「共同開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共同開発」に関する情報が集まったページです。

コンクリート技術:
産廃の“戻りコン”を再生する環境コンクリ、「藤沢公民館建設」に6000m3適用され藤沢市内の廃棄量600tも削減!
鹿島建設、三和石産、東海大学が共同で開発した環境配慮型コンクリート「エコクリートR3」が、神奈川県・藤沢市で建設が進む複合施設建設工事の建物躯体に6000m3適用された。産廃となるしかない施工で使用できない生コンを再利用するため、藤沢市内で発生する生コンの廃棄量を約600t削減することにつながるという。(2019/1/21)

「FGO」のディライトワークス、「ログレス」開発元に7億5000万円出資 新規スマホゲームを共同開発
「Fate/Grand Order」を開発・運営するディライトワークスが「剣と魔法のログレス」を開発するAimingと資本業務提携を結んだ。(2019/1/16)

CES2019:
日本のAGLメンバーでコックピットを共同開発、量産車向けの機能盛り込む
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、サプライヤーなど日系企業のAGLメンバーで開発したインフォテインメントシステムでデモンストレーションを行った。(2019/1/16)

ロブ・ミー氏に聞く、企業アプリケーション開発環境の今(1):
Pivotal CEOが、「いつかKubernetes製品をやめる日がくる」と話す理由
Pivotalは現在のところ、VMwareと共同で開発したKubernetes製品「Pivotal Container Service」にも力を入れている。だが、CEOのロブ・ミー氏は、「いつの日かPivotalが提供する必要はなくなるだろう。そうなればありがたい」と話す。(2019/1/16)

コーディネート時のシルエットも考慮しておすすめ ZOZOと同志社大学、レコメンドエンジンを共同開発へ
「ZOZO研究所」が同志社大学とファッションコーディネートのレコメンドエンジンを共同開発へ。コーディネートアプリ「WEAR」のビッグデータを活用する。(2019/1/15)

深層学習で日中翻訳:
プロ翻訳者並みの精度を達成した日中機械翻訳エンジン、みらい翻訳とNICTが共同開発
みらい翻訳は情報通信研究機構(NICT)と共同で、日中機械翻訳エンジンの精度を向上させた。プロの翻訳者と同等の翻訳精度を備えるという。企業向けに提供している機械翻訳クラウドサービスのエンジンに採用する。(2019/1/15)

CES 2019:
五輪選手の躍動、リアルタイムで3Dモデルに IntelとAlibabaが開発へ
米Intelと中国Alibabaが、アスリートの動きを立体的にトラッキングする技術を共同開発へ。ビデオカメラが捉えた映像をAIが分析し、アスリートの3Dモデルを作成する。(2019/1/9)

残された難題とは:
見えてきた次期国産戦闘機F−3「ここまで“出来て”いる」
航空自衛隊の「次の主役」を担う新鋭戦闘機F−3の姿が見えてきた。米国や英国との共同開発案もささやかれる中、日本主導で開発できるだけの技術力があるのか疑問を呈する声もある。しかし最も重要な大出力エンジンと高性能レーダー、そしてステルス技術の核心でもあるウエポン・ベイなどがすでに完成の域に達している。だが、F−3誕生にはまだ難題が残されている。(岡田敏彦)(2019/1/9)

3DCAD:
住友林業がCADベースの住宅プレゼン用“3DCG”システムを開発、フォトリアルな質感と深みのある陰影を再現
住友林業は、シリコンスタジオと共同開発した3次元住宅プレゼンテーションシステム(3DCAD)を2019年1月2日から本格運用する。新型3DCADは、実写に迫る高画質で設計プランを3DCG化し、施主に住まいのイメージを分かりやすく体験してもらう新たなプレゼンツール。(2018/12/26)

デンソー/トヨタ自動車:
ペダル踏み間違え事故軽減の救世主となるか? 後付けできる加速抑制装置
デンソーは、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違えによる衝突事故の軽減に貢献する後付け装着可能な「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を、トヨタ自動車と共同開発したことを発表した。(2018/12/21)

スマートアグリ:
AIを活用した農作物の生産量予測システムを共同開発
富士通は、高知県およびNextremerと共同で、農作物の生育から出荷までのデータを一元管理し、AI(人工知能)を活用して生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」を開発した。(2018/12/20)

情報化施工:
“5G通信”で建機2台を遠隔操作し土砂運搬に成功、KDDI・大林組・NECが共同開発
KDDI、大林組、NECの3社は、大阪府茨木市で建設中の「安威川ダム」で、次世代移動通信システム「5G」を活用したバックホウとクローラーダンプを遠隔操作により連携させる実証実験を行い、成功させた。(2018/12/18)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
お値段約30万円、重さ257g Samsungの高級折りたたみスマホ「W2019」に触れた
中国では数年前から高級路線を行く高価格なスマートフォンが販売されています。SamsungとChina Telecomが共同開発している「心系天下」シリーズです。その最新モデルに触れました。(2018/12/16)

