• 関連の記事

「Oracle Exalogic」最新記事一覧

Engineered Systemsを“日本品質”で提供できる理由:
PR:長年蓄えた独自ノウハウを凝集 Oracle Exadataの導入から活用までをワンストップで支援するNEC
日本国内における「Oracle Exadata」の導入推進において大きな存在感を放つNEC。2012年に取り扱いを開始して以来、さまざまな業種/業界に170台以上を導入してきた同社のエキスパートらに最新の活用事例や取り組みを聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/1/25)

ナビゲーター卒業、そして新世代へ:
PR:SPARC/SolarisやSuperClusterが、SAPに最適な理由とは何ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からSAPアカウント担当 バイスプレジデントを務めるゲルハルト・カップラーが来日したので、SAPのお客さまに対して、オラクルはどのようなテクノロジーを提供し、お客さまはどのような価値を享受できるのかを聞いてきました。(2016/9/20)

Exadata、Big Data Applianceなど全5製品:
NEC、オラクル製アプライアンスの一次保守サービス対象製品を拡充
NECが「Oracle Engineered Systems」の一次保守サービスを拡充し、全5製品を対象とする。ビッグデータ基盤向けのHadoop/Spark導入支援サービスも開始する。(2016/8/25)

「売上高1兆円」を支え、円滑に動かすIT基盤:
PR:インダストリー4.0時代を見据えた日本精工のIT戦略とは
システムごとにサイロ化/個別最適化が進んだITインフラを全社統合し、ガバナンス強化、コスト削減、安定運用を図る──日本精工が中期経営計画の下で進めるITインフラ全体最適化において、データベースの統合基盤に選ばれたのは「Oracle Exadata」であった。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/3/24)

全てのOracleユーザーのバックアップ設計/運用が変わる :
PR:NTTデータ先端技術が説く「Zero Data Loss Recovery Appliance」の価値
「Zero Data Loss Recovery Applianceは、Oracle Exadataユーザーだけでなく、多数のOracle Databaseを運用する全ての企業に勧めたいバックアップ製品」──世界第1号ユーザーとして同製品を導入し、緻密な実機検証を重ねてきたNTTデータ先端技術のスペシャリストらは、そう太鼓判を押す。その理由とは?[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Engineered System](2015/6/11)

AIST包括フレームワークで挑む、脱“単一ベンダー随意契約”:
PR:札幌市は“発注者主体”で基幹情報システム刷新プロジェクトを推進。「調達の透明性」と「地元企業の参入機会拡大」を確保した秘訣
「発注者側が主体性を維持しながらITプロジェクトを推進する」というコンセプトの下、札幌市が基幹系情報システムをメインフレームからオープン系に移行する一大プロジェクトを推進中だ。発注者側の主体性維持はどのように実現したのだろうか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Database 12c](2015/5/28)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:エンタープライズでの利用を意識したOracle Linuxがクラウドデータセンターで有利な理由
Oracle Linuxがクラウド時代のデータセンター運用に有利な理由とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[運用管理効率化](2015/5/15)

Database Watch(2015年4月版):
これからのORACLE MASTERはPaaSのスキルが必須に
「クラウドナンバーワンカンパニー」を目指すオラクルが、日本国内にデータセンターを開設することが明らかになるなど、話題が多かった「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」をウオッチ。「ORACLE MASTER」の資格取得者にもPaaSスキルが問われる時代になったようです。(2015/5/1)

IoT活用の先駆者が選んだ先進データ処理基盤:
PR:100万台超の複合機をグローバルに結ぶ! キヤノンの基幹サービスを支えるIoT基盤の全容
「世界中の顧客オフィスで稼働する100万台超の複合機をネットワーク経由で結び、管理効率やサービス品質を高める」──この世界的にも先進的なIoT活用を実践しているのがキヤノンだ。Oracle Exadataをはじめとするオラクルの先進ソリューションを駆使した同社サービス基盤の全容が明かされた。[ビッグデータ][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Data Integration](2015/4/13)

「新システムの性能がカタログの数値と違う!」という事態を招かぬために:
PR:「カタログ性能だけでは推し量れない」システムの最適解に応えるCTC OASC
「カタログに書いてあったはずの、思い通りの性能が出ない」——実環境に基づく検証によって、システム構築、移行時につきもののこんな悩みを解消する場が、伊藤忠テクノソリューションズの総合検証センター「Technical Solution Center(TSC)」だ。オラクル製品のデモンストレーションや検証に適した施設であるとして、「Oracle Authorized Solution Center(OASC)」の認定を取得した、TSCの特徴を聞いた。(2014/11/20)

複数業務データを一元化:
日本オラクル、三井住友銀行の顧客管理システムに「Oracle Exadata」など3製品を導入
日本オラクルは10月15日、三井住友銀行の新顧客管理システム構築に向けて、高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(以下、Oracle Exadata)」などエンジニアド・システム3製品を導入したことを発表した。(2014/10/16)

