連載
» 2016年11月25日 10時00分 公開

地味にスゴイ! プリント基板の実装品質を左右するメタルマスクママさん設計者の「モノづくり放浪記」(6)(3/9 ページ)

[藤崎 淳子/Material工房・テクノフレキス,MONOist]

 こちらが完成したメタルマスクです。機密保持のため接写は出来ませんが、対象は高密度実装基板です。そのため開口部はあまりにも微細で、この写真ではよく見えません。

メタルマスクができた

 メタルマスクの枠は、通常厚さ30mmのものが多く用いられますが、版の数が増えてくると収納棚がすぐいっぱいになってしまい保管場所に困ることがあります。

 こちらが、同社独自開発の「省スペースワンタッチフレーム」。厚さは10mmのコンパクトさです。単純計算で、通常の3倍収納できることになります。

省スペースワンタッチフレーム

 さらに薄い5mmのフレームも用意されています。

5mmのフレーム

 次の現場はシルク印刷工程です。「印刷業」である同社では、版支給でのシルク印刷も行っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.