産業用ロボット:
AIを活用しプログラミング不要の多関節ロボットを共同開発
FUJIとALBERTは2018年12月13日、AI(人工知能)、ディープラーニング技術を活用し、ティーチングやプログラミングを必要としない多関節ロボットを共同開発したと発表した。(2018/12/14)

AIで人物を検知して製鉄所の作業安全をサポート 危険時はAIが警報を発してラインを停止――JFEスチール、NECらが共同開発
大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、AIを活用して製鉄所の作業者の安全行動をサポートするシステムを、NEC、NECソリューションイノベータと共同開発した。監視カメラ映像が高精度に作業者を検知して、立ち入り禁止エリアへの不意の侵入にはAIが検知して警報を発し、自動でラインを停止させる。(2018/12/12)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

Googleが提供する音声認識テキスト変換APIを活用:
音声認識から字幕表示まで約1秒――AbemaTV、AIによるリアルタイム字幕をニュース番組に試験導入
AbemaTVは昼のニュース番組「けやきヒルズ」で、AI(人工知能)によるリアルタイム字幕システム「AI(あい)ポン」を試験的に導入する。このシステムは、AbemaTVとテレビ朝日が共同開発した。(2018/12/11)

「好きかも?」AIで分析 東大と「Pairs」がタッグを組む理由
「Pairs」を運営するエウレカが、東京大学とマッチングアルゴリズムを共同開発する。利用者の行動履歴などをAIを活用して分析し、「質の高いマッチングの実現を目指す」としている。(2018/12/10)

“モテる”メッセージの送り方も分析:
恋の相性を「知」で解明――婚活アプリ「Pairs」が東京大学と提携、マッチング精度向上へ
恋愛マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカと、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室が提携。より相性のよいユーザー同士を結び付けられるサービスのアルゴリズムを共同開発していく。交際につながりやすいメッセージの文面なども分析する。(2018/12/10)

混雑原因を数分で発見 混雑予測シミュレーション分析の新技術――富士通研究所と早稲田大学が共同開発
富士通研究所と早稲田大学理工学術院が、人間行動シミュレーションの結果から混雑原因を短時間で発見する技術を共同開発した。空港の混雑緩和施策の分析では、従来手法の約4倍の混雑原因を発見できた。富士通研究所の都市監視サービスと連携させたソリューションとして実用化を目指す。(2018/12/10)

50台限定:
日産、イタルデザインとコラボした「GT-R50」受注開始 価格は1億円超、カラーを自在に変更可能
日産自動車が伊Italdesignと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の受注を50台限定で始めた。黒×金にとどまらず、配色を自由に変更できる点が特徴。税別価格は99万ユーロ(約1億2700万円)。(2018/12/7)

安全システム:
後付けでペダル踏み間違いによる加速を抑制、トヨタとダイハツがそろって発売
トヨタ自動車は2018年12月5日、販売済みの車両向けに後付けできるペダル踏み間違い加速抑制装置の販売を開始したと発表した。トヨタ自動車のシステムはデンソーと共同開発したもので、超音波センサーと表示器、コントローラーで構成されている。同日でダイハツ工業も同様の後付け用システムの発売を発表したが、別個に開発したものとなる。(2018/12/7)

ラインイベントゼロを目指し:
オムロンとエイシングが提携、「次世代AI搭載コントローラー」などの開発を強化
オムロンは、組み込み型AIを手掛けるエイシングと提携し、制御機器用AIエンジンを共同開発したことを発表した。(2018/12/7)

鹿島と阪神高速が超高強度と軽量化を両立させた「UFC道路橋床版」を初適用
阪神高速道路と鹿島建設は、「超高強度繊維補強コンクリート(UFC)道路橋床版」を共同開発し、阪神高速道路のリニューアル工事に初適用した。UFC床版は、超高強度で高い耐久性を保持し、軽量化を実現した床版で、道路橋床版の取替え用として、これから老朽化した高速道路のリニューアル工事に適用されていくことが見込まれる。(2018/12/4)

スマートファクトリー:
“ラインイベントゼロ”実現へ、オムロンが機械制御向けAIベンチャーと提携
オムロンは2018年11月29日、製造ラインで発生する不具合などをゼロにする“ラインイベントゼロ”を目指し、AIベンチャーのエイシングと提携し、制御機器向けAIエンジンを共同開発することを発表した。(2018/11/30)