「企業の現実にマッチした仕組み」のために:
PR:多様なデータから“価値”を引き出す先鋭ビッグデータソリューションの全容
ビッグデータから真に役立つビジネス価値を引き出すためには、企業の基幹データや大量の非定型データといった多様なデータを容易に組み合わせて分析できる環境が必要だ。そして好機を逃さぬよう、分析結果はスピーディに得られなくてはならない──こうしたコンセプトの下、企業のビッグデータ活用をトータルに支援すべく設計されているのが、オラクルのビッグデータソリューションである。[ビッグデータ][Engineered System](2014/7/28)

日本オラクル、Exalogicの新バージョンを発表
日本オラクルは、エンジニアド・システム新製品「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」の提供を開始した。(2014/1/23)

Oracle、OpenStackに対応へ
OpenStack Foundationのコーポレート・スポンサーとなり、SolarisやExalogicなどとOpenStackとの互換性確保に乗り出す。(2013/12/16)

Oracle Solarisとの統合目指す:
OracleがOpenStack Foundationのスポンサーに、製品への統合計画も発表
米オラクルは2013年12月10日、OpenStack Foundationのコーポレートスポンサーとなり、「Oracle Solaris」や「Oracle Linux」などの製品に、OpenStackのクラウド管理コンポーネントを組み込んでいく。(2013/12/11)

OOW 2013速報:
Exalogic、Enterprise ManagerがNimbula、OpenStack API対応へ
米オラクルが、「エンジニアドシステム」や運用管理製品において、クラウド環境の自動運用管理ツールやOpenStack互換API対応を発表した。(2013/9/26)

サプライチェーン業務を支援するインメモリ・アプリを発表、日本オラクル
日本オラクルは、ロジスティクス、需給計画、原価計算などの業務を支援するインメモリ・アプリケーション4製品を発表した。(2013/9/17)

製品動向:
日本オラクル、エンジニアド・システムで需給予測・計画と業績予測の確度を高めるアプリケーション群を発表
日本オラクルは、高速・高信頼をうたう「エンジニアド・システム」を生かすアプリケーション製品をリリース。需給計画、ロジスティクス計画のシナリオ策定を高速化する狙いがある。(2013/9/17)

製造ITニュース:
日本オラクル、「インメモリ」でサプライチェーンを支援――従来比9倍の高速化
日本オラクルは、企業のサプライチェーン業務を支援する4つのインメモリアプリケーション製品群の提供を開始する。(2013/9/17)

製品動向:
マルチテナントアーキテクチャに対応したOracle Enterprise Manager 12c R3
日本オラクルは2013年8月26日、自社製品向けの運用管理ツールであるOracle Enterprise Manager 12c R3をリリースした。自社垂直統合製品のハードウェア管理やデータベースアプリケーション開発効率化を支援する機能も盛り込んでいる。(2013/8/27)

日本オラクル、「Oracle Enterprise Manager」の最新版を発表
Oracle Enterprise Manager 12 c Release 3ではプライベートクラウド環境を迅速に構築したり、その運用負荷を軽減したりするための強化が図られている。(2013/8/26)

Oracle Database 12cとの親和性などを強化:
日本オラクル、WebLogicとCoherenceの最新版を提供開始
WebLogic Server 12.1.2では、Oracle Database 12cとの親和性などを強化された。一方のCoherence 12.1.2では、データベース側のデータ変更を検知し、自動で変更を反映するHotCache機能などが加わった。(2013/7/31)

日本オラクル、「JD Edwards Enterprise One」のインメモリアプリを発表
日本オラクルは中堅企業向けERP製品「JD Edwards EntepriseOne」のインメモリアプリケーションをリリース。ビッグデータ活用を支援する。(2013/7/16)

クラウドで手軽にデータベースアプリを開発:
Oracle Database Cloud Serviceとは?
4月9日に開催された「Oracle CloudWorld Tokyo」のセッションから、クラウド環境におけるOracle DBアプリケーション開発のさわりを紹介する。(2013/4/10)

Oracle CloudWorld Tokyo Report:
「IBMではなくAmazonが競合に」――米Oracle・エリソンCEO
クラウドをテーマにしたカンファレンス「Oracle CloudWorld」が都内で開催。Oracleのラリー・エリソンCEOが自らクラウド戦略を語った。(2013/4/9)

ビッグデータ分析基盤:
日本オラクル、ビッグデータ分析基盤をソフトバンクグループへ導入――市場動向のリアルタイム分析を実現
日本オラクルは2013年3月14日、ビッグデータ分析基盤をソフトバンクグループに導入したと発表した。(2013/3/19)

コモディティx86サーバ市場への消極的な姿勢
Oracleの愛が感じられない――Solaris x86ユーザーが嘆く理由
x86 Sunユーザー、特にSolarisを利用するユーザーは「Oracleからあまりサポートを受けていない」と疎外感を抱いているようだ。(2013/3/6)

Database Watch(2013年1月版):
Redshiftがもたらすデータ分析環境の新時代/私的2012年の業界まとめ
2012年末に発表されたAmazon Redshift。ついにデータウェアハウスも格安のWebサービスの1つとして選択できるようになった。今月はRedshiftをウォッチ!(2013/1/24)

