• 関連の記事

「富士通フォーラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士通フォーラム」に関する情報が集まったページです。

競合より電力性能比10倍の向上:
富士通のAIプロセッサ、演算精度とμアーキに工夫
富士通は、同社のプライベートイベント「富士通フォーラム2018 東京」(2018年5月17〜18日、東京国際フォーラム)で、ディープラーニング処理に特化したプロセッサ「DLU(Deep Learning Unit)」を展示した。競合となる既存のアクセラレーターと比較して、10倍の電力性能比を実現するとしている。(2018/5/23)

1チップに48計算コアを集積:
ポスト京は高密度がカギ、富士通が試作チップを公開
富士通は、同社のプライベートイベント「富士通フォーラム2018 東京」(2018年5月17〜18日、東京国際フォーラム)で、ポスト「京」スーパーコンピュータ(スパコン)に搭載される予定の「CPUパッケージ」とCPUパッケージを搭載した「CPUメモリユニット」の試作機を公開した。(2018/5/21)

富士通フォーラム2018:
既存の公共交通と自家用車ライドシェアの共存へ、富士通と福島県伊達市
富士通はユーザーイベント「富士通フォーラム2018 東京」において、福島県伊達市で試験運用中のライドシェアを使ったオンデマンド交通サービスの成果を発表した。(2018/5/21)

富士通フォーラム2018:
「1社で成功を目指す時代は終わった」 特化型サービス強化へ、他社と連携進める富士通
富士通の田中社長は5月17日、同社が開催する富士通フォーラム2018で基調講演を行い、Microsoftをはじめとする各社と連携することで、互いの技術や強みを引き出した製品、ソリューションづくりを進める方向性を明らかにした。(2018/5/18)

AIよ、新人記者の仕事まで奪うのか:
記事要約を瞬時に作るAIを富士通が開発 その精度とスピードに驚いた
文章の重要な内容を逃さずに、自分の好きな長さに自動で要約できるサービスが、富士通フォーラムで展示される。これまで人がやっていた「文書全体から重要な情報を選別し、つなぎ合わせて再構成する」作業を、機械が一瞬で終わらせる。(2018/5/17)

富士通フォーラム2018:
つながる設計開発環境に力を入れる富士通、自動検証などをサービスとして提供
富士通はユーザーイベント「富士通フォーラム2017 東京」の内覧会で、設計最適化や自動検証など、設計環境に関連するさまざまな支援機能を新たにクラウドサービスとして提供する。(2018/5/16)

表情と声で感情を解析 富士通開発「空気の読める対話ロボット」と話してみた
カメラやマイクを使い、音声と表情を認識して、ユーザーの感情をAIで判別するロボットが「富士通フォーラム2018」で展示される。よりユーザーフレンドリーな対応をできるようにするのが狙いだ。(2018/5/16)

富士通フォーラム2018:
文字を読み上げるスマートグラス、2019年に製品化へ
富士通はユーザーイベント「富士通フォーラム2017 東京」の内覧会で、視覚障害者向けのスマートグラスソリューション「OTONGLASS」を参考出品した。(2018/5/16)

富士通フォーラム2017:
大事なのはアラートが“鳴ったあと” IoTを“使いものにする”実証実験
センサーが鳴っても対応できなければ意味がない――。そんなIoTの課題を解決しようと実証実験を行っている企業がある。その方法とは。(2017/6/21)

「いつか使う」と保管するデータのリスクを減らすために
ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理
企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。(2017/6/15)

ヤマハと富士通がタッグで解説、「IoTビジネス」の作り方
IoTや人工知能といった先端技術を使って、どのように新ビジネスを生み出すのか。ヤマハと富士通の共創プロジェクトから、この難題に対するヒントが見えてくるかもしれない。(2017/6/1)

車載情報機器:
富士通の自動車向けOTA、10年間5000万台のケータイで培った実績を生かす
富士通は、ユーザーイベント「富士通フォーラム2017 東京」において、無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)のデモンストレーションを実施した。(2017/5/22)