組み込み開発ニュース:
Wi-SUN FANネットワークを利用し「Arm Pelion IoT Platform」との接続に成功
ローム、京都大学、日新システムズは、国際無線通信規格Wi-SUN FAN準拠のソフトウェア搭載のハードウェアを共同開発し、Wi-SUN FAN経由で「Arm Pelion IoT Platform」との接続実験に成功したと発表した。(2018/11/29)

FAニュース:
NTTの光通信技術でレーザー加工機が進化、三菱重工による実証段階へ
日本電信電話(以下、NTT)は、「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」の報道陣向け先行公開において、レーザー加工用ハイパワー光制御技術を披露した。レーザー加工機を手掛ける三菱重工業と共同で開発を進めており、2019年度には同社における加工実証の段階に入るという。(2018/11/27)

地盤改良工事の“施工位置”と“工事進捗”をリアルタイムに見える化、BIMとの連携も視野に
東急建設とテノックスは、地盤改良工事を対象に施工位置情報と、施工機械から得られる施工情報を、リアルタイムで一元管理可能な施工管理システムを共同開発した。既に東京都市大学の学生寮新築工事に試験導入し、工事立ち会いのタイミングロス低減に効果があった他、施工中の計画変更にも迅速に対応できることが確認された。今後は、BIMモデルと施工管理システムを連携させ、維持管理や更新時の設計にも活用できるシステム構築を目指すという。(2018/11/27)

日本人の英会話スキル、AIが評価 イーオンとKDDIが共同開発 英語を話せない記者が体験
イーオンとKDDI総合研究所が、英会話を学ぶ日本人向けに、AI(人工知能)を使って英語の発音を評価するシステムを共同開発した。(2018/11/22)

世界体操に「自動採点システム」 国際体操連盟が採用決定 富士通と開発
国際体操連盟と富士通は、共同開発してきた体操競技の採点システムを、体操連盟が採用することを決めたと発表した。今後のワールドカップで実運用テストを行い、来年ドイツで行われる世界体操競技選手権大会で導入する予定だ。(2018/11/22)

富士通、AIで体操競技の採点自動化 国際体操連盟と共同開発、19年の世界選手権で導入
2019年開催の世界選手権で導入され、東京五輪・パラリンピックでも5種目の採点支援に用いられる。(2018/11/22)

大規模データの匿名処理を約100倍高速化 データの有用性とプライバシー保護を両立――東大と日立が共同開発
東京大学生産技術研究所と日立は、パーソナルデータを含む大規模データの匿名加工処理を高速化する技術を開発。日立は2019年度中にデータベースソフト「Hitachi Advanced Data Binder」に同技術を組み込む。【訂正】(2018/11/21)

医療機器ニュース:
治療する医師と同じ視点で手術を体験できる医療研修VR
ジョリーグッドとジョンソン・エンド・ジョンソンは、治療する医師と同じ視点で手術を体験できるサービス「医療研修VR」を共同開発する。第1弾として、不整脈の一種である心房細動の手技をVR化した。(2018/11/19)

ホンダ、初音ミクのスポーツカー向け運転支援アプリ「オソバ」を開発 車両情報を取得して喋る
ホンダとドワンゴが、ドライブをサポートするスマホアプリ「osoba」を共同開発した。走行状況に合わせて、初音ミクがドライバーにアドバイスをしてくれる。(2018/11/15)

アーク、プロゲーミングチーム「SunSister」推奨のハイスペックゲーミングPCを発売
パソコンショップアークは、プロゲーミングチーム「SunSister」と共同で開発したハイスペック構成ゲーミングPCの販売を開始した。(2018/11/9)

ドコモとAGCが共同開発:
窓が基地局に、「ガラスアンテナ」を貼るだけ
NTTドコモとAGCは2018年11月7日、窓ガラスの室内側に貼り付けられる、電波の送受信が可能なガラスアンテナを共同開発したと発表した。両社は「世界初」とする。2019年上期より、LTEの周波数帯の基地局に同ガラスアンテナを展開していく予定だ。(2018/11/8)

3段階のとろみ調節:
高齢者の誤嚥防止、飲料にとろみの自販機 介護の負担軽減
のみ込む(嚥下(えんげ))機能が低下した高齢者などのために飲料にとろみを付けるカップ式自動販売機を、医療介護補助食品製造のニュートリー(三重県四日市市)と自販機運営・管理のアペックス(愛知県大府市)が共同開発した。介護現場では誤嚥や窒息防止のため手作業で飲料にとろみを付けているが、この自販機を導入すれば負担を軽減できるとしている。(2018/11/8)