「書き込みが最大20倍高速化」、SPARCベースのエンジニアドシステム
SPARCの性能とSolarisの仮想化技術の合わせ技で、複数DBを統合しながら処理高速化も実現するエンジニアドシステムが登場した。(2013/1/8)

日本オラクル、ECサイト構築システムをリリース
ECサイト構築ソフトとOracle Exalogicを組み合わせた「Oracle ATG on Exalogic」を発表。複数のWebサイトの統合や短期での新サイト構築に最適という。(2013/1/7)

ECサイト運営の課題、応答速度を「3倍速くする」ハードウェアアプライアンス
Exalogicをベースに、ECサイト運用向けにチューニングしたシステムが登場した。応答速度がビジネスのキモになるシステムを高速化できるという。(2013/1/7)

分散トランザクション処理基盤の最新版を提供開始 日本オラクル
クラウドに対応し、複数のアプリケーション言語をサポートする分散トランザクション処理基盤「Oracle Tuxedo 12c」を日本オラクルが提供開始した。(2012/11/28)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
すべての顧客にミッションクリティカルなクラウド基盤を
4日目を迎えた「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」では、システム担当責任者のジョン・ファウラー氏がクラウド基盤戦略を語った。(2012/10/4)

Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」の最新バージョンをリリース
アプリケーションプラットフォームマシンの最新モデルとなる「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2」を発表した。(2012/10/3)

Oracle、通信業界向けコンピュータ「Oracle Network Applications Platform」を発表
ExdataやExalogicなどエンジニアド・システム製品では初の業種特化型製品をリリースする。(2012/10/2)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
IaaS参入でクラウド戦略のピースを埋める エリソンCEO
今年もサンフランシスコで「Oracle OpenWorld」が開幕。初日の基調講演に登壇したラリー・エリソンCEOは、クラウドサービスのさらなる拡充を宣言した。(2012/10/1)

クラウドマシン「Exalogic」のためのソフトウェア最新版 日本オラクル
新たなソフトウェアコンポーネント「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」を日本オラクルが発表した。(2012/7/31)

Exadataに最適化したバックアップストレージを発売 日本オラクル
汎用製品に比べてリカバリ時間が約4分の1という「Sun ZFS Backup Appliance」を発表した。(2012/6/14)

Weekly Memo:
OracleとMicrosoftがPaaS市場で真っ向勝負
OracleとMicrosoftが先週、相次いでクラウド事業の強化を発表した。とくに注目されるのはPaaS分野の動き。両社とも強みとする分野だけに、真っ向勝負となりそうだ。(2012/6/11)

「Oracle Cloud」は“地球一包括的な”クラウドサービス――エリソンCEOが発表
「Oracle Cloud」はOracleのハードウェアで稼働するPaaS、SaaS、ソーシャルサービスを提供する包括的なクラウドサービスだ。(2012/6/7)

日本オラクル、ビッグデータ専用アプライアンスを発売
Exadataなど同社のエンジニアド・システムズ製品の第4弾製品となる。(2012/4/23)

レポート Oracle OpenWorld:
Oracle OpenWorldに見る“ビッグデータの潮流”
2012年4月4日〜6日、東京・六本木で開催された「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」から、クラウド、ビッグデータという2つのキーワードを取り巻く社会の潮流を俯瞰した。(2012/4/13)

Weekly Memo:
「ユーザーをロックインすることは絶対にない」――OracleエリソンCEOの講演語録
Oracleのラリー・エリソンCEOが先週来日し、自社イベントで同社の戦略などについて基調講演を行った。その中から興味深かった発言をピックアップしてみた。(2012/4/9)

銀行と政府機関での導入が進むExalogic
アプリケーションサーバ製品「Exalogic」の市場動向などについて、米Oracleの製品担当バイスプレジデントに聞いた。(2012/4/6)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
エリソンCEOが語ったスティーブ・ジョブズとの思い出
Oracle OpenWorld Tokyo2日目の基調講演、米Oracleのラリー・エリソンCEOは意外な場所から登場した。そして、故・スティーブ・ジョブズ氏との思い出に触れながら同社の戦略を語った。(2012/4/5)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
“データ爆発”時代に企業はどう変わるべきか?
Oracle OpenWorld Tokyo 2012が開幕。初日の基調講演に登場した米Oracleのマーク・ハード社長は企業ITを取り巻く問題を説明し、「IT環境のシンプル化」の重要性を訴えた。(2012/4/5)

Oracle、「Enterprise Manager Ops Center 12c」を発表
IaaS型のクラウドコンピューティング環境の構築や管理、サポートに必要な機能を搭載する。(2012/4/4)

連結決算ソリューション製品紹介【第4回】
真の制管一致を追求する「Oracle Hyperion」の本当の価値
長い歴史を持つ「Oracle Hyperion」が目指すのは単なる制度連結ではない。高度な分析や予測機能、データ基盤を使ったグローバルで利用できる経営管理ソリューションの提供だ。(2012/3/28)

Weekly Memo:
進化するコンピューティング環境の行方
コンピューティング環境の進化は今、「第4の波」を迎えているといわれる。果たしてその先はどうなるのか。(2012/1/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。