富士通フォーラム:
人工知能でディスコン部品の代替品が簡単に発見できる設計支援システム
富士通は、「富士通フォーラム2017 東京」において、人工知能技術を活用し、ディスコン部品の代替品などを簡単に発見できる設計支援システムを参考出品した。富士通の設計部門で実際に使用されているシステムで、外部からの反応が得られれば販売も検討するとしている。(2017/5/18)

まるで未来のアクセサリー:
髪の毛で音を感じるヘアピン型デバイス「Ontenna」 いよいよ製品化?
ヘアピンのように髪の毛につけて、振動と光で音の特徴をユーザーに伝える。そんなデバイス「Ontenna」が富士通フォーラムで展示されている。学生時代から開発を進め、富士通のサポートを得ながら、製品化まで「あと一歩」という段階にまで到達した。(2017/5/17)

富士通フォーラム:
「工場の見える化」が進行中、インテル工場でも使用するダッシュボード
富士通は、「富士通フォーラム2017 東京」において導入実績が増え始めている「インテリジェントダッシュボード」を出展。「工場の見える化」が生み出す価値について訴えた。(2017/5/17)

富士通が島根でロボット生産に踏み切った理由
富士通のPC生産子会社の島根富士通が、ロボットの生産に乗り出した。PC製造で培ったノウハウなどを生かすことで、新たな事業として立ち上げ、今後のビジネス成長のドライバーにしたい考えだ。(2016/11/17)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
「Atom」開発中止、デスクトップアプリも動く「Windows 10スマホ」の夢は消えるのか?
Intelのモバイル向けプロセッサ「Atom」が開発中止になると報じられた。多数のWindowsタブレットに採用されてきただけに、その影響は大きい。そして「フル機能のWindows 10搭載スマホ」の夢は消えるのだろうか。(2016/6/29)

車載情報機器:
ドライバーのよそ見にきつい口調で注意喚起、視線検知の使い道とは
富士通テンは、「富士通フォーラム2016 東京」において、視線検知やスピーカーを活用した運転支援技術を紹介した。わき見している場合には強い口調の音声で注意喚起したり、視線の移動量から運転の負荷を推定してメールの通知など緊急性の低い情報提供を控えたりする。(2016/6/6)

ヒトとICTをつなぐ、富士通の“仲介”ロボット
富士通はユーザーイベント「富士通フォーラム2016 東京」にて、メディエータ(仲介者)ロボット「Robopin」を参考展示した。ロボットとクラウド、ロボットとロボットが互いに連携することで、「人に寄り添うサービス」の提供を目指す。(2016/5/20)

産業用ロボット:
ロボットの画像認識プログラム、機械学習で自動生成する技術が商品化
富士通は、「富士通フォーラム2016 東京」において、産業用ロボットなどの画像認識アルゴリズムを自動生成する技術を製品化し販売を開始したことを明らかにした。(2016/5/18)

品薄続く「獺祭」、増産のカギは“クラウド”?
知名度の向上とともに品薄状態が続いている、山口の銘酒「獺祭」。品薄の理由は原料である酒造好適米「山田錦」が不足しているためだ。しかし今、国の政策やITの力によって、獺祭の生産量が大きく増えようとしている。(2015/6/1)

組み込み開発ニュース:
高齢者向け歩行アシストカートをIoTで支援、富士通がシステム提供
富士通が介護支援ロボット事業を展開するRT.ワークスに、IoTと介護ロボットを融合するインフラシステムを提供。利用者の歩行距離や歩行速度といったデータから健康状態を把握し、注意を促すこともできる。(2015/5/7)

松岡功の時事日想:
なるほどこんな発想で──ビッグデータとIoTを生かす「5つのヒント」
ビッグデータを活用してビジネスに生かそうという動きが活発化している。その中には、なるほどこんな発想で、と想像しやすいものもある。筆者が最近印象に残ったビッグデータ活用の事例やサービスを紹介したい。(2014/7/16)