ドコモとAGCが「窓の基地局化」に成功 室内側から貼り付けできるガラスアンテナを共同開発
NTTドコモとAGCは、11月7日に既存窓ガラスの室内側から貼り付けできる電波送受信可能な「ガラスアンテナ」を共同開発したと発表。これにより景観を損ねない「窓の基地局化」が世界で初めて可能になる。(2018/11/7)

景観損ねず高速通信:
ドコモとAGCが「窓の基地局化」実現 ガラスタイプのアンテナ開発、19年に実用化
NTTドコモとAGCが、電波の送受信ができ、アンテナとして機能するガラス「ガラスアンテナ」を共同開発。景観を損ねることなく通信基地局として機能する点が特徴。2019年上半期から、携帯電話のサービスエリア拡充に取り入れる。(2018/11/7)

光ID技術を活用した電子スタンプ CCCマーケとパナソニックが開発 メリットは?
CCCマーケティングとパナソニックが、電子スタンプサービス「光スタンプ」をパナソニックと共同開発。「スマホサイフ」アプリからカメラを立ち上げ、画面に光を映すとスタンプを取得できる。CCCマーケは「ウォレットレス社会」に向けた取り組みとしている。(2018/11/6)

「ポイントカードの持ちすぎ」解消へ 紙のスタンプを電子化、CCCとパナソニック
CCCマーケティングとパナソニックが「電子スタンプ」を共同開発。商店街の店舗などのスタンプを電子化し、スマホアプリで記録・管理できるようにする。(2018/11/5)

医療機器ニュース:
3つの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発
SOMPOホールディングス、SOMPOヘルスサポート、東芝、東芝デジタルソリューションズは、生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発した。ヘルスケアサービスに関するノウハウと、AI、ビッグデータ解析技術を融合している。(2018/11/5)

ジョイントベンチャーも設立:
グリーと中国「ビリビリ動画」運営元が提携 ゲーム開発・VTuber事業で協力
グリーと中国Bilibiliが業務提携。12月に合弁会社を設立し、スマホゲームアプリを共同開発していく。「VTuber」事業でも協業し、配信でも連携する。(2018/10/30)

「過去一番のヒット」 サイバー藤田社長、任天堂と開発したスマホゲーム「ドラガリアロスト」に期待
サイバーエージェントが2018年度通期決算を発表した。任天堂と共同開発したスマートフォンゲーム「ドラガリアロスト」は、同社史上「過去一番のヒット」としており、ゲーム事業は引き続き期待が持てるという。(2018/10/25)

電力供給サービス:
店舗の省エネ支援AIサービス、関電とアイ・グリッドが共同開発
アイ・グリッド・ソリューションズと関西電力が、店舗や商業施設向けのエネルギーマネジメントシステムを共同開発。従来のシステムで提供していたAIを活用した需要予測や、省エネ行動の促進に加えて、店舗設備の運用改善・改修、店舗運営の支援機能を追加する。(2018/10/25)

建設現場向けデジタルサイネージ:
建設現場でEC決済を可能にするDSシステム、現場管理や安全教育のサービスも提供
飛島建設とWill Smartは、建設現場向けのデジタルサイネージシステム(DS)を共同開発した。このシステムにより、建設現場でのEC決済や入退場記録、健康管理、安全教育コンテンツの配信などを行い、過去にない建設現場支援サービスとして建設現場の働き方改革、生産性向上を図っていく。(2018/10/24)

バンナムとアステラス製薬、「継続的な運動」支援するスマホアプリ共同開発 腕時計型端末「Moff Band」活用
アステラス製薬とバンダイナムコエンターエンターテインメントは、継続的な運動を支援するスマートフォンアプリに関する共同開発契約を結んだ。(2018/10/23)

CEATEC JAPAN 2018:
顔と手のひらを見せるだけ KDDIと日立が「手のひら決済」を披露 課題はスピード?
キャッシュレス決済の新しい形が生まれそうだ。KDDI研究所と日立製作所が共同開発している「てのひら決済」では、顔と手のひらを認証させるだけで決済できる。KDDIが開発した掌紋の画像認証技術と、日立が開発した掌紋向けPBI技術を活用している。(2018/10/16)

脳血流など生体情報を取得するVRデバイス ユーザーの興味関心や集中度を客観視
ベンチャーのNeUとVRデバイス開発のFOVEが生体情報を一括計測するVRデバイスを共同開発。ユーザーの興味関心を客観的に計測できる。(2018/10/15)

基板表面に実装可能:
IoT時代に最適な超小型アンテナをNECと日本航空電子工業が共同開発
NECと日本航空電子工業は、無線通信機器に幅広く搭載できる世界最小クラスの高性能アンテナを新開発した。(2018/10/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。