーパーCCDハニカムと独自のノイズリダクションによって、高感度と高画質を両立したコンパクトデジカメだ。従来から進化したポイントは何か。開発者に話を聞いた。(2006/6/15)

富士写真フイルム、第5世代スーパーCCDハニカム搭載の低価格機「FinePix A500」
富士写真フイルムは、「スーパーCCD ハニカム V HR」を搭載したコンパクトデジカメ「FinePix A500」を発表した。2月下旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では2万円前後になる見込みだ。(2006/1/26)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ハニカム三兄弟、三男坊の実力は? 〜F902i
N902iやD902i同様、記録400万画素のスーパーCCDハニカムを搭載しているF902i。前モデル「F901iC」は普通の200万画素CCDだったが、どれだけ機能アップしたか。(2006/1/13)

512万画素&光学10倍ズームで5万円前後、富士写真フイルム「FinePix S5200」
富士写真フイルムは7月28日、有効512万画素のスーパーCCDハニカムと光学10倍ズームレンズを搭載したデジタル一眼レフカメラ「FinePix S5200」を発表した。9月発売予定で価格はオープン。店頭では5万円前後になる見込みだ。(2005/7/28)

実効903万画素、富士写真フイルムがデジ一眼「FinePix S9000」発表
富士写真フイルムはレンズ一体型一眼デジタルカメラのフラグシップモデル「FinePix S9000」を発表した。有効画素数903万画素を実現した第5世代スーパーCCDハニカムと光学10.7倍ズームを搭載。8月下旬に発売する予定だ。(2005/7/28)

バックライトオフでも情報が見える──400万画素携帯「D901iS」
「D901iS」は、記録画素数400万画素の200万画素スーパーCCDハニカムを搭載したスライド端末。バックライトオフでも一部情報を確認できるディスプレイを搭載した。(2005/5/17)

ケータイカメラ画質研究ラボ:
色は悪くないがエッジの甘さが気になる〜「N901iC」
100万画素のスーパーCCDハニカムを搭載した「N901iC」。エッジが甘い点は気になるが、新たに搭載された自動補正のコンセプトを評価したい。(2005/2/8)

スライドボディの「D901i」、2月1日に発売
三菱電機製のスライド端末「D901i」が、2月1日から店頭に並ぶ。AF機構付きの200万画素スーパーCCDハニカムを搭載、スライド操作に各種機能を連動させた「スライドダイレクト」が特徴。(2005/1/28)

富士写、コンパクトデジカメ「FinePix F810」「FinePix E550/510」を発表
富士写真フイルムは7月28日、スーパーCCDハニカムIV HRを採用した有効画素数630万画素の「FinePix F810」「FinePix E550」、正方画素CCD520万画素で28ミリの広角に対応する「FinePix E510」など3機種を発表した。(2004/7/28)

富士写、デジタル一眼レフカメラ「FinePix S3 Pro」を発表
富士写真フイルムは7月28日、有効画素数1234万画素のデジタル一眼レフカメラ「FinePix S3 Pro」を発表した。ダイナミックレンジが約4倍広くなった、新開発の「スーパーCCDハニカム SRII」を搭載。10月上旬発売で、店頭予想価格は約26万円前後。(2004/7/28)

デザインから機能まで、生まれ変わった“D”〜「V401D」
記録画素数200万画素のスーパーCCDハニカムを搭載した「V401D」。“デジタルカメラライク”ではなく“デジカメそのもの載せる”という意気込みで開発されたこの端末は、これまでの三菱電機製端末とは、ちょっと違う。(2004/6/10)

記録画素数200万画素、デジカメライクな「V401D」
三菱電機製の「V401D」は、記録画素数200万画素のスーパーCCDハニカムを搭載。1.3インチの大型背面ディスプレイをファインダーにデジカメスタイルでの撮影が可能だ。(2004/5/10)

ケータイカメラ画質研究ラボ:
きれいな発色、カメラ起動に課題〜「N900i」
900iシリーズの中では最軽量の「N900i」は記録画素数200万画素の100万画素スーパーCCDハニカムを搭載してきた。歪みも少なく画質も良好で、白熱灯下では、赤みが見事に補正された写真が撮影できた。(2004/3/12)

横長ボディにフィットするワイド液晶――富士写、SR第2弾「F710」
富士写真フイルムが、スーパーCCDハニカムIV SR搭載の第2弾「FinePix F710」を発表。デジカメでは世界初というアスペクト比16:9のワイド画面液晶を搭載している。3倍ズーム搭載エントリー機「A340」「A330」も登場。(2004/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。