Weekly Memo:
重電再編に見るIT業界の次なるステージ
重電業界で今、グローバルな再編の動きが加速している。日米欧の大手による合従連衡は、IT業界でも同じ構図だ。果たしてIT業界では今後、どのような再編が起きるのか。(2014/6/30)

モノづくり最前線レポート:
製造現場になだれ込む「モノのインターネット」と「ビッグデータ」
IoT(モノのインターネット)やビッグデータ解析の活用先としてにわかに「製造現場」への注目度が高まっている。製造業において、ICTの活用により生産性や柔軟性をもう一段高めようとするモノづくり革新の動きが活発化する一方で、これらの技術のビジネス活用を推進したいIT系企業が提案が加速。製造現場への熱気が高まっている。(2014/5/22)

車載情報機器:
交通ビッグデータを大局的に把握、富士通が軌跡分析技術を開発
携帯電話機や自動車のカーナビゲーションシステムのGPSなどを使って測位した位置情報は、交通ビッグデータとも呼ばれ、その活用に向けた動きが加速している。富士通研究所は、この交通ビッグデータを大局的に把握できる軌跡分析技術を新たに開発した。(2014/5/7)

製造ITニュース:
モノづくりをビッグデータ分析! 富士通がオムロン草津工場で実証実験開始
富士通は、オムロンの草津工場においてプリント基板表面実装ラインの品質向上および生産性改善のためにビッグデータ分析の実証実験を開始した。(2014/4/22)

全国初となる高齢者の在宅療養支援システムを構築
【事例】“オール京都体制”でクラウドを活用した地域包括ケアを実現
京都地域包括ケア推進機構は、全府民が住み慣れた地域で安心して暮らせる社会の実現を目指し、在宅療養中の高齢者を支援するクラウド型CRMをベースとするシステムを運営している。(2013/5/22)

富士通フォーラム 2013 Report:
企業システムのあり方を変えるビッグデータ活用の未来像
近年注目を集めるビッグデータの活用がいよいよ本格化し始めた。富士通は、同社のプライベートイベントを通じて、ビッグデータがもたらす新たな世界やそれに伴って変化していく情報システムの将来の姿などを示した。(2013/5/20)

製造ITニュース 富士通フォーラム:
次世代モノづくりのカギはバーチャル化とビッグデータ活用にあり
開催中の富士通フォーラム2013では、富士通が自社で取り組んできた実績を基に、3次元(3D)によるバーチャル化と、ビッグデータ活用によるモノづくりの省力化と自動化、品質の向上を訴えている。(2013/5/17)

NEWS
富士通、健康/医療を支えるICT基盤の普及を目指す
地域包括ケアシステムのプラットフォームや健康増進/予防医療サービス、患者呼び出しサービスなど、「富士通フォーラム2013 東京」で展示されていた医療IT関連の製品やサービスを紹介する。(2013/5/17)

医療分野のIT活用事例:呉医療センター
【事例】デスクトップ仮想化で医療情報システムを刷新した呉医療センター
医療機関でもニーズが高い「デスクトップ仮想化」。電子カルテを中核とする情報活用を促進させるために仮想化技術を導入した呉医療センターの取り組みを紹介する。(2012/6/11)

高齢者への“おせっかい”が何より大切
【事例】在宅医療クラウドで高齢者の包括的なケアを支援する「高齢先進国モデル構想会議」
超高齢化社会の到来を控え、高齢者の在宅医療や介護、生活支援などを包括的に提供できる体制が求められている。その実現を支援するためにクラウド型システムを開発した団体の取り組みを紹介する。(2012/6/4)

医療分野のIT活用事例:医療ネットしまね
【事例】へき地の医療連携をITでサポートする「医療ネットしまね」
医師不足と偏在化が進み、へき地での医療提供体制に課題を抱えていた島根県。その解決策として構築された地域医療連携ネットワーク「医療ネットしまね」の取り組みを紹介する。(2012/5/29)

Weekly Memo:
富士通社長が語るICTベンダーとしての心得
富士通の山本正已社長が先週、同社のイベントでICT市場のトレンドやICTベンダーとしての心得などについて語った。その中から示唆に富む発言をピックアップしてみたい。(2012/5/21)

「富士通フォーラム2012 東京」:
ネットショッピングを制する者がリアルも制する〜鈴木氏
(2012/5/18)

ワンちゃんの運動不足もネットでチェック――富士通、ペット犬向け健康管理クラウドサービスを2012年下期より提供開始
人間だけでなく、最近は糖尿病や肥満に悩むペットも多いのだとか。そこで、犬専用の活動量計とクラウドサービスを組み合わせ、ペット犬の健康状態をチェックするサービスを富士通が開発した。(2012/5/14)

ペットの健康、スマホとクラウドで管理――富士通、2012年下期にサービス開始
ペットに装着したセンサーで活動量を計測し、スマホ経由でクラウドに保存――。こんなペットの健康管理ソリューションを富士通が開発した。(2012/5/14)

イヌ専用の活動測定デバイスを開発:
「ボクも長生きしたいワン」――ICTを活用したペットの健康管理ビジネスに参入、富士通
富士通は、犬に装着して使用する活動測定デバイスを開発。同デバイスから得られるセンシング情報を基に、ペットの健康管理をサポートするクラウドサービスの提供を開始する。(2012/5/14)

携帯センサーの活用例を紹介――ワイヤレスジャパンの富士通ブース
7月14日に開幕する通信イベント「ワイヤレスジャパン2010」に富士通が出展。携帯電話のセンサーを活用したサービスを紹介する。(2010/6/30)

情報通信技術で「Green of」と「Green by」に貢献――「富士通フォーラム2010」リポート
(2010/5/17)

Weekly Memo:
NECと富士通のトップがみせたクラウド事業への意気込み
NECと富士通のトップが先週、相次いでクラウド事業について語った。両社にとって同事業は最重点の注力分野。トップはどんなメッセージを発したのか。(2010/5/17)

子グマのぬいぐるみが友だちに コミュニケーションロボット、富士通が開発
幼児の振る舞いを目指し、ユーザーのスキンシップに反応する子グマ型コミュニケーションロボットが、「富士通フォーラム2010」に展示されている。(2010/5/13)

次世代スーパーコンピュータのプロトタイプも 「富士通フォーラム2010」
「富士通フォーラム2010」には、次世代スーパーコンピュータや曲面デジタルサイネージが展示されている。(2010/5/13)

3D映像を撮影できるPC、富士通が開発
2台のカメラを搭載し、3D映像の撮影・編集ができるデスクトップPCを富士通が公開。今夏に発売予定だという。(2010/5/12)

富士通研究所、従来比3倍の高コントラストを実現したカラー電子ペーパーを開発
富士通研究所は、“世界最高水準”のカラー画質をうたったカラー電子ペーパーを開発した。(2010/5/7)

高性能と高信頼を武器に:
SPARCで目指す10ペタFLOPS、富士通が取り組むスパコン
富士通は、同社のスーパーコンピュータに対する取り組みや次世代SPARCプロセッサ「SPARC64 VIIIfx」で実現する機能などを紹介した。(2009/8/25)

プロセッサ/マイコン:
8コア内蔵で128GFLOPSを実現、富士通が新SPARCプロセッサを開発
現在最も高速な米Intelのマイクロプロセッサと比較して演算速度は2.5倍に達するという。スーパーコンピュータなどのHPCに向けたプロセセッサである。8コアを内蔵し、各コアは、4つの浮動小数点演算を1度に実行できるSIMD演算命令を備え、1サイクルで2つのSIMD命令を同時に実行できる。(2009/6/23)

Weekly Memo:
NECと富士通のトップが語るクラウド事業
NECと富士通のトップが先週、相次いでクラウド事業について語った。4月下旬にそれぞれサービスの提供形態を発表した両社。トップはどんなメッセージを発したのか。(2009/5/18)

富士通フォーラム2009:
手のひらをサッとかざして静脈認証 富士通フォーラムで新技術展示
「富士通フォーラム2009」では、手のひら静脈の高速認証技術など、同社の最新技術を公開する。(2009/5